春に関する英語の名言・格言30選一覧まとめ!

このページでは、春に関する名言や格言を英語で紹介しています。

ことわざや格言など、春に関する名言を数多くまとめておりますので、是非あなたのお気に入りのフレーズを探してみてくださいね。

また、以下のページも合わせてご覧ください。
>>超有名な英語の名言・格言100選一覧まとめ!
>>ひとこと英語名言・格言150選!たった一言、3単語の名言だけ厳選

春に関する英語名言・格言一覧まとめ

それでは、春に関する名言や格言を英語で紹介していきます。

日本語、英語、簡単な解説を併記していますので、是非英語学習にも活用してみてくださいね。


親切な言葉は春の日のようなものだ。

⇒ A kind word is like a spring day.

ロシアのことわざです。

「kind」は、「優しい、親切な、思いやりのある」という意味の形容詞です。

楽観主義者は春を擬人化したものである。

⇒ An optimist is the human personification of spring.

アメリカの作家、スーザン・J・ビソネットの名言です。

「personification」は、「化身、象徴、擬人化」という意味の名詞です。

4月はあらゆるものに若さの精神を吹き込んだ。

⇒ April hath put a spirit of youth in everything.

イギリスの劇作家、ウィリアム・シェイクスピアの詩集の中の一節です。

「hath」は、「has」の古い言い方です。

だんだんと花が咲き、春が始まる。

⇒ Blossom by blossom the spring begins.

イギリスの詩人、アルジャーノン・チャールズ・スウィンバーンの名言です。

「アルジャーノンに花束を」に登場するネズミの名前の由来になった人物ですね。

「blossom」は、「花、開花」という意味の名詞です。

言葉で春の息吹の香りを説明することはできるのか?

⇒ Can words describe the fragrance of the very breath of spring?

アメリカの自然作家、ネルッジュ・ブランチャンの名言です。

「fragrance」は、「芳香、香り」という意味の名詞です。

予報にかかわらず、春のように暮らしなさい。

⇒ Despite the forecast, live like it’s spring.

アメリカのファッションデザイナー、リリー・ピュリッツァーの名言です。

「despite」は、「~にもかかわらず、~をよそに」という意味の前置詞です。

心が痺れるような霜にもかかわらず、私の魂は春のように咲いている。

⇒ Despite the heart numbing frost, my soul is blooming like spring.

アメリカの医師、デバシシュ・ムリダの名言です。

「numb」は、「痺れさせる、感覚を失わせる」という意味の動詞です。

今となっては秋よりも春を楽しんでいる。年を取るにつれて、人はそうなるのだと思う。

⇒ I enjoy the spring more than the autumn now. One does, I think, as one gets older.

イギリスの小説家、ヴァージニア・ウルフの名言です。

「autumn」は、「秋、紅葉」という意味の名詞です。

もし私が明日死ぬことになっていて、春が明後日に来るのなら、私は平和に死ぬだろう。

⇒ If I knew I was going to die tomorrow, and spring came the day after tomorrow, I would die peacefully.

ポルトガルの詩人、フェルナンド・ペソアの名言です。

「peacefully」は、「平和に、穏やかに、静かに」という意味の副詞です。

冬がなければ、春はそれほど快適ではないだろう。時には逆境がなければ、繁栄はそれほど歓迎されないだろう。

⇒ If we had no winter, the spring would not be so pleasant. If we did not sometimes taste of adversity, prosperity would not be so welcome.

アメリカの詩人、アン・ブラッドストリートの名言です。

「adversity」は「逆境、困難」、「prosperity」は「繁栄、隆盛」という意味の名詞です。

春の花であなたの魂がわくわくしたことがないのであれば、多分あなたの魂は花開いたことがないのだろう。

⇒ If you’ve never been thrilled to the very edges of your soul by a flower in spring bloom, maybe your soul has never been in bloom.

アメリカの作家、テリ・ギルメットの名言です。

「thrilled」は、「興奮した、わくわくした、感動した」という意味の形容詞です。

春の一日の終わりには、土のような匂いがするはずだ。

⇒ In the spring, at the end of the day, you should smell like dirt.

カナダの作家、マーガレット・アトウッドの名言です。

「dirt」は、「土、ちり、ほこり」という意味の名詞です。

春に忠実に種を植えるのは、秋に収穫を得る農家だけだ。

⇒ It is only the farmer who faithfully plants seeds in the spring, who reaps a harvest in the autumn.

イギリス出身の金融ジャーナリストで、フォーブス誌を創刊した人物であるバーティー・フォーブスの名言です。

「reap」は、「刈る、得る、受ける」という意味の動詞です。

また春である。地球は心の詩を知っている子供のようだ。

⇒ It is spring again. The earth is like a child that knows poems by heart.

オーストリアの詩人、ライナー・マリア・リルケの名言です。

「poem」は、「詩、美しい作品」という意味の名詞です。

私のお気に入りの天気は鳥のさえずりだ。

⇒ My favorite weather is bird chirping weather.

アメリカの作家、テリ・ギルメットの名言です。

「chirp」は、「さえずる、甲高く鳴く」という意味の動詞です。

永遠に続く冬は無い。巡ってこない春は無い。

⇒ No winter lasts forever. No spring skips its turn.

アメリカの作家、ハル・ボーランドの名言です。

「skip」は、「跳ねる、飛ばす」という意味の動詞です。

革命は地震と同じくらい予測不可能で、春と同じくらい美しい。その到来はいつも突然だが、その本質はそうではない。

⇒ Revolution is as unpredictable as an earthquake and as beautiful as spring. Its coming is always a surprise, but its nature should not be.

アメリカの作家、レベッカ・ソルニットの名言です。

「revolution」は、「革命、回転」という意味の名詞です。

春はあらゆるものに新しい命と新しい美を付け加える。

⇒ Spring adds new life and new beauty to all that is.

アメリカの作家、ジェシカ・ハレルソンの名言です。

「add A to B」は、「AをBに加える」という意味です。

春は渇きの冬のための愛の泉である。

⇒ Spring is the fountain of love for thirsty winter.

アメリカの作家、ムニア・カーンの名言です。

「fountain」は、「泉、噴水」という意味の名詞です。

春は企画と計画の時期である。

⇒ Spring is the time of plans and projects.

ロシアの小説家、トルストイの名言です。

「plan」は、「計画、企画、予定」という意味の名詞です。

たとえ靴が泥だらけでも、春は口笛を吹きたくなるような季節だ。

⇒ Spring is when you feel like whistling, even with a shoe full of slush.

アメリカのコラムニスト、ダグ・ラーソンの名言です。

「slush」は、「溶けかけた雪、泥」という意味の名詞です。

春が過ぎると、人は純粋さを思い出す。

⇒ Spring passes and one remembers one’s innocence.

ビートルズのジョン・レノンの妻、オノ・ヨーコの名言です。

「innocence」は、「無罪、純潔、純粋」という意味の名詞です。

春は土地の目覚めで、3月の風は朝のあくびである。

⇒ Springtime is the land awakening. The March winds are the morning yawn.

アメリカの作家、ルイス・グリザードの名言です。

「yawn」は、「あくび、退屈なこと」という意味の名詞です。

美しい春が訪れて自然が愛らしさを取り戻すとき、人間の魂もまた蘇る傾向にある。

⇒ The beautiful spring came, and when nature resumes her loveliness, the human soul is apt to revive also.

アメリカの作家、ハリエット・アン・ジェイコブズの名言です。

「resume」は「再び始める、取り戻す」、「revive」は「生き返らせる、蘇らせる」という意味の動詞です。

人生の乾季は続かない。春の雨が再びやって来るだろう。

⇒ The dry seasons in life do not last. The spring rains will come again.

アメリカの作家、サラ・バン・ブラナックの名言です。

「last」は、動詞として用いると「続く、持続する」という意味になります。

冬の終わりから春の初めにかけての花は、その大きさに比例しないほど私たちの心の中の多くを占める。

⇒ The flowers of late winter and early spring occupy places in our hearts well out of proportion to their size.

アメリカの園芸家、ガートルード・S・ウィスターの名言です。

「out of proportion」は、「不釣り合いな、比例せずに」という意味です。

春の到来が約束されていることで、誰もが辛い冬を充分乗り越えられる!

⇒ The promise of spring’s arrival is enough to get anyone through the bitter winter!

アメリカの作家、ジェン・セリンスキーの名言です。

「arrival」は、「到着、到来」という意味の名詞です。

花が咲くところには希望も咲く。

⇒ Where flowers bloom so does hope.

元アメリカ大統領のリンドン・ジョンソンの妻、レディ・バード・ジョンソンの名言です。

「so do ~」は、「~もそうである」という意味です。

あなたは毎春、バラと共に生まれ変わる。

⇒ You are reborn with the roses, in every spring.

スペインの詩人、フアン・ラモン・ヒメネスの名言です。

「reborn」は、「生まれ変わった、再生した」という意味の形容詞です。

あなたはあらゆる花を切ることはできるが、春が来るのを妨げることはできない。

⇒ You can cut all the flowers, but you cannot keep spring from coming.

チリの詩人、パブロ・ネルーダの名言です。

「keep A from ~ing」は、「Aが~しないようにする、Aが~するのを妨げる」という意味です。

まとめ

以上、春に関する名言や格言を英語で紹介してきましたが、いかがでしたか?

このページが皆さんのお役に立てば幸いです。

また、以下のページも合わせてご覧ください。
>>最高にかっこいい英語・英単語一覧まとめ100選!
>>最高におしゃれな英語・英単語一覧まとめ50選!