チェシャ猫の英語の名言・名セリフまとめ!不思議の国のアリスの名言

このページでは、不思議の国アリスに登場するチェシャ猫の名言・名セリフを紹介しています。

チェシャ猫は、いつもニヤニヤ笑っている、悪戯好きで不思議な紫色の猫ですね。

是非、お気に入りの名言を探してみてくださいね。

また、以下のページにも是非お越しください。
>>超有名な英語の名言・格言100選一覧まとめ!
>>くまのプーさん英語名言集15選!ほっこり名セリフ、まとめました

チェシャ猫の英語の名言・名セリフまとめ


この辺りの人は、みんな気違いさ。俺も気違い。あんたも気違い。

⇒ We are all mad here. I’m mad. You’re mad.

「mad」、「気の狂った、馬鹿げた」という意味の形容詞です。

あんたは気付いてたかもしれないけど、俺自身まともじゃないよ。

⇒ You may have noticed, I’m not all there myself.

少し難しいですが、「all there」で「しっかりして、健全で」という意味になります。

ご存知の通り、犬は怒るとうなって、喜ぶと尻尾を振るよね。俺は喜ぶとうなって、怒ると尻尾を振る。だから、俺は気違いだ。

⇒ You see a dog growls when it’s angry, and wags it’s tail when it’s pleased. Now I growl when I’m pleased, and wag my tail when I’m angry. Therefore I’m mad.

「you see」は、「ご存知の通り、ほらね」という意味にもなります。

また、「growl」は「うなる」、「wag」は「振る」という意味の動詞です。

全ての冒険は、最初の一歩が必要なんだ。

⇒ Every adventure requires a first step.

通常、「every」の後ろに来る名詞は単数形となります。

この場合、「adventures」とはならないので注意しましょう。

頭で逆立ちできるかい?

⇒ Can you stand on your head?

「stand on one’s head」で、「逆立ちする」という定型表現です。

定型表現なので、覚えておくと便利です。

想像は、現実との戦争における唯一の武器だ。

⇒ Imagination is the only weapon in the war with reality.

「the only ~」で、「ただ1つの~」という意味になります。

たった1つしか存在しないものなので、「a」ではなく「the」になりますね。

急いては事をし損じるから、俺は滅多に急がない。でも、もしイタチがこっちを目がけて突進しようとしたら、俺は走るね。

⇒ Haste makes waste, so I rarely hurry. But if a ferret were about to dart up my dress, I’d run.

「Haste makes waste.」は英語の有名なことわざなので、覚えておきましょう。

詳しくは以下のページで紹介しています。
>>英語のことわざ・格言を320フレーズまとめてみた

また、「ferret」は、「フェレット、イタチ」のことです。

俺がおかしいんじゃなくて、ただ俺の現実があんたの現実と違ってるだけなんだ。

⇒ I’m not crazy, my reality is just different than yours.

「yours」は、ここでは「your reality」のことを意味し、「あなたの現実」という意味になりますね。

物事がちゃんとした状態は、しばしば俺にとっては不思議なんだ。あんたもそうかい?

⇒ The proper order of things is often a mystery to me. You, too?

「order」という名詞は、「順序、順番」という意味の他に、「秩序、状態」という意味も持っています。

俺は政治には関わらないようにしてるんだ。

⇒ I never get involved in politics.

「get involved in」で、「巻き込まれる、係わり合う」という意味になります。

どういう訳か、あんたは道から逸れて迷ってしまった。そして、これからは遊ぶ時間も無いし、楽しい時間も無いし、友人と過ごす時間も無いし、埋め合わせをする時間すらも無いだろう。

⇒ Somehow you strayed and lost your way, and now there’ll be no time to play, no time for joy, no time for friends, not even time to make amends.

「stray」は、「道から逸れる、はぐれる」という意味の動詞です。

また、「make amends」は「償う、埋め合わせをする」という意味になります。

それなら、あんたがどっちの道を選んでもそれほど問題ないよ。

⇒ Then it really doesn’t matter which way you go.

「matter」は名詞では「問題、事柄」という意味ですが、動詞として使われると「問題である、重要である」という意味になります。

うーん、こっちの道を行く人もいるし、あっちの道を行く人もいる。でも俺だったら、個人的には、近道を行くのが好きだな。

⇒ Well, some go this way, and some go that way. But as for me, myself, personally, I prefer the short-cut.

「as for me」は、「私にとっては、私的には」という意味になります。

まとめ

以上、チェシャ猫の英語の名言・名セリフを紹介してきましたが、いかがでしたか?

このページが皆さんのお役に立てば幸いです。

また、以下のページも是非遊びに来てくださいね!
>>塔の上のラプンツェルの名言・名セリフを英語で読もう!
>>ディズニーランドに関する英語の名言・格言まとめ!ウォルトの名言も