英語での電話応対はもう怖くない!必須40フレーズをまとめてみた

このページでは、英語での電話の掛け方や電話の受け方など、ビジネスでの電話応対に役立つフレーズを紹介しています。

急に電話が英語で掛かってきたときに、上手く対応できるとカッコいいですよね。

是非、使えそうなフレーズがあれば覚えてしまい、日々の電話応対に活かしてみてください。

なお、メールに関しては以下のページをご覧ください。
>>英語のビジネスメールで使える文例をまとめてみた
>>「お世話になっております」は英語にどう訳す?英文メールでの表現は?

以下のページも是非。
>>オンライン英会話大手5社の料金と特徴を比較してみた

電話を掛けるときに役立つフレーズ

まずは、電話を掛けて人を呼び出すとき、伝言を残したり折り返しの電話をお願いするときに使えるフレーズを紹介していきます。


もしもし、ABC社の山田と申します。

⇒ Hello, this is Yamada from ABC company.

まずは会社名と氏名を名乗りましょう。

田中さんをお願いします。

⇒ May I speak to Mr. Tanaka, please?

人を呼び出すときは「May I speak to 〜」というフレーズが便利です。

XXXのご担当者をお願いします。

⇒ May I speak to the person in charge of XXX, please?

担当者は「person in charge」と表現します。

経理部へ転送していただけないでしょうか?

⇒ Could you put me through to the accounting department?

電話の転送をお願いするときは、このように伝えましょう。

内線1111をお願いします。

⇒ May I have extension 1111, please?

内線は「extension」と言いますので、覚えておきましょう。

少しお時間よろしいですか?

⇒ Can I have a bit of your time?

今、話をしても大丈夫かということを確認するためのフレーズです。

~についてお電話しました

⇒ I’m calling to talk about ~.

電話を掛けたときは、まず要件を簡単に伝えましょう。

折り返しでお電話しております。

⇒ I’m returning your call.

そちらから電話を頂いたので折り返しました、ということを伝えるための英語表現です。

折り返しお電話をいただくよう伝えていただけますか?

⇒ Would you tell him to call me back, please?

相手側から折り返し電話を掛けてほしいときは、このように伝えましょう。

彼に伝言をお願いできますか?

⇒ Can I leave a message to him?

伝言を伝えるときには、このように前置きしましょう。

彼に電話があったことを伝えていただけますか?

⇒ Would you tell her that I called?

電話があったということだけを伝えるよであれば、このような表現になります。

私から後で掛け直します。

⇒ I’ll call him back later.

こちらからもう一度掛け直す場合の表現方法です。

彼はいつ戻る予定かお教えいただけませんか?

⇒ Could you tell me when he will be back?

相手が戻ってくる時間を聞きたいときに役立つ表現です。

掛ける電話番号を間違えたようです。

⇒ I must have the wrong number.

間違って電話してしまったときには、きちんと謝りましょう。

電話を受けるときに役立つフレーズ

電話の取次ぎや、担当者不在時の対応のときに使えるフレーズです。

もしもし、ABC社です。

⇒ Hello, this is ABC company.

自分のこと、こちらのことは「this is 〜」と表現することができます。

どなたに御用ですか?

⇒ Who would you like to speak to?

あまり使う機会は無いかも知れませんが、誰と話したいのか聞くときはこのように表現します。

(自分が指名された場合に)私です。

⇒ This is he.

私がまさにその人です、というときのフレーズです。

覚えておくと便利です。

どういったご用件でしょうか?

⇒ How may I help you?

電話を掛けてきた相手の要件を聞くときに使えるフレーズです。

どなた様でしょうか?

⇒ Who’s calling, please?

あなたは誰かを聞くときは、「Who is calling?」という表現になります。

お名前を教えていただけませんか?

⇒ May I have your name, please?

相手の名前を聞くときは、このようなフレーズも便利です。

名前のスペルを教えていただけますか?

⇒ How do you spell your name?

スペルをどう綴るか分からないときに役立つフレーズです。

社名を教えていただけませんか?

⇒ May I have your company name, please?

社名は「company name」でOKです。

電話をお繋ぎします。

⇒ I’ll put you through.

電話を転送するとき、繋ぐときに使える表現です。

担当者にお繋ぎします。

⇒ I’ll transfer you to the person in charge.

電話を繋ぐときは、このような言い方もあります。

英語が話せる者にお繋ぎします。

⇒ I will transfer to the person who speaks English.

英語が苦手な人は、このフレーズを覚えておくと安心ですね。

彼が応対できるか確認します。

⇒ Let me check if he is available.

応対できる、空いているという表現は「available」が便利です。

少々お待ちください。

⇒ Just a moment, please.

少し待っていただくときのフレーズで、非常によく使うので覚えておきましょう。

そのままお待ちください。

⇒ Hold the line, please.

このような言い方もあります。

切らずにお待ちください、という意味ですね。

お待たせしました。

⇒ Thank you for waiting.

相手をお待たせしたときはお礼を述べましょう。

彼は現在電話に出ることができません。

⇒ He is not available now.

会議中などで電話に出られないときの表現です。

申し訳ありませんが、彼は外出中です。

⇒ I’m afraid that he is out now.

外出中の場合は「he is out」で大丈夫です。

割と使う頻度は多いので覚えておきましょう。

彼は他の電話に出ております。

⇒ He is on another line.

このように、「line」という表現方法もありますので、知っておくだけで役立つかと思います。

彼は本日既に退社しました。

⇒ He has already gone home today.

退社は「go home」と表すことができますね。

伝言をお伺いしましょうか?

⇒ Would you like to leave a message?

こちらから電話相手に対して、伝言を残すことを提案するときのフレーズです。

彼から折り返しお電話させましょうか?

⇒ Should I have him call you back?

「have+人+動詞」で、「人に〜させる」という意味でしたね。

電話番号を教えていただけませんか?

⇒ May I have your phone number?

折り返し電話を掛けなければならないときは、電話番号を確認しておきましょう。

あなたの電話番号を復唱させてください。

⇒ Let me repeat your number.

復唱は「repeat」と表現できますね。

誤った番号にお掛けになっているかと思います。

⇒ I think you have a wrong number.

相手が間違い電話をしているのではないかと思ったときは、このように聞いてみましょう。

その他のお役立ち電話フレーズ

その他、通話状況が良くない場合や相手の言ったことを聞き取れなかったときに使えるフレーズです。

もう一度お願いできますか?

⇒ Could you say that again, please?

相手の発言を聞き返す機会はかなり多いかと思いますので、このフレーズはしっかりと覚えておきましょう。

電波が悪いようです。

⇒ We have a bad connection.

電波状況が悪いときは「bad connection」というフレーズが役に立ちます。

もう少し大きな声でお話しいただけませんか?

⇒ Could you speak a little louder, please?

声が小さくて聞き取りにくいときは、このように伝えましょう。

もう少しゆっくりとお話しいただけませんか?

⇒ Could you speak more slowly, please?

もっとゆっくり話してほしいときは、このフレーズが役立ちます。

良い一日を。

⇒ Have a nice day.

電話を切るとき、このような表現ができると好印象ですね。

週末には「nice weekend」という表現も使えます。

まとめ

以上、電話応対に役立つフレーズを紹介しましたが、いかがでしょうか。

いざという時にとっさの一言は出てこないものですので、あらかじめある程度の電話表現は覚えておくことをおすすめします。

以下のページも是非参考にしてみてくださいね。
>>英語のビジネスメールで使える文例をまとめてみた
>>言語別GDPランキング!ビジネスで役立つ、経済規模の大きい言語は?