「接頭語」さえ覚えてしまえば英単語暗記が楽になる!主な接頭語まとめ

このページでは、英単語暗記に役立つ、主な接頭語(接頭辞)を紹介しています。

まず、接頭語とは何か、というところから説明しますね。

英単語は、「接頭語」「語幹」「接尾語」というような幾つかの部品が組み合わさって出来ています。

例えば、「disclosure(開示)」という英単語があります。

この英単語は、「dis-clos-ure」と分けることができ、「dis」の部分を接頭語、「clos(e)」の部分を語幹、「ure」の部分を接尾語と言います。

接頭語の「dis」は、日本語でも「ディスる」という言葉があるように、「否定」の意味を持ちます。

「dislike」は好きではないので「嫌い」、「discover」はカバーを取り去るので「発見する」といった感じです。

語幹の「close」は「閉じる」という意味ですね。

接尾語の「ure」は、単語を名詞に変える働きがあります。

例えば、「failure(失敗)」は「fail(誤る)」に「ure」が付いて名詞になったものですし、「pressure(圧力)」は「press(押す)」に「ure」が付いて名詞になりました。

このように、接頭語や接尾語といったパーツの意味さえ覚えてしまえば、効率的に英単語を暗記できます。

また、初めて見るような単語でもある程度は意味を類推することができますね。

とは言うものの、接頭語だけでも数百もの数になってしまいますので、全ての接頭語を覚えるのは効率的ではありません。

そのため、このページでは主な接頭語に絞って紹介していきます。

なお、接頭語を使わずにゴロで覚える方法は以下のページで紹介しています。
>>英単語ゴロ合わせ300語!高校英単語の暗記に使えるゴロをまとめてみた

それでは早速スタートです!

英単語暗記に役立つ接頭語(接頭辞)

a-

「a-」は「形容詞を作る」接頭語です。

alive(生きている)
⇒live(生きる)が形容詞になった。

asleep(眠っている)
⇒sleep(眠る)が形容詞になった。

awake(起きている)
⇒wake(起きる)が形容詞になった。

ab-

「ab-」は「離れた」という意味の接頭語です。

abnormal(異常な)
⇒normal(正常)から離れた。

absent(欠席する)
⇒sent(語幹:存在する)から離れた。

abuse(乱用する)
⇒use(使う)から離れた。

co-, com-, con-

「co-, com-, con-」は「共に」という意味の接頭語です。

collaborate(協力する)
⇒共にlabor(労働)をする。

compathy(共感)
⇒共にpathy(接尾語:感情)を抱く。

concentration (集中)
⇒共にcenter(中心)に集める。

contra-, contro-

「contra-, contro-」は「反対に」という意味の接頭語です。

contradict(矛盾する)
⇒反対にdict(語幹:話す)をする。

contrast(対照)
⇒反対にst(語幹:立つ)をする。

controversy(論争)
⇒反対にverse(語幹:向きを変える)をする。

de-

「de-」は「下へ、離れる」という意味の接頭語です。

decrease(減少する)
⇒crease(語幹:増える)から離れる。

degrade(降格する)
⇒grade(階級)が下へ離れる。

depart (出発する)
⇒元のpart(部分)から離れる。

di-, dis-

「di-, dis-」は「否定」の接頭語です。

disable(できない)
⇒able(できる)の否定。

disagree(反対)
⇒agree(賛成)の否定。

dislike(嫌い)
⇒like(好き)の否定。

dia-

「dia-」は「横切って」という意味の接頭語です。

diagnose(診断する)
⇒横切ってgno(語幹:知る)をする。

dialogue(対話)
⇒横切ってlogue(語幹:談話)をする。

diameter(直径)
⇒横切ってmeter(測る)をする。

e-, ex-

「e-, ex-」は「外へ」という意味の接頭語です。

eject(放出する)
⇒外へject(語幹:投げる)をする。

emit(発する)
⇒外へmit(語幹:送る)をする。

express(表現する)
⇒外へpress(押す)をする。

im-, in-

「im-, in-」は「中へ」という意味の接頭語です。

inject(注入する)
⇒中へject(語幹:投げる)をする。

import(輸入する)
⇒中へport(語幹:運ぶ)をする。

inspect(調べる)
⇒中へspect(語幹:見る)をする。

inter-

「inter-」は「間の」という意味の接頭語です。

interact(相互作用する)
⇒間でact(働く)をする。

intercept(妨害する)
⇒間でcept(語幹:掴み取る)をする。

international(国際的な)
⇒national(国家)の間。

mal-

「mal-」は「悪い」という意味の接頭語です。

malaria(マラリア)
⇒悪いaria(語幹:空気)。

maleficent(有害な)
⇒悪さをfic(語幹:する)をする。

malfunction(故障)
⇒悪いfunction(機能)。

mis-

「mis-」は「誤って」という意味の接頭語です。

mischance(不運)
⇒誤ったchance(運)。

misunderstand(誤解する)
⇒誤ってunderstand(理解する)をする。

misuse(誤用する)
⇒誤ってuse(使う)をする。

mono-

「mono-」は「単一の」という意味の接頭語です。

monolith(一枚岩、石柱)
⇒単一のlith(語幹:岩)。

monorail(モノレール)
⇒単一のrail(レール)。

monotone(単調、モノトーン)
⇒単一のtone(調子)。

multi-

「multi-」は「多くの」という意味の接頭語です。

multilingual(多言語の)
⇒多くのlingual(言語の)。

multinational(多国籍の)
⇒多くのnational(国家の)。

multiply(掛け算をする)
⇒多くply(語幹:折る)をする。

non-

「non」は「否定」の接頭語です。

nonflammable(不燃性の)
⇒flammable(可燃性の)の否定。

nonprofit(非営利の)
⇒profit(利益)の否定。

nonsense(無意味な)
⇒sence(意味)の否定。

per-

「per-」は「徹底的に」という意味の接頭語です。

perfect(完全な)
⇒徹底的にfect(語幹:作る)をする。

persist(固執する)
⇒徹底的にsist(語幹:立つ)をする。

pervade(浸透する)
⇒徹底的にvade(語幹:進んでいく)をする。

pre-, pro-

「pre-, pro-」は「前に」という意味の接頭語です。

precede(先行する)
⇒前にcede(語幹:進む)をする。

progress(前進する)
⇒前にgress(語幹:歩く)をする。

prospect(予想)
⇒前にspect(語幹:見る)をする。

re-

「re-」は「後ろに、再び」という意味の接頭語です。

recede(後退する)
⇒後ろにcede(語幹:進む)をする。

regress(後退する)
⇒後ろにgress(語幹:歩く)をする。

review(見直す)
⇒再びview(見る)をする。

sub-, suc-, sup-

「sub-, suc-, sup-」は「下に」という意味の接頭語です。

submarine(潜水艦)
⇒marine(海)の下。

succeed(後を継ぐ)
⇒下にceed(語幹:進む)をする。

suppress(抑圧する)
⇒下にpress(押す)をする。

sur-

「sur-」は「上に」という意味の接頭語です。

surcharge(超過料金)
⇒上のcharge(請求額)。

surface(表面)
⇒上のface(面)。

surpass(上回る)
⇒上をpass(語幹:歩く)をする。

sym-, syn-

「sym-, syn-」は「一緒に」という意味の接頭語です。

symmetry(対称)
⇒一緒のmetry(語幹:測定)。

sympathy(共感)
⇒一緒のpathy(接尾語:感情)。

synchronize(同期させる)
⇒一緒のchrono(語幹:時)。

tele-

「tele-」は「遠く」という意味の接頭語です。

telepathy(テレパシー)
⇒遠いpathy(接尾語:感情)。

telephone(電話)
⇒遠いphone(語幹:音)。

telework(在宅勤務)
⇒遠くでwork(働く)をする。

trans-

「trans-」は「向こう側へ」という意味の接頭語です。

transfer(運ぶ)
⇒向こう側へfer(語幹:運ぶ)をする。

translate(翻訳する)
⇒向こう側へlat(語幹:運ぶ)をする。

transmit(送る)
⇒向こう側へmit(語幹:送る)をする。

un-

「un」は「否定」の接頭語です。

unavailable(使えない)
⇒unavailable(使える)の否定。

unhappy(不幸な)
⇒happy(幸せな)の否定。

unlike(似ていない)
⇒like(似ている)の否定。

uni-

「uni-」は「1つの」という意味の接頭語です。

unicycle(一輪車)
⇒1つのcycle(輪)。

uniform(制服)
⇒1つのform(形)。

university(総合大学)
⇒1つにverse(語幹:向きを変える)をすること。

まとめ

以上、英単語暗記に役立つ主な接頭語を紹介しました。

今回は接頭語にフォーカスを当てましたが、以下のページでは接尾語や語幹についても紹介しておりますので、是非ご覧ください。
>>「接尾語」を覚えて楽に英単語を暗記しちゃおう!主な接尾語まとめ
>>「語幹」を覚えて効率的に英単語を暗記しよう!主な語幹まとめ