ゲーテの英語名言・格言30選!心に響く名言まとめました

このページでは、ゲーテの名言や格言を英語で紹介しています。

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテはドイツの詩人・劇作家で、「若きウェルテルの悩み」や「ファウスト」の作者としても有名ですね。

是非、あなたのお気に入りの名言を探してみてください。

また、以下のページも合わせてご覧ください。
>>超有名な英語の名言・格言100選一覧まとめ!
>>かっこいい名言50選を英語で読もう!偉人の素敵な名言をあなたに

ゲーテの英語名言・格言一覧まとめ

それでは、ゲーテの名言や格言を英語で紹介していきます。

日本語、英語、簡単な解説を併記していますので、是非英語学習にも活用してみてくださいね。

賢い人は小さな失敗を犯さない。

⇒ A clever man commits no minor blunders.

「blunder」は、「失敗、へま」という意味の名詞です。

重要な作品は、その作者が自分自身を孤立させたときにのみ生み出されることができる。それは孤独の所産なのだ。

⇒ A creation of importance can only be produced when its author isolates himself, it is a child of solitude.

「child」は「子供」という意味だけでなく、「生み出したもの、所産」という意味としても用いることができます。

批判に対して、人は抗議することも防御することもできない。しかし彼は行動しなければならない。そうすれば、批判は徐々に彼に屈していくだろう。

⇒ Against criticism a man can neither protest nor defend himself. He must act in spite of it, and then criticism will gradually yield to him.

「criticism」は、「批判、非難」という意味の名詞です。

全ての賢明な考えは既に考え出されている。必要なことはそれらをもう一度考えてみることだけだ。

⇒ All intelligent thoughts have already been thought. What is necessary is only to try to think them again.

「thought」は、「考え、思考」という意味の名詞です。

私が持つ知識は全て他人も習得できるが、私の心は全て私自身のものである。

⇒ All the knowledge I possess everyone else can acquire, but my heart is all my own.

「possess」は、「所有する、持つ」という意味の動詞です。

全ての物事は、ただ一時的なものである。

⇒ All things are only transitory.

「transitory」は、「一時的な、儚い」という意味の形容詞です。

あなたが自分自身を信頼すると同時に、あなたは生き方を知るだろう。

⇒ As soon as you trust yourself, you will know how to live.

「trust」は、「信頼する、信用する」という意味の動詞です。

追求することと失敗することによって、私たちは学習する。

⇒ By seeking and blundering we learn.

「seek」は、「探す、求める」という意味の動詞です。

個性が存在するためには、ある種の欠陥が必要である。

⇒ Certain defects are necessary for the existence of individuality.

「individuality」は、「個性、人格」という意味の名詞です。

困難は、私たちを更に目標へ近付ける。

⇒ Difficulties increase the nearer we get to the goal.

「difficulty」は、「難しさ、困難」という意味の名詞です。

疑念は行動することによってのみ除去することができる。

⇒ Doubt can only be removed by action.

「doubt」は、「疑念、疑惑」という意味の名詞です。

小さな夢を見てはいけない。それらは人の心を動かす力を持っていないのだから。

⇒ Dream no small dreams for they have no power to move the hearts of men.

「dream」が2回登場しますが、1つ目の「dream」は「夢を見る」という意味の動詞として、2つ目の「dreams」は「夢」という意味の名詞として用いられています。

できるときには楽しみなさい。そして、やらなければならないときには我慢しなさい。

⇒ Enjoy when you can, and endure when you must.

「endure」は、「我慢する、耐える」という意味の動詞です。

私たちが若い限り、失敗は許容される。しかし、それを老人になるまで引きずってはならない。

⇒ Error is acceptable as long as we are young, but one must not drag it along into old age.

「as long as」は、「~さえすれば、~する限りは」という意味です。

毎日私たちは少なくとも小さな歌を1曲聞き、良い詩を1編読み、美しい絵を1点見て、もし可能ならば賢明な言葉をいくらか話すべきだ。

⇒ Every day we should hear at least one little song, read one good poem, see one exquisite picture, and, if possible, speak a few sensible words.

「exquisite」は、「非常に美しい、精巧な」という意味の形容詞です。

毎秒は無限の価値を持っている。

⇒ Every second is of infinite value.

「of+名詞」で、形容詞と同じような意味として用いることができます。

若い時は誰でも、世界はまさに自分と共に始まって、全ては自分のためだけに存在していると信じている。

⇒ Everyone believes in his youth that the world really began with him, and that all merely exist for his sake.

「merely」は、「ただ単に~だけ」という意味の副詞です。

王であろうと農民であろうと、家庭に平和を見い出す人が最も幸せである。

⇒ He is happiest, be he king or peasant, who finds peace in his home.

「peasant」は、「小作農、百姓」という意味の名詞です。

何百万人もの読者を期待していない人は、1行も書くべきではない。

⇒ He who does not expect a million readers should not write a line.

「expect」は、「期待する、予測する」という意味の動詞です。

私は不可能に憧れる人を愛している。

⇒ I love those who yearn for the impossible.

「yearn」は、「切望する、憧れる」という意味の動詞です。

思想の領域では、全ては熱意次第である。実際の世界では、全ては忍耐力に掛かっている。

⇒ In the realm of ideas everything depends on enthusiasm. In the real world all rests on perseverance.

「realm」は、「領域、範囲」という意味の名詞です。

また、「enthusiasm」は「熱意、熱狂」という意味の名詞です。

無口で真面目な女性が陽気な男性と結婚するのは間違いだが、真面目な男性が陽気な女性と結婚するのは間違いではない。

⇒ It is a mistake for a taciturn, serious-minded woman to marry a jovial man, but not for a serious-minded man to marry a lighthearted woman.

「taciturn」は、「無口な、寡黙な」という意味の形容詞です。

また、「jovial」は「陽気な、愉快な」という意味の形容詞です。

真実を見つけるよりも錯誤を認識する方がずっと簡単だ。錯誤は表面にあって克服することができるが、真実は深淵にあってそれを探求することは誰にも出来ないからである。

⇒ It is much easier to recognize error than to find truth, for error lies on the surface and may be overcome, but truth lies in the depths, and to search for it is not given to everyone.

「overcome」は、「打ち勝つ、克服する」という意味の動詞です。

汝自身を知りなさい?もし自分自身を知っていたら、私は逃げるだろう。

⇒ Know thyself? If I knew myself, I’d run away.

「thyself」は、「なんじ自身」という意味の古期英語の代名詞です。

知るだけでは不十分で、適用しなければならない。意欲だけでは不十分で、やらなければならない。

⇒ Knowing is not enough. We must apply. Willing is not enough. We must do.

「apply」は、「適用する、応用する」という意味の動詞です。

皆に自分のドアの前を掃除させなさい。そうすれば世界中が綺麗になるだろう。

⇒ Let everyone sweep in front of his own door, and the whole world will be clean.

「sweep」は、「掃く、掃除する」という意味の動詞です。

ほぼ尽きてしまうまで自分のお金のことを気にしない人もいれば、自分の時間でまったく同じことをしてしまう人もいる。

⇒ Many people take no care of their money till they come nearly to the end of it, and others do just the same with their time.

「many ~, others ~」で、「~する人もいれば、~する人もいる」という意味になります。

音楽とは液体の建築で、建築とは凍った音楽である。

⇒ Music is liquid architecture. Architecture is frozen music.

「architecture」は、「建築、建造物」という意味の名詞です。

自分たちが自由であると誤って信じている人以上に、絶望的に奴隷化されている者はいない。

⇒ None are more hopelessly enslaved than those who falsely believe they are free.

「enslave」は、「奴隷にする、虜にする」という意味の動詞です。

才能は静かな場所で成長し、人格は人生の激流の中で成長する。

⇒ Talent develops in quiet places, character in the full current of human life.

「current」は、「流れ、風潮、傾向」という意味の名詞です。

幸運の日は収穫日のようなものである。私たちはトウモロコシが熟しているときは忙しいはずだ。

⇒ The day of fortune is like a harvest day, We must be busy when the corn is ripe.

「ripe」は、「熟した、盛りの」という意味の形容詞です。

管理することのできない財産は重荷である。

⇒ The wealth that cannot be administered is a burden.

「burden」は、「積荷、負担」という意味の名詞です。

まとめ

以上、ゲーテの名言や格言を英語で紹介してきましたが、いかがでしたか?

このページが皆さんのお役に立てば幸いです。

また、以下のページも合わせてご覧ください。
>>仕事の英語名言・格言100選!ビジネスの糧となる経営者の言葉
>>ひとこと英語名言・格言80選!たった一言、3単語の名言だけを厳選