就活開始までに日商簿記1級とTOEIC700点を取るための学習計画

文系学生の就職活動において、日商簿記1級とTOEIC700点を取得しておくと非常に有利に働くことは、以下のページにて説明してきました。
>>文系大学生の就活は「TOEIC」と「簿記」が有利な武器になる!

このページでは、日商簿記1級とTOEIC700点を無理なく取得するためのスケジューリングについて見ていきます。

もちろん、大学での専攻に関する勉強や、バイト、サークルを犠牲にすることなく、これらと両立しながら1日1~2時間程度の無理のない勉強を行う前提で書いていきます。

簿記1級とTOEIC700点を取得するリミットは?

まず日商簿記1級ですが、試験は年2回(6月・11月)、合格率は約10%となっています。

なお、2級と3級は年3回(6月・11月・2月)です。

一方TOEICについては、公開テストは年10回、700点以上の受験者は全体の25%となっています。

以上のことから、まずは難易度が高くて試験実施回数の少ない日商簿記の勉強を優先的に行い、日商簿記1級を取得できたらTOEICの学習にシフトすることをおすすめします。

現在の就職活動の時期としては、大学3年生の6月頃にいくつかの企業でインターンシップが開催され始め、就活ムードが徐々に高まってきます。

大体、大学3年生の夏頃からはSPI(適性検査)の勉強を始めることになるかと思います。

そして、大学3年生の2月頃から説明会や選考、面接が増えてきて、非常に忙しくなってきます。

人気企業のインターンシップは選考が厳しいので、出来れば選考までに簿記とTOEICを固めておけるほうが良いですね。

つまり、大学3年生の6月頃には簿記1級とTOEIC700点を取得できるように計画できればベストです。

となれば、日商簿記検定は大学2年生の11月の試験までに合格しておきたいところですね。

遅くとも大学3年生の6月の試験で合格しましょう。

大学3年生の11月になってしまうともう簿記検定どころではないかと思いますし、TOEICの勉強をする時間もありません。

おすすめのタイムスケジューリングは?

余裕を持って就職活動に臨むためのタイムスケジュールを紹介していきます。

一般的に簿記3級は2週間、簿記2級は2~3ヶ月、簿記1級は6ヶ月~1年の勉強期間が必要です。

簿記3級・簿記2級は問題無く合格できるかと思いますが、簿記1級は合格率が10%と低いので、1回くらいは落ちてしまう前提でスケジュールを組んだ方が良いかと思います。

簿記3級については、特に必要性を感じなければ受験しなくても構わないかと思います。

ただ、簿記2級・簿記1級の内容は、簿記3級で学習した内容がベースになるので、勉強自体はしっかり行う必要があります。

一方、TOEIC700点取得までに掛かる時間は人によって大きく異なりますが、センター試験を概ね8割程度取れるほどの英語力があれば、リーディングについては基礎的な力は付いているかと思います。

リスニングはちょっと勉強すればすぐに点数は上がりますので、勉強期間は半年もあれば充分お釣りがくるかと思います。

もし可能であれば、さらに強力な武器となりますので、800点台も積極的に狙っていってください。

リスニングの勉強法について、詳しくは以下のページへどうぞ。
>>TOEICリスニングは先読みテクニックだけで50点スコアアップする!

それでは、いくつかのプランを見ていきましょう。


最短プラン

大学1年生5月   勉強開始
大学1年生6月   簿記3級合格
大学1年生11月 簿記2級合格
大学2年生6月   簿記1級合格
大学3年生6月までにTOEIC700点取得

こちらが考えられる上での最短コースです。

TOEICの学習に丸々1年間割くことができますので、700点は楽に突破できるかと思います。

かなり時間的余裕がありますので、TOEIC800点を目指すことも可能なプランです。

私はこのプランのスケジュールで問題無く進めることができました。

もし大学2年生6月の簿記1級に落ちてしまった場合は、TOEICの勉強を並行して進めつつ大学2年生11月の試験で再挑戦しましょう。

安心プラン

大学1年生1月   勉強開始
大学1年生2月   簿記3級合格
大学2年生6月   簿記2級合格
大学2年生11月 簿記1級合格
大学3年生6月までにTOEIC700点取得

ちょっとだけ出遅れたパターンです。

これでもTOEICの学習に半年以上割くことができるので、700点突破も問題無いかと思います。

もし簿記1級に落ちてしまった場合は、TOEICの勉強を並行しつつ大学3年生6月の試験で再挑戦となります。

ギリギリプラン

大学2年生8月   勉強開始
大学2年生11月 簿記2級合格
大学3年生6月   簿記1級合格
大学3年生9月までにTOEIC700点取得

就職活動に間に合わせるためのギリギリのパターンで、簿記3級の受験はスキップしています。

これでもTOEICの学習にはあまり時間が割けないので、付け焼刃的な勉強が中心になるかと思います。

簿記1級に落ちた場合は、TOEICと並行しつつ大学3年生11月の試験で再挑戦となります。

大学3年生11月に再挑戦した場合、簿記1級の結果発表は大学3年生の1月となりますので、ギリギリ履歴書にも書くことができます。

がむしゃらプラン

大学3年生4月   勉強開始
大学3年生6月   簿記2級合格
大学3年生11月 簿記1級合格
大学3年生1月までにTOEIC700点取得

履歴書の資格欄への記載を間に合わせるための、最もギリギリのパターンです。

このプランでは、1日1時間の勉強では不可能で、少なくとも3~4時間は必要かと思います。

簿記1級は一発合格する想定で、大学3年生11月に簿記1級を受験した後、簿記検定の結果が発表される1月までにTOEICを勉強するという計画です。

が、まあ限りなく不可能に近いかと思います。笑

まとめ

以上、自分に合ったスケジューリングを行い、簿記検定合格、TOEICスコア取得のための勉強を進めていただければと思います。

就職活動において、日商簿記1級とTOEIC700点は本当に強力な武器となります。

就職活動の成否は学歴に大きく左右されることは事実ですが、この2つの資格は学歴の差をもひっくり返すほどの力を持っています。

皆さんの就職活動が、無事成功に繋がることを心からお祈りしております。

以下のページも是非ご覧ください。
>>文系大学生の就活は「TOEIC」と「簿記」があれば有利になる!
>>就活生必見!入社にTOEICスコアは何点必要?各企業の採用基準をまとめてみた