「law」「low」「raw」「row」の意味と発音の違いとは?

このページでは、「law」「low」「raw」「row」という4つの単語が持つ意味と発音の違いについて解説していきます。

スペルや発音が似ていますので、それぞれの違いをしっかりと押さえておくようにしましょう。

どの単語も使う機会の比較的多い単語ですので、時間を掛けて学習しておくに越したことはありませんね。

なお、紛らわしい単語については、以下のページでも紹介しています。
>>「blush」と「flush」の意味や使い方の違いを解説!
>>competitionとcompetitorの違いを大解剖!どっちも「競争相手」?

それでは、スタートです。

「law」「low」「raw」「row」の意味と発音の違い

「law」「low」「raw」「row」の意味の違いを簡単にまとめると、以下の通りです。

「law」 ⇒ 法、規則
「low」 ⇒ 低い
「raw」 ⇒ 生の、原料の
「row」 ⇒ 列、並び

また、それぞれの発音は以下の通りです。(米国式)

「law」 ⇒ lˈɔː
「low」 ⇒ loʊ
「raw」 ⇒ rˈɔː
「row」 ⇒ ɹəʊ

これら、「law」「low」「raw」「row」に限って言えば、「aw」は「ː」という発音になります。

日本語で書くと「ー」という伸ばし棒に近いイメージです。

一方で、「ow」は「ʊ」という発音になります。

こちらは日本語で書くと「ウ」というイメージです。

発音の区別が難しい4つの単語ですが、このような規則性もありますので、ここだけでも覚えておくと便利です。

それでは、1つずつ順番に詳しく紹介していきます。


「law」という単語の意味と発音

「law」は名詞としてのみ使われる単語で、「法、法学、規則、原理」という意味を持っています。

日本で言うところの、「憲法」は「constitution」、国が定める「法律」は「law」、地方公共団体が定める「条例」は「regulation」となります。

また、法律に関する意味の他にも、スポーツの「ルール」や会員の「規約」といった意味でも使われることがあります。

なお、「law」は「lˈɔː」と発音します。

上でも解説したように、これらの単語は末尾の発音に規則性があり、「aw」ですので「ː」で終わります。

Lの発音に注意した上で、「ロー」と発声しましょう。

「low」という単語の意味と発音

「low」は、基本的には形容詞として使われる単語で「低い、下等な、乏しい」という意味になります。

その他、まれに副詞や名詞としても使われることがあります。

「low」の対義語は「high」です。

ドライヤーの風量など、毎日使う電化製品にも多く使われている単語ですので、これら4つの中では最も私たち日本人にとって身近な単語かもしれませんね。

なお、「low」は「loʊ」と発音します。

語尾が「ow」なので、発音は「ʊ」ですね。

Lの発音に注意した上で、「ロウ」と発声できれば伝わります。

「raw」という単語の意味と発音

「raw」は、基本的には形容詞として使われる単語で「生の、原料のままの」という意味になります。

刺身など生魚のことは「raw fish」と言いますね。

また、製造業における原材料のことを「raw material」と言います。

なお、「raw」は「rˈɔː」と発音します。

語尾が「aw」なので、発音は「ː」ですね。

Rの発音に注意した上で、「ゥロー」と発声できれば問題無いでしょう。

日本人は「R」の発音が苦手な傾向にあるので、スマホなどを駆使して発音チェックを行うようにしましょう。

以下のページも是非参考にしてください。
>>スマホの音声入力機能は英語の発音トレーニングに使える!

「row」という単語の意味と発音

「row」は、基本的には名詞、動詞として使われる単語です。

名詞として使われる際は、「行、並び、街の通り」という意味になります。

「row」は「行」ですが、対義語の「列」は「column」となります。

ちなみに、「行」は横の並びで、「列」は縦の並びですね。

新聞の「コラム」という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、新聞は「縦」書きですよね。

もし迷いそうであれば、このように覚えておきましょう。

また、使用頻度は低いですが「口論、騒音」というような意味も持っています。

なお、動詞として使われる際は、「ボートを漕ぐ」という意味です。

日本語でも「ローイングマシン」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんね。

なお、「row」は「ɹəʊ」と発音します。

語尾が「ow」なので、発音は「ʊ」ですね。

Rの発音に注意した上で、「ゥロウ」と発声しましょう。

まとめ

以上、「law」「low」「raw」「row」の意味の違いと発音の違いや規則性について解説してきました。

いかがでしたか?

これら4つの単語はスペルや発音がよく似ているので覚えるのは大変かと思いますが、どの単語も頻繁に登場しますので、しっかりと違いを覚えておくようにしましょう。

また、以下のページも是非合わせてご覧ください。
>>「lash」「lush」「rash」「rush」の意味と発音の違い
>>cooperationとcorporationの違いって?スペル記憶法、発音方法を伝授