「fit」「suit」「match」の違いとは?意味や使い方に注意しよう

このページでは、「fit」「suit」「match」という3つの単語が持つ意味の違いと、使い方について紹介していきます。

これら3つの単語は、どれも「合う」という意味を持っています。

しかし、これらの3つの単語の「合う」というニュアンスはそれぞれ異なりますので、しっかりと違いを押さえておく必要があります。

これら、「fit」「suit」「match」は日本語の中にも深く浸透している単語です。

軽く例を挙げてみると、

このジーンズは体型に「fit」している。
スーツ(「suits」)を着て仕事をする。
お茶の苦みと和菓子の甘みが「match」している。

といった感じですね。

このように日本語で使われているニュアンスから、大体の意味を推測できそうな気はしますが、本来の英語の意味を一度押さえておきましょう。

なお、その他の紛らわしい単語については、以下のページをご覧ください。
>>「lash」「lush」「rash」「rush」の意味と発音の違い
>>personal(パーソナル)とpersonnel(パーソネル)の意味の違い

「fit」「suit」「match」の意味と使い方の違い

「fit」「suit」「match」の英単語が持つ意味の違いを手短にまとめると、以下の通りです。

「fit」 ⇒ 大きさや形にぴったりと合うこと
「suit」 ⇒ 要件を満たしていること、似合っていること
「match」 ⇒ 同等であること、調和していること

以上です。ちょっと難しいですね。

例えば赤いTシャツを買おうとする場合、

Mサイズが自分に合っている、と言いたいときは「fit」
このTシャツは自分に似合っている、と言いたいときは「suit」
赤いTシャツは黄色いズボンに合っている、と言いたいときは「match」

となります。

「fit」は、いつも皆さんが日本語の中で使っているニュアンスと同じように捉えても問題無さそうですね。

「match」も、まあだいたい問題無いでしょう。

「suit」については、あまり日本語ではこのような意味では使わないので、ちょっと注意する必要があるかもしれませんね。

それでは、それぞれの単語について1つずつ詳しく見ていきましょう。


「fit」という単語の意味と使い方

「fit」は、大きさや形にぴったりと合うことを意味します。

服のサイズやスマホケースなどについて使われるようなイメージです。

試着室のことを「フィッティングルーム」と言いますが、基本的に服を試着するときは「サイズが合っているか」を確認しますよね。

似合っているか(suit)、色合いが調和しているか(match)という点は、試着室に入らなくてもある程度分かるはずです。

では、例文を見ていきましょう。

I’m looking for a jeans that fits me.
私のサイズに合うジーンズを探しています。

「fit」は、ぴったりと合うべき対象を目的語に取る動詞で、上の例文で言うと「me」が目的語です。

また、「fit」は上記の他にも、「適して」「健康で」という意味も持っています。

「suit」という単語の意味と使い方

「suit」は、要件を満たしていることを意味します。

いきなり小難しい説明になってしまいましたが、何らかの要求や基準を満たすために必要な性質を備えていて、都合が良いという意味です。

また、似合っていること、好みに合うこと、ちょうど良いということを表現するときにも使えます。

それでは、例文です。

This room suits my taste.
この部屋は私の好みに合っている。

その要求や基準を目的語に取る動詞で、上の例文の場合は「my taste」がその基準と考えてください。

私の好みという「基準」に合っている、ということですね。

また、「suit」は「go with」という熟語表現にも置き換えることができます。

なお、「suit」という単語を名詞として使う場合は、「スーツ」、「訴訟」、トランプの「スート」という意味も持っていますので、合わせて覚えてしまいましょう。

「match」という単語の意味と使い方

「match」は、同等であることを意味します。

もう少し詳しく言えば、物事の性質や規格が等しいという意味です。

また、人と人、色と色など、2つの同質のものが合わさって「調和している」場合にも、「match」を使うことができます。

上の例で言うところの、「お茶の苦み」と「和菓子の甘み」のような感じですね。

婚活パーティーなどでも、「マッチング」というワードが良く使われますが、この場合は人と人という同質のものが調和しているということです。

異質のもの、例えば人と色の調和の場合は、「彼女は赤色が似合う」ということですから、「match」ではなく「suit」が適切ですね。

それでは、例文です。

I often match the color of my bag to my shoes.
たいてい私は靴の色に鞄の色を合わせる。

比較対象となる物事の性質や規格、この場合で言えば「the color」が「match」の目的語となります。

また、「match」という単語を名詞として使う場合は、「マッチ」、「試合」、「配偶者」という意味も持っています。

まとめ

以上、「fit」「suit」「match」の意味の違い、使い方の違いについて紹介してきましたが、いかがでしたか?

日本語では「合う」という一言で表すことができてしまう3つの単語ですが、これらの違いをしっかり理解した上で適切に使い分けることができれば、あなたの英語力もワンランク上がることでしょう。

是非、しっかり押さえておいてくださいね。

以下のページも合わせてご覧ください。
>>cooperationとcorporationの違いって?スペル記憶法、発音方法を伝授
>>dad, daddy, mom, mum, mammy, mommy, mummyの違いと使い分け