「現在完了形」と「過去完了形」の違いとは?図解で分かりやすく解説

このページでは、高校英語で苦手とする人が多い「現在完了形」「過去完了形」の違いについて、図解を交えて詳しく解説していきます。

最初は取っ付きにくい分野かもしれませんが、一度理解してしまえば得点源にできるポイントですので、確実に要点を押さえておくようにしてください。

なお、以下のページも是非どうぞ。
>>英単語ゴロ合わせ300語!高校英単語の暗記に使えるゴロをまとめてみた
>>リクルートの学習アプリ、「スタディサプリ」のコスパが素晴らしい!

それでは、スタートです。

「現在完了形」と「過去完了形」の違い

まずは例文をもとに、「現在完了形」と「過去完了形」の違いを確認していきましょう。


「現在完了形」とは

それでは、まずはこの英文を訳してみてください。

I have already finished cleaning my room.

いかがでしょうか。

「私は既に部屋の掃除を終えている。」という意味です。

「have+過去分詞」なので、これは「現在完了形」の文章です。

この「現在完了形」を図解すると、以下のようになります。

もちろん、このセリフを喋っているタイミングは「現在」です。

青い人間が立っているポイントですね。

掃除が完了したタイミングは、「過去」から「現在」までの赤い矢印のどこかで完了したと言えます。

つまり、「現在完了形」「現在」までに「完了」しているという意味です。

「過去完了形」とは

それでは、次はこの英文を訳してみてください。

I had already finished cleaning my room when my mother came home.

できましたか?

日本語に訳すと「私は母が帰宅したとき、既に部屋の掃除を終えていた。」となります。

「had+過去分詞」なので、「過去完了形」の文章です。

こちらの「過去完了形」を図解すると、以下のようになります。

上と同様に、このセリフを喋っているタイミングはもちろん「現在」です。

掃除が完了したタイミングは「母が帰宅したときよりも前」ですから、「過去のある時点まで」に完了しています。

「完了」したのは赤い矢印のどこかですね。

つまり、「過去完了形」「過去」のとある時点までに「完了」しているという意味です。

もし上手く訳せなかった場合は、下の説明も読んでみてくださいね。

「現在完了形」と「過去完了形」の構文

次は、「現在完了形」と「過去完了形」の文法について見ていきましょう。

肯定文、否定文、疑問文の順番で確認していきますね。

「現在完了形」と「過去完了形」の肯定文

まずは肯定文です。

否定でも疑問でもない、普通の文章ですね。

上でも軽く触れましたが、肯定文の場合の構文は次のようになります。

「現在完了形 肯定文」
⇒ 主語+have(has)+過去分詞
例:I have already finished cleaning my room.
訳:私は既に部屋の掃除を終えている。

「過去完了形 肯定文」
⇒ 主語+had+過去分詞
例: I had already finished cleaning my room when my mother came home.
訳:私は母が帰宅したとき、既に部屋の掃除を終えていた。

「現在完了形」の場合のみ、三人称単数現在形のときは「have」ではなく「has」となります。

三単現の「s」と言われるものですね。

「現在完了形」と「過去完了形」の否定文

次に、否定文です。

肯定文の「have、has、had」の後ろに「not」を付ければ否定になります。

「現在完了形 否定文」
⇒ 主語+have(has)+not+過去分詞

例:I have not finished cleaning my room (yet).
訳:私は(まだ)部屋の掃除を終えていない。

「過去完了形 否定文」
⇒ 主語+had+not+過去分詞
例: I had not finished cleaning my room when my mother came home (yet).
訳:私は母が帰宅したとき、(まだ)部屋の掃除を終えていなかった。

また、肯定文のときに付いていた「既に」という意味の「already」は、否定文のときには「まだ」という意味の「yet」に変えてやりましょう。

「yet」は文末に置かれることが多いですが、無くても特段問題はありません。

また、否定文を作る際には「not」だけでなく「never」が使われることもあります。

現在完了形や過去完了形は「既に~が完了している」という「完了」の意味を表し、これまでも「完了」の用法をベースに説明してきましたが、その他にも「~したことがある」という「経験」の用法も存在します。

この「経験」の用法の場合、文章を否定するときには「never」を使います。

「一度も~したことがない」という意味になりますね。

「現在完了形 否定文(経験)」
⇒ 主語+have(has)+never+過去分詞
例:I have never finished cleaning my room.
訳:私は一度も部屋の掃除を終えたことがない。

「過去完了形 否定文(経験)」
⇒ 主語+had+never+過去分詞
例: I had never finished cleaning my room when my mother came home (yet).
訳:私は母が帰宅したとき、一度も部屋の掃除を終えたことがなかった。

「現在完了形」と「過去完了形」の疑問文

最後に、疑問文です。

主語と「have、has、had」の位置を入れ替えて、文末にクエスチョンマークを付ければ疑問文となります。

「現在完了形 疑問文」
⇒ Have(Has)+主語+過去分詞
例:Have you finished cleaning your room?
訳:あなたは部屋の掃除を終えましたか?

「過去完了形 疑問文」
⇒ Had+主語+過去分詞
例:Had you finished cleaning your room when your mother came home.
訳:あなたは母が帰宅したとき、部屋の掃除を終えていましたか?

まとめ

以上、「現在完了形」「過去完了形」の違いについて解説してきましたが、いかがでしたか。

少し難しいかもしれませんが、高校英語では頻出の分野ですので、取りこぼしの無いようにしっかりと理解しておくようにしましょう。

以下のページも是非見ていってくださいね。
>>英単語ゴロ合わせ300語!高校英単語の暗記に使えるゴロをまとめてみた
>>「仮定法」「仮定法過去」「仮定法過去完了」の違いと構文の覚え方