TOEIC特急シリーズのメリットとは?どれから始めるのがおすすめ?

このページでは、TOEICの特急シリーズの紹介と、数多くの特急シリーズの参考書をどれから、どのような順番で取り組むべきかという点を解説しております。

なお、特急シリーズ以外の参考書については、以下のページをご覧ください。
>>英単語帳はどう選ぶ?ターゲット、システム英単語、速読英単語を徹底比較
>>「ターゲット1900」と「ターゲット1400」の違いは?どう選ぶべき?

TOEICの特急シリーズとは?

特急シリーズとは、TOEICに特化した参考書のシリーズで、文法特急・単語特急・熟語特急など色々な種類が出版されています。

口コミから急激に人気が出てきた参考書で、今となっては書店の中でも目立つ位置に置かれていることが多いので、目にしたことがある人も多いかもしれませんね。

本自体は非常にコンパクトな作りになっているために持ち運びが便利で、混雑している電車の中でも周囲を気にせず勉強することができます。

また、この参考書にはCDは付いていませんが、出版社のウェブサイトから音声ファイルをダウンロードすることができますので、是非有効に活用するようにしてください。

私自身、過去に何冊かこのシリーズの本を使ったことがありますが、特に文法特急の完成度は素晴らしかったですね。

1冊回すのにそれほど時間も掛からないので、是非手に取ってみることをおすすめします。

特急シリーズのメリット

特急シリーズを使うことによるメリットは以下の通りです。

よく出題される項目を重点的に学習できる
短時間でスコアアップに繋げることができる
繰り返し反復学習して定着させやすい

特急シリーズは、要点が簡潔にまとめられた参考書と考えてください。

コンパクトな冊子の中にTOEICスコアを伸ばすための必須項目がぎっしりと詰まっています。

そのため、得点に結びつく項目だけを集中的に学習して、短期間でのスコアアップが見込めます。

1冊のボリュームはそれほど多くないので、繰り返し反復学習もしやすいですね。

特急シリーズのデメリット

特急シリーズを使うことによるデメリットは、1冊では範囲を網羅しきれないことです。

基本的に特急シリーズは、既にある程度の英語知識を持っている人が使うと非常に大きな効果を発揮します。

既に存在する英語知識の土台を、TOEIC仕様に補強してくれるようなイメージです。

しかし、あまり網羅性に優れているとは言えないので、英語の基礎が怪しい人については、まずは網羅系の参考書に取り組むべきでしょう。

目安としてはTOEICスコア500点以下の人は、特急シリーズではなく、まずは網羅系の参考書に取り組む方が良いですね。

網羅系の参考書のおすすめとしては、英単語・英熟語であればターゲットシリーズ、英文法であればForestやネクステージといったところですね。

これらは私も使っていた参考書なので、自信を持っておすすめします。

以下のページもご覧ください。
>>「ターゲット1900」と「ターゲット1400」の違いは?どう選ぶべき?

どの特急シリーズから取り組むべき?

さて、特急シリーズの特徴は理解したものの、まずはどの参考書から手を付ければ良いのでしょうか。

現時点で確認できている特急シリーズの参考書を一覧にしてみました。

まず最初に買うべき参考書は赤文字にしています。


英単語・英熟語

単語特急 新形式対策
難易度:★★★☆☆

単語特急2 語彙力倍増編
難易度:★★★★☆

単語特急3 頻出語言い換え集
難易度:★★★☆☆

熟語特急 全パート攻略
難易度:★★☆☆☆

出る単特急 金のフレーズ
難易度:★★★☆☆

出る単特急 銀のフレーズ
難易度:★★☆☆☆

英単語や英熟語は、基本的にはターゲットなどの網羅性の高い単語帳を使って学習することになるかと思いますので特急シリーズの重要度は低いです。
>>英単語帳はどう選ぶ?ターゲット、システム英単語、速読英単語を徹底比較

これらの単語帳は大学受験に対応するために幅広い分野の単語がカバーされていますので、特急シリーズはTOEIC受験直前の最終的な仕上げとして、要点を押さえて復習するために使用しましょう。

「単語特急シリーズ」がよくまとまっており、おすすめです。

TOEIC TEST 単語特急 新形式対策 (TOEIC TEST 特急シリーズ)

文法問題

1駅1題 文法特急
難易度:★★★☆☆

文法特急2 急所アタック編
難易度:★★★★☆

パート5特急 400問ドリル
難易度:★★★☆☆

パート6特急 新形式ドリル
難易度:★★★☆☆

900点特急 パート5&6
難易度:★★★★★

900点特急II 究めるパート5
難易度:★★★★★

文法問題のセクションは最も特急シリーズで補強すべきポイントです。

特急シリーズブームの火付け役と言っても過言では無い「文法特急シリーズ」だけは少なくとも取り組んでおくようにしましょう。

TOEIC TEST 単語特急 新形式対策 (TOEIC TEST 特急シリーズ)

英文読解

1駅1題 読解特急
難易度:★★★☆☆

読解特急2 スピード強化編
難易度:★★★★☆

読解特急3 上級編
難易度:★★★★★

読解特急4 ビジネス文書編
難易度:★★★☆☆

読解特急5 ダブルパッセージ編
難易度:★★★☆☆

初心者特急 読解編
難易度:★☆☆☆☆

サラリーマン特急 新形式リーディング
難易度:★★★☆☆

英文読解のセクションについても、たくさんの特急シリーズの参考書が出版されています。

ただ、このセクションについては無理に特急シリーズを使う必要も無いかな、という印象です。

もし余裕があれば、自分の難易度に合ったものを取り組んでみてください。

リスニング

初心者特急 パート1・2
難易度:★☆☆☆☆

初心者特急 パート3
難易度:★☆☆☆☆

初心者特急 パート4
難易度:★☆☆☆☆

パート1・2特急 難化対策ドリル
難易度:★★★☆☆

パート1・2特急II 出る問 難問240
難易度:★★★★☆

パート3・4特急 実力養成ドリル
難易度:★★★☆☆

パート3・4特急Ⅱ 実践トレーニング
難易度:★★★☆☆

サラリーマン特急 新形式リスニング
難易度:★★★★☆

サラリーマン特急 満点リスニング
難易度:★★★★☆

リスニングも特急シリーズでしっかりと補強しておくことを強くおすすめします。

リーディングよりもリスニングの方が断然スコアが伸びやすいセクションです。

このセクションは全部のシリーズに手を付けて欲しいくらいですが、強いて言えば最初は初心者特急から取り組みましょう。

ある程度得意な人でも、リスニングに限っては基礎から積み上げていく方が結果として近道になります。

TOEIC L&R TEST 初心者特急 パート1・2 (TOEIC TEST 特急シリーズ)

総合対策

入門特急 とれる600点
難易度:★☆☆☆☆

ドリーム特急 全パート実戦対策
難易度:★★★☆☆

全力特急 絶対ハイスコア
難易度:★★★☆☆

正解特急 ルール55
難易度:★★★☆☆

特急シリーズは要点を集中的に補強するための参考書です。

総合対策本については、特別な理由が無い限り、手を付けなくても良いかと思います。

もっと他に良い本はあります。

問題集

模試特急 新形式対策
難易度:★★★☆☆

模試特急 200問一本勝負
難易度:★★★☆☆

時短特急 ミニ模試×5回
難易度:★★★☆☆

新TOEIC TEST 正解特急2 実戦模試編
難易度:★★★☆☆

模試や問題集も、最初はTOEICの公式問題集で良いでしょう。

特急シリーズを買い揃えるのは結果的に割高になってしまいます。

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 1

まとめ

以上、特急シリーズについて紹介してきましたがいかがでしたか。

是非、皆さんが効果的に特急シリーズを活用して、ハイスコアを取得されることをお祈りしております。

以下のページも是非参考にしてくださいね。
>>TOEICを伸ばすにはリスニング・リーディングのどちらを勉強すべき?
>>TOEICリスニングは先読みテクニックだけで50点スコアアップする!