MBA?それともUSCPA?転職やキャリアアップに役立つのはどっち?

このページでは、転職やキャリアアップという観点から考えた場合に、MBA(経営学修士)USCPA(米国公認会計士)のどちらが適しているか、それぞれの特徴を比較していきます。

キャリアアップや自己啓発という話になった場合に、MBAとUSCPAはお互いに比較対象になりがちです。

どちらを取得すれば、将来のキャリアによりプラスに働くのでしょうか。

まずは、そもそもMBAとは何か?USCPAとは何か?といった点から見ていきましょう。

以下のページも是非ご覧ください。
>>英語力と年収の関係まとめ!自分の適正年収を知ろう!

MBA(経営学修士)って何?

「海外の大学でMBAを取得しよう!」というような謳い文句をよく目にすることがあるかと思いますが、そもそもMBAとは何なのか、あまりご存知でない人も多いかと思います。

MBAとは、「資格」ではなく経営学修士という「学位」のことで、「Master of Business Administration」の略ですね。

MBAを取得するためにはビジネススクールに入学し、経営者として必要となる幅広いビジネス知識を勉強することとなります。

日本の大学もピンからキリまであるように、一口に海外MBAと言ってもピンキリです。

MBAを取得するビジネススクールによって取得後の評価や価値が全く違いますので、ビジネススクールは慎重に決めなければなりません。

日本国内での教育機関でもMBAを取得することはできますが、海外では良い評価を得られない可能性が高いので、欧米のビジネススクールのMBAを取得することをおすすめします。

入学するための条件としては、大学卒業の学位に加え、ある程度の期間の実務経験、英語の能力などを設定しているビジネススクールが多いようです。

日本の大学とは対照的に、ビジネススクールの講義についていくのは非常にハードで、英語の論述試験や英語のプレゼンテーションの授業も多いため、英語力がなければ話になりません。

頑張って講義に喰らいつき、念願のMBAを取得できたときには、あなたの英語力やビジネス知識は相当のものになっているはずです。

USCPA(米国公認会計士)って何?

USCPAとは、アメリカにおける公認会計士の資格のことです。

詳しくは以下のページへどうぞ。
>>USCPA挑戦のススメ!英語を学びつつ米国公認会計士資格も取得しよう

MBAのような「学位」ではなく、USCPAは「資格」で、「U.S. Certified Public Accountant」の略です。

MBAはビジネスに関する幅広い知識を学ぶことになりますが、USCPAは特に会計分野、税務分野、監査分野に関する深い知識を学ぶことになります。

ジェネラリストではなく、スペシャリストといったイメージですね。

USCPAの会計士ライセンスは各州に対して登録することになるため、USCPA試験の受験資格はそれぞれの州によって異なります。

しかし、各州で受験資格は異なるものの、USCPA試験そのものは全米統一試験です。

試験の難易度や合格点はどの州で受験しても同じですので、どの州でUSCPAライセンスを取得しても、転職やキャリアアップのための評価はほぼ同一です。

USCPAは日本国内で試験勉強することができ、日本国内で受験もできてしまうという点が、MBAとは大きく異なるところです。

TAC、大原、アビタスなどの資格学校から日本語のテキストも出版されていますので、求められる英語レベルはMBAほど高いものではありません。

なお、USCPAの試験形式はコンピュータ試験で、日本国内であれば東京・大阪の2都市で受験することができます。

MBAを取得するメリット

次に、MBAとUSCPAにおけるそれぞれのメリットをご紹介していきます。

まず、MBAを取得することによるメリットは次の通りです。


非常に幅広いビジネス知識を得ることができる

MBAの取得にあたっては、現代のビジネスに必要となる実践的な内容を、非常にハードに長期間勉強していくこととなります。

USCPAの試験勉強では学習しないようなマーケティングや経営戦略など、より幅広く実学的な知識を習得することとなります。

テストで点を取るための知識を単純に頭の中に詰め込んでいくだけではなく、プレゼン、ケーススタディ、ワークショップのような形式で色々な視点から学ぶことができます。

そのため、経営目線で俯瞰的に見る能力、問題解決力、プレゼン能力も身に付けることができます。

マネジメントのトップ層に就ける可能性が高くなる

海外においては、MBAホルダーがマネジメントポジションに就いている有名企業の比率が非常に高くなっています。

欧米の名門校のMBAを取得できれば、将来的にはこのようなキャリアプランへの道しるべにもなってきます。

現状の日本企業においては、海外企業ほどMBAが重視されている訳ではありません。

しかし、外資系企業においては非常に高い評価が得られますので、MBAを取得する価値は大いにあります。

将来的に役立つ強固な人脈を形成できる

上でも書いたように、MBAはハードワークです。

そのような厳しい環境の中で、非常に濃い人間関係を構築することができます。

MBAを取得する過程においては、優秀な人々との出会いが数多くあるはずです。

こういった人々もまた将来のMBAホルダーですから、いずれ役に立つ人脈になってくるかも知れません。

一方で、USCPAは個別での学習スタイルが多いかと思いますので、USCPAを取得する過程で人脈を形成することは難しいかもしれません。

MBAのステータスを維持するための費用は不要

MBAは学位ですので、毎年継続的に維持費が発生することはありません。

皆さんの中でも、卒業した大学にお金を払い続けてるなんて人はいないですよね。

一方、USCPAの場合は、会計士ライセンスの更新料や継続教育に掛かる費用として、年間2万円程度が必要となってきます。

USCPAを取得するメリット

USCPAを取得することによるメリットは次の通りです。

短い学習期間と少ない労力で取得できる

USCPAを目指す場合であれば、早い人は1年以内の学習期間で合格が可能ですが、MBAの取得を目指すのであれば、準備期間を入れると少なくとも3年は必要となってきます。

また、USCPAは科目合格制を取っているため、フルタイムで仕事をしている人でも繁閑期に合わせて勉強量を調整でき、無理なく勉強を進めることができます。

しかし、MBAの場合はビジネススクールに長期間通う必要がありますので、手軽に取得することは難しいです。

難易度について、詳しくは以下のページをご覧ください。
>>アメリカの公認会計士試験、USCPAの難易度ってどれくらいなの?

取得までに掛かる費用が安い

USCPAのライセンスを取得する場合は、資格学校の授業料、受験料、ライセンス登録料を全部合わせても100万円以下でライセンスを取得することは可能です。

一方、海外MBAを取得する場合は、学費や渡航費、生活費などを合わせると1,000万円近い支出になると思われます。

通うビジネススクールによって必要となる費用は大きく異なり、高いスクールであれば学費だけで1,000万円に達してしまうこともあります。

費用に関しては、以下のページに詳しくまとめてあります。
>>USCPA受験とUSCPAライセンス登録の必要費用・必要金額はいくら?

会計などの特定分野では高評価を得られる

MBAはジェネラリストであるのに対し、USCPAはスペシャリストです。

会計、財務、税務、監査などの特定分野においては、スペシャリストであるUSCPAホルダーの方がMBAホルダーよりも深い知識を持っているため、高評価を得ることができます。

将来的に進みたい領域がはっきりしている場合は、専門性の高い知識を身に付けておく方が良いですね。

まとめ

以上、それぞれの特徴を紹介してきましたが、いかがでしょうか。

ざっくりとまとめると、MBAは時間的にも資金的にもハードルが高いのですが、幅広いビジネス知識や強い人脈を得ることができ、高い英語力も身に付きます。

一方、USCPAは時間的・資金的なハードルは低いですが、実践的なビジネス知識はなかなか習得できませんし、英語力についてもリーディングスキルしか身に付きません。

ご自身の状況と合わせて考えて、より自分にあった選択肢を選ぶようにしてください。

是非、以下のページも合わせてご覧ください。
>>USCPA挑戦のススメ!英語を学びつつ米国公認会計士資格も取得しよう
>>USCPA試験に挑戦するためにはどれくらいの英語力が必要?