海外に行くとき、クレジットカードは2枚持ちすべき?

このページでは、海外旅行や海外出張の必須アイテム、クレジットカードについて解説していきます。

基本的に、皆さん1枚くらいはクレジットカードを持っているかと思います。

ここでは2枚目のクレジットカードを持つことについてのメリットや、2枚目におすすめのカードを紹介していますので、是非このページを参考にカード発行を検討してみてくださいね。

海外はクレジットカード社会ですので、海外に行く際に1枚もクレジットカード持っていないのは論外です。

クレジットカードは代金支払手段・身分証明手段・海外旅行保険・キャッシング手段になりますので、いざというときの身の安全のためにも、少なくとも1枚はカードを発行しておいてくださいね。

クレジットカードを2枚持ちするメリット

クレジットカードを1枚しか持っていない人のために、まずはクレジットカードを複数枚持つことによるメリットを紹介します。

主に、以下のようなメリットがあります。

・メインカードが利用限度額に達した場合の保険になる
・メインカードを紛失した場合の保険になる
・メインカードのブランドが使えない場合の保険になる

利用限度額

まず1つ目、利用限度額です。

私がクレジットカードを2枚持ちしている最も大きな理由はこれです。

海外旅行・海外出張に行く場合って、同じような時期に航空券代・ホテル代もクレジットカードで支払うかと思いますので、すぐに利用限度額に近づいてしまうんですよね。

特に海外出張の場合、平社員の私が他人の費用もまとめて立替払いすることが多いので、かなりの金額をクレジットで払うことになります。

いざ海外というときに、うっかり利用限度額に達してしまったのでカードが使えない!なんてことになった場合に、予備として2枚目のカードがあると安心ですね。

紛失・盗難

2つ目、紛失・盗難の際の保険にもなります。

クレジットカードは代金支払の手段だけではなく、身分証明の手段としても非常に重要な役割を果たしてくれます。

万が一の事態に備えて、1枚目のカードと2枚目のカードを分けて持ち歩くようにすれば安心です。

カードブランド

3つ目、カードブランドの問題です。

VISA、マスターカード、JCBなどのブランドをお持ちの方が多いかと思いますが、特にJCBは海外では使えないお店が割とあります。

JCBは日本発のカードブランドなので日本国内であれば大体どこでも使えるのですが、世界シェアはたったの1%程度に留まります。

そのため、どこでも使えるブランドのカード持っておくと安心です。

2枚目におすすめのクレジットカードとは?

まずは結論から。

特にこだわりが無いのであれば、「年会費無料の三井住友VISAカード」をおすすめします。
>>三井住友VISAカード公式

それでは、その理由を説明していきますね。

年会費無料

サブカードとしてクレジットカードを持つ場合、普段使う機会はあまり無いかと思われます。

特典などは最小限に抑えられている、年会費無料のカードで充分でしょう。

VISAカード

VISAカードは世界シェアが5割程度と最も高いカードブランドという点が理由です。

緊急回避用のサブカードですので、どこでも使えるということをまず第一に考えるべきですね。

三井住友

カード会社は楽天カードやイオンカードなど、色々選択肢はあります。

しかし、普段から使わないようなサブカードはポイントもほとんど貯まりませんので、ポイントのお得さや便利さよりも、緊急時のサポート体制を重視してカード会社を選ぶべきです。

三井住友はVISAカードのパイオニアで、古くから「VISAと言えば三井住友」と言われています。

餅は餅屋と言うように、選べるカードの幅が広くてサポートも手厚いので、特にこだわりが無ければ三井住友カードで良いと思います。

つい先日、用事があって三井住友カードのコールセンターに電話しましたが、お盆の時期にもかかわらず待ち時間無しですぐにオペレーターに繋がりました。

私の場合は盗難や紛失ではありませんでしたが、いざ盗難にあってカードを止めなきゃいけないときに、このような素早い対応をしてもらえる会社だと助かりますね。

なお、カード発行はそこそこ時間掛かるので、渡航前に余裕を持って早めに申し込んでおくことをおすすめします。
>>三井住友VISAカード公式

最後にひとつだけ。

カードが2枚になると、利用明細を確認する手間が少しだけ増えます。

もし不正利用に遭ってしまってもすぐに発見できるよう、カードが1枚であろうと2枚であろうと、日頃から利用明細はこまめに確認する癖をつけるようにしてくださいね。

まとめ

以上、クレジットカードを2枚持ちするメリットについて解説してきました。

リスクに備えて海外では現金を2つ以上に分けて持ち歩いている人は多いかと思いますが、クレジットカードを分けて持ち歩く方が、いざというときに頼りになりますね。

このページが皆さんのお役に立てば幸いです。