イーヨーの英語名言・名セリフまとめ!「Eeyore」の意味と由来も

このページでは、くまのプーさんに登場するロバのぬいぐるみ、イーヨーの英語の名言や名セリフを紹介していきます。

いつも悲観的なイーヨーですが、心に染みる名言や、色々考えさせられる名セリフがたくさんあります。

是非、イーヨーの魅力に触れていただき、もっともっとイーヨーのファンが増えればと思っています。

また、イーヨー(Eeyore)という名前の意味や由来についても見ていきましょう。

以下の関連ページも合わせてご覧ください。
>>超有名な英語の名言・格言100選一覧まとめ!
>>くまのプーさん英語名言集15選!ほっこり名セリフ、まとめました

それでは、早速スタートです!

イーヨーの英語の名言・名セリフ一覧


他人への少しの思いやりと少しの気遣いが、全ての違いを生むんだ。

⇒ A little consideration, a little thought for others, makes all the difference.

いつもマイナス思考なイーヨーですが、友達思いのとても優しい心を持っています。

「consideration」は「考慮、思いやり」という意味を持つ名詞です。

ご丁寧にありがとう。

⇒ Thanks for noticing me.

プーに「風の日おめでとう」と言われたイーヨーが返した言葉。

木の家を壊されてしまったのに、こういう切り返しができるイーヨーはえらいですね。

「notice」は「気が付く」という意味の動詞です。

雨で一番素敵なことは、雨はいつかきっと止むことだよ。

⇒ The nicest thing about the rain is that it always stops.

いつもはネガティブなイーヨーが、たまに見せるポジティブな一面です。

あまり使われる場面はありませんが、「nicest」は「nice」の最上級です。

どうでも良いよ。またすぐ取れるから。

⇒ No matter. Most likely lose it again anyway.

いつもしっぽが取れてしまうイーヨー。

クリストファー・ロビンにしっぽを付けてもらったときのセリフです。

「no matter」は「なんでも、どうでも」という意味になります。

つまんないしっぽだけど、気に入ってるんだ。

⇒ It’s not much of a tail, but I’m sort of attached to it.

同じく、クリストファー・ロビンにしっぽを付けてもらったときのセリフです。

本当は自分のしっぽが大好きなのに、謙遜してしまうイーヨーは可愛いですね。

「not much of ~」は、「大した~ではない」という意味になります。

この広い空に1つしか雨雲が無いのに、それがぼくの上で雨を降らせてる。でもどういうわけか、ぼくは驚かないよ。

⇒ There is only one rain cloud in the sky…and it’s raining on me. Somehow I’m not surprised.

マイナス思考のイーヨー節全開の皮肉ですね。

「somehow」は「どういうわけか」という意味の副詞です。

もし雨が降っても、ぼくのせいにしないでね。

⇒ Don’t blame me if it rains.

パーティーに招待されたイーヨーがオウルに発した言葉です。

イーヨーなりの照れ隠しなのでしょうか。

「blame」は「非難する、~のせいにする」という意味の動詞です。

良い朝か、疑わしいけどね。

⇒ If it is a good morning, which I doubt.

皆のおはよう(good morning)という挨拶を受けて、またイーヨーが皮肉を言っています。

ユーモアあふれ、才能の光る一言ですね。

「doubt」は「疑う」という意味の動詞です。

太陽の光を探し続けることくらい、どうってこと無いよ。

⇒ It never hurts to keep looking for sunshine.

嵐は永遠に続くわけではありません。

悲観的なイーヨーですが、強い心を持っているんですね。

「hurt」は「傷つける、怪我をさせる」という動詞です。

ぼくはとても動揺して、幸せになるということを忘れていたよ。

⇒ I was so upset, I forgot to be happy.

これ、実はかなり深いセリフです。

日常生活における私たちも、このイーヨーの言葉に考えさせられることがありますね。

「upset」は「気が動転している」という意味で、形容詞や動詞として使われます。

ぼくは希望を持たないから、決して失望することも無いんだ。

⇒ I never get my hopes up, so I never get let down.

イーヨーらしさのあふれるセリフですね。

「let down」で「失望させる」という意味になります。

たまには逆さまのほうがよく見えるよ。

⇒ Some days look better upside down.

視野を変えることは大切なことですね。

「upside down」で「逆さまに」という意味になります。

素敵なものには何だって、必ず終わりを迎えるんだよ。

⇒ No matter, all good things come to an end.

最後に、イーヨーの有名な名言で締めくくります。

「come to an end」で「終わりを迎える」という意味になります。

イーヨー(Eeyore)の意味と由来

次に、イーヨーの名前の由来について見ていきましょう。

くまのプーさんの登場人物は、名前の由来が分かりやすいキャラクターがたくさん登場します。

ピグレットは「ピッグ(pig)」、ティガーは「タイガー(Tiger)」が由来ですね。

その他にも、ラビット、オウル、カンガ、ルー、など動物の名前がほとんどそのままキャラクターの名前となっています。

そのような中で、ひときわ異彩を放っているのがイーヨーです。

イーヨーは英語では「Eeyore」と表記しますが、ロバは英語で「donkey」と言います。

全くかすりもしませんね。

さて、「Eeyore」の名前の由来は何なのでしょうか?

正解は、「ロバの鳴き声」です。

日本では犬の鳴き声と言えば「ワンワン」ですが、まさにこのような感じで、イギリスではロバの鳴き声と言えば「Eeyore」なんですね。

まとめ

以上、イーヨーの英語の名言と名セリフ、イーヨーの名前の由来について紹介してきました。

いかがでしたか?

イーヨーのことを少しでも好きになっていただけたなら、このページを作った甲斐もありました。

ああ、イーヨーかわいーよー!

是非、他のページにも遊びに来てくださいね。
>>英語のディズニー恋愛名言フレーズ集30選!ディズニー映画から厳選