USCPA(米国公認会計士試験)の難易度はどれくらい?

このページではアメリカの公認会計士試験である、「USCPA試験」の難易度について紹介しています。

アメリカの公認会計士試験ですので、もちろん試験内容は全て英語です。

日本の公認会計士試験が難関であるのと同様に、USCPAも一般的には難関資格であると言われています。

実際、その難易度ってどれくらいのものなのでしょうか。

「試験に合格するための難易度」といった観点から、日本の公認会計士や税理士、日商簿記検定との比較をしていきます。

なお、以下のページも是非合わせてご覧ください。
>>USCPA(米国公認会計士)とは
>>USCPAの試験科目(FAR、BEC、AUD、REG)について

USCPAと日本の会計資格との合格難易度比較

日本の代表的な会計資格としては、公認会計士、税理士、日商簿記検定の3つが挙げられます。

これらの試験とUSCPA試験について、「合格するための難易度」を比較していきます。

もちろん、難易度を測るための客観的な指標というものは存在しないので、一部主観が混じってしまいますがご容赦ください。

私の経験と合格率などの試験データから判断して、「合格するための難易度」を次の通りランク付けしました。

難 公認会計士>税理士>>>>>>USCPA>>日商簿記検定1級 易


日本の公認会計士の合格難易度

まず、これらの資格の中で最も難易度が高いのは、間違いなく日本の公認会計士試験です。

短答試験と論文試験の両方に合格する必要があり、その合格率は例年10%前後で推移しています。

合格率だけ見ると大したことないように感じてしまうかもしれませんが、特筆すべき点は受験生の母集団のレベルの高さにあります。

日本における公認会計士は、医師や弁護士と並ぶ日本の三大資格で、独占業務が可能なことにより高い収入が保証されています。

また、公認会計士であれば無試験で税理士としての登録もできますので、やはり上位層は公認会計士のほうに集まってきます。

そのため、大学のレベルで言うと国公立なら旧帝大、私立なら早慶の学生がこぞって受験してくるため、合格難易度は非常に高くなります。

これらの大学生が平均2~4年も専門学校に通い詰めてやっと合格できる難易度と言えば、その難しさが分かるでしょうか。

合格するための難易度といった点から見ると、日本の公認会計士がこの中では間違いなく最難関の資格です。

一般的には、トータルで3,000時間~5,000時間の学習が必要になると言われています。

日本の税理士試験の合格難易度

合格するための難易度が次に高い会計資格は、日本の税理士です。

日本の税理士試験は科目合格制度を採用しており、5つの試験科目に合格することで税理士試験の合格とみなされます。

それぞれの科目は合格率10%前後で例年推移しており、一度合格した科目は一生涯にわたって有効となります。

会計科目である簿記論、財務諸表論は比較的簡単に合格することができますが、これらに合格した上で法人税や所得税などの税法科目については非常に多くの勉強量が必要となります。

合格率10%の試験に5回も合格しなければならないため非常に長期間の戦いとなりますが、科目合格が失効してしまうことは無いため、何年も受け続ければいつかは合格できます。

また、受験生の母集団のレベルも公認会計士に比べるとやや低く、大学のレベルで言うと国公立なら広島大や金沢大レベル、私立ならMARCH関関同立レベルがボリューム層であると言われています。

しかし、合格難易度こそ日本の公認会計士よりは低いものの、税理士試験合格に必要となる勉強量は日本の公認会計士を上回ります。

1年間掛けて1科目を完成させるのがやっとの膨大なボリュームのため、合格者の平均学習期間は8年間とも言われており、もし5年間で合格できれば非常に優秀な部類といった感じです。

これだけ難易度の高い試験になってしまっている理由は、国税庁OBの既得権益を守るためです。

国税庁のOBは試験を受けずに無条件で税理士登録ができるため、そういった人たちの仕事量を確保するために、税理士試験の合格者はかなり少なく抑えられているようです。

USCPA(アメリカの公認会計士)試験の合格難易度

その次に合格難易度が高い資格は、USCPA(アメリカの公認会計士)です。

ただ、日本の税理士とUSCPAの間には、非常に大きな難易度の差があると思ってください。

まったく次元が違うといっても言い過ぎではありません。日本の公認会計士が「100」、日本の税理士が「90」だとすると、USCPAは「30」くらいです。

学習ボリュームだけで考えると、USCPA4科目と税理士試験の税法科目1科目でちょうど釣り合うくらいかと思います。

USCPA試験は科目合格制をとっており、18ヶ月以内に4つの試験科目に合格すればUSCPA試験の合格となります。

各試験科目の合格率は50%前後で推移しており、日本人受験生だけで見た場合でも合格率は30%前後と高い数値になっています。

つまり、合格率30%の試験を4回合格すればOKということですね。

各科目のボリュームも上で紹介した2つの試験ほど多いわけではなく、1科目分の勉強を完成させるためには3ヶ月あれば問題ありません。

ただ、USCPA試験は税理士試験のように科目合格が一生涯有効ではないため、油断していると科目合格の失効ループに陥ってしまう可能性もあります。

受験生の母集団としては9割以上がアメリカ人で、大学を卒業するくらいの年齢で受験する人が多いようですので、ある程度ハイレベルな戦いです。

合格までの平均学習期間は1年半程度と考えてください。

日本の公認会計士試験や税理士試験のようなマニアックな出題は少なく、一般論的な出題が多い傾向にあります。

勉強した内容をそのままビジネスで役立てることができるため、有用な知識を身に着けるという観点では最適な資格かと思います。

社会人のキャリアアップや自己啓発にもちょうど良い難易度となっています。

日商簿記検定の合格難易度

この中で一番合格難易度が低いのは日商簿記検定です。

日商簿記検定の中で一番難しい簿記1級でも、USCPA試験4科目に比べると簡単に合格することができます。

ただ、簿記1級は重箱の隅を突くような問題も多く、USCPAのFAR1科目よりは難しいです。

日本の公認会計士の難易度が「100」、日本の税理士が「90」、USCPAが「30」だとすると、日商簿記1級は「15」、簿記2級は「3」、簿記3級は「1」といった感じでしょうか。

学習ボリュームとしては、日商簿記1級の全範囲とUSCPA1.5科目でちょうど釣り合うくらいかと思います。

日商簿記1級の場合、各回の合格率は10%前後で推移していますが、高校生も受験しているくらいなので受験生の母集団のレベルは低めです。

出題内容としては、会計的な面ではUSCPA試験よりも難易度の高い内容が出題されますが、「合格するための難易度」としてはそこまで高くありません。

なお、日商簿記1級の学習期間は9ヶ月程度が平均のようです。

USCPAのように出願手続に何ヶ月も掛かるような資格ではなく、集中して学習すれば半年程度での取得が可能な資格ですので、就職活動を控えていて時間の無い学生にお勧めの資格です。

まとめ

以上、日本の公認会計士、税理士、日商簿記検定とUSCPA試験について、「合格するための難易度」を比較してきましたが、いかがだったでしたか?

会計の専門家を名乗るためには、日商簿記検定ではちょっと物足りません。

しかし、日本の公認会計士や税理士は難易度が高く、合格するまでに非常に長い時間が掛かってしまいますし、仕事をしながら合格することはなかなか難しいと思われます。

一方、USCPAであればそこそこの難易度、そこそこの学習時間で取得することができ、合格後は会計だけでなく英語のスキルもアピールすることができます。

実用的な幅広い知識を付けることができますし、手頃な難易度の割には高い評価を得ることができます。

まさに、USCPAは費用対効果の高い資格であることが言えるかと思います。

以下のページでもUSCPAや英語の会計資格について紹介しておりますので、是非ご覧ください。
>>USCPA(米国公認会計士)とは
>>USCPA試験に挑戦するためにはどれくらいの英語力が必要?