ミッキーマウスの英語名言・名セリフ16選!至高の名言まとめ

このページでは、ミッキーマウスの名言や名セリフを英語で紹介しています。

世界の恋人であるミッキーマウスは、言わずと知れたディズニーで最も人気のキャラクターですね。

ディズニーランドやディズニーシーでのセリフだけでなく、キングダムハーツや昔の映画、アニメのセリフからも集めましたので、是非お気に入りの名言を探してみてください。

また、以下のページも合わせてご覧ください。
>>超有名な英語の名言・格言100選一覧まとめ!
>>英語のディズニー恋愛名言フレーズ集30選!ディズニー映画から厳選

ミッキーマウスの英語名言・名セリフまとめ

早速、ミッキーマウスの名言、名セリフを英語で紹介していきます。

日本語、英語、簡単な解説を併記していますので、英語学習にも役立ててくださいね。

それでは、スタートです!

ハハッ!

⇒ Huh huh!

ミッキーの名言やセリフと言うよりも、口癖ですね。

英語版ミッキーも、もちろんこのフレーズが口癖になっています。

奴をこま切れにしてやる!

⇒ I’ll cut him down to my size.

ミッキーの巨人退治という1938年の短編アニメーションでの名言です。

今のイメージとは全く違いますが、昔のミッキーは残虐だったんですね。

なお、「cut someone down to size」は「身の程を思い知らせてやる」という意味でも使われるフレーズです。

ミスカ、ムスカ、ミッキーマウス!

⇒ Miska moska Mickey Mouse!

ミッキーマウス・クラブハウスに登場するミッキーの合言葉です。

「Meeska Mooska」とも表記されます。

開けゴマのようなもので、このフレーズ自体に特に意味はありません。

君がどんなに強くても、これは僕の夢なんだ!

⇒ Uh, you may think you’re so powerful. Well, uh, this is my dream!

東京ディズニーシーのナイトショー、ファンタズミックに登場する名言です。

ショーの終盤にマレフィセントをやっつけるシーンのセリフですね。

ファンタズミックはフロリダとカリフォルニアのディズニーランドでも公演が行われており、それぞれ若干ストーリーが異なりますがこのシーンは世界共通です。

イマジネーション!ハハッ!

⇒ Some imagination, huh?

ファンタズミックのフィナーレで、ミッキーが発するシーンの名言です。

このセリフと共にミッキーが消えてショーが終わりますが、この部分も世界共通です。

オーケストラを頼んだよ!あ、帽子に触っちゃダメだよ!

⇒ Don’t forget the orchestra. And don’t touch my hat!

東京ディズニーランドのアトラクション、ミッキーのフィルハーマジックでドナルドに対して発したセリフです。

このアトラクションは東京の他に、フロリダ、パリ、香港のディズニーランドにもあり、アトラクションのストーリーは世界共通です。

ありがとっ!

⇒ Thank you!

ミッキーのフィルハーマジックで、帽子とタクトを返してくれたドナルドへのセリフです。

ドナルドがコンサートをめちゃくちゃにしてしまったにもかかわらず、「ありがとっ!」の一言で許してしまうところに、ミッキーの器の大きさを感じますね。

世界は光と闇で出来ている。切り離せないんだ。

⇒ The world’s made of light and darkness. You can’t have one without the other.

キングダムハーツでは、ミッキーは王様として登場します。

「made of ~」で、「~で出来ている」という意味になります。

みんなは1人のために。1人はみんなのために。

⇒ All for one. And one for all!

同じく、キングダムハーツからのセリフです。

元々は三銃士に登場する名言で、「ミッキー、ドナルド、グーフィーの三銃士」という映画もありますね。

忘れないで、ソラ。光の扉を開くのはキミなんだ。

⇒ Remember, Sora. You are the one who will open the door to the light.

キングダムハーツのエンディングで明かされる、王様ミッキーからの手紙です。

「who」は関係代名詞として使われており、「who」以下が「the one」を修飾しています。

自分を笑うということは、自分を愛することでもあるんだ。

⇒ To laugh yourself is to love yourself.

なかなか深い名言ですね。

「yourself」は、「あなた自身」という意味です。

これから始めることを後悔しないためにも、あらゆる瞬間を大切に生きなきゃ。

⇒ Live every moment as not to regret what you are about to do.

「live the moment」で、「一瞬一瞬を生きる、大切にする」という意味となります。

算数を使えば、靴を脱がなくても20まで数えられるんだ。

⇒ Arithmetic is being able to count up to twenty without taking off your shoes.

わざわざ足の指を使わなくてもいいんだよ、という意味ですね。

「arithmetic」は、「算数、計算」という意味の名詞です。

絵を描くということに正解や間違いなんてない。ちゃんと楽しむってことが一番大切なんだ。

⇒ There is no right or wrong when it comes to making art. Making sure that you have fun is the most important part.

「when it comes to」で、「~ということになると」という意味になります。

幸せとは問題を抱えているのか抱えていないのかってことではない。みんな問題を抱えているけど、全員が不幸なわけじゃないんだ。

⇒ Happiness is not about having or not having problems. Everyone has problems but not everyone is unhappy.

こちらもちょっと考えさせられる名言ですね。

「happiness」は、「幸福、満足、幸運」という意味の名詞です。

本当にすぐまた会おうね!

⇒ See you real soon!

英語版のミッキーがお別れするときの、お決まりのセリフです。

日本語版のミッキーには、特にこのような口癖はありませんね。

まとめ

以上、ミッキーマウスの名言を英語で紹介してきましたが、いかがでしたか?

このページが皆さんのお役に立てば幸いです。

また、以下のページにも是非遊びに来てくださいね!
>>ディズニーヴィランズの名言・名セリフを英語で読もう!悪役総まとめ
>>英語学習に適したディズニー映画をまとめてみた