英単語帳はどう選ぶ?ターゲット、システム英単語、速読英単語を徹底比較

このページでは、英単語帳を選ぶにあたって、三大英単語帳である「ターゲット」「システム英単語(シス単)」「速読英単語(速単)」に絞って比較していきます。

これらの3シリーズは、大学受験を見据えた高校英語はもちろんのこと、大学生や社会人のTOEIC受験にも充分使える単語帳です。

是非このページを参考に、自分に合った英単語帳を探してみてください。

それでは早速、これらの単語帳を色々な点から比較していきましょう!

以下のページも合わせてご覧ください。
>>「ターゲット1900」と「ターゲット1400」の違いは?どう選ぶべき?
>>リクルートの学習アプリ、「スタディサプリ」のコスパが素晴らしい!

ターゲット、システム英単語、速読英単語の対象レベル

これら3シリーズとも、センター試験から最難関大学まで幅広く対応することが可能です。

ざっくりと、単語のレベルが簡単な順に並べてみます。

ターゲット1400  ⇒センター試験~中堅国公立・私大
速読英単語必修編 ⇒センター試験~中堅国公立・私大
システム英単語    ⇒センター試験~難関国公立・私大
ターゲット1900  ⇒センター試験~最難関国公立・私大
速読英単語上級編 ⇒中堅国公立・私大~最難関国公立・私大

上記の通り、単語帳によって収録されている英単語の難易度が大きく異なりますので、自分の目指す大学のレベルによって上手く使い分ける必要が出てきます。


ターゲット1400

⇒センター試験~中堅国公立・私大

センター試験から中堅国公立・私大(金沢大、広島大、MARCH関関同立レベル)まで対応できる英単語帳です。

センター試験レベルであれば、これ一冊だけで大丈夫です。

これだけをしっかりとこなせば、センター試験も9割以上取れますので、ターゲット1900にまで手を付けてしまうとオーバーワークになります。

ターゲット1400と1900との間で重複している単語が多くありますので、両方に手を付けるのは少し時間がもったいないです。

これらの大学よりも難しい大学を目指す場合は、最初からターゲット1900を購入するようにしましょう。

英単語ターゲット1400(4訂版) (大学JUKEN新書)

速読英単語必修編

⇒センター試験~中堅国公立・私大

難易度レベルは、おおむね上記のターゲット1400と同じです。

センター試験レベルであればこの必修編一冊だけで大丈夫です。

上級編の難易度は非常に高いので、むやみに上級編には手を付けないようにしましょう。

速読英単語1必修編[改訂第6版]

システム英単語

⇒センター試験~難関国公立・私大

センター試験から難関国公立・私大(横国大、神戸大、早慶下位学部レベル)まで対応できる英単語帳です。

ターゲット1900よりも単語数が多く、センター試験レベルの易しい単語が手厚くカバーされています。

しかしセンター試験だけを目標とする場合、この単語帳はややオーバーワークになってしまいます。

システム英単語 (駿台受験シリーズ)

ターゲット1900

⇒センター試験~最難関国公立・私大

センター試験から最難関国公立・私大(旧帝大、早慶上位学部レベル)まで対応できる英単語帳です。

個人的には最もおすすめの単語帳で、幅広い大学を狙うことができます。

センター試験レベルの非常に簡単な英単語については記載されていないものも多いので、不安を感じる人は単語帳のレベルを落としましょう。

中堅国公立・私大(金沢大、広島大、MARCH関関同立レベル)よりも下の大学を狙う受験生については、確実にオーバーワークになってしまいますので、この場合も単語帳のレベルを落としましょう。

英単語ターゲット1900 5訂版 (大学JUKEN新書)

速読英単語上級編

⇒中堅国公立・私大~最難関国公立・私大

中堅国公立・私大から最難関国公立・私大(東大、京大、早慶最上位学部)まで対応できる英単語帳です。

非常に難易度の高い英単語帳です。

東大、京大、ICU、東京外大、または英語1科目入試の大学のように、特別に高い英語力が必要となる大学を目指す場合は、速単の上級編がおすすめです。

しかし、上記のような特殊な大学を目指すのではないのであれば、手を付けるのはやめておきましょう。

速読英単語2上級編[改訂第4版]

ターゲット、システム英単語、速読英単語の特徴

これら3つのシリーズの英単語帳で、大きく異なるところは単語帳の構成です。

それぞれの単語帳の特徴を簡単に説明していきます。

ターゲット1400・1900

英単語と日本語訳が対になっている、正統派の英単語帳です。

英単語は試験に出やすい順に並べられています。

単語帳の最初の方の単語ほど何度も何度も繰り返し目を通すことになるので、試験に出やすい単語ほど記憶に深く定着しますね。

私は大学受験の時にこの単語帳を使いました。

当時は何とも思いませんでしたが、今になって思えば、非常によく考えて作り込まれている単語帳だと思います。

その上、複数の意味を持つ単語は、日本語訳も試験に出やすい順番に並べられていますので、効率的に偏差値アップに繋げることができます。

非常にベーシックかつシステマティックな、完成度の高い単語帳ですので、迷うのであればターゲットをおすすめします。

以下のページも参考にしてみてください。
>>「ターゲット1900」と「ターゲット1400」の違いは?どう選ぶべき?

システム英単語

フレーズとその日本語訳が対になっているタイプの英単語帳です。

例えば、「complain」という単語を覚える場合は、「complain about the noise」という英語フレーズと「騒音について苦情を言う」という日本語訳が載っています。

フレーズという少し長い区切りで覚えることにより記憶に定着しやすくなると言われていますが、その分、単語帳を1周回すのに時間がより多く掛かります。

前置詞などの前後の語句と合わせて覚えられるため、文法問題にも応用することができますね。

速読英単語必修編・上級編

文章の中で暗記していくタイプの英単語帳で、だいたい200語程度の長文の中に20語程度の重要単語が含まれています。

文章の中で使われている自然な形で英単語を覚えることができるという点が売りになっており、単語を覚えることができるだけでなく、文章を読み解く力や速読する力も合わせて身に付けることができます。

また、文章自体を暗記してしまうことにより、英作文問題にも応用が可能となります。

教科書のテキストに単語帳が付属しているようなイメージですね。

ターゲット、システム英単語、速読英単語の収録内容について

これまでに紹介してきたものは、どの単語帳もだいたい2000語前後ですが、ターゲット1400は約1,400語、システム英単語は約2,200語となっています。

価格はどの単語帳も約1000円で、大差はありません。

ターゲット1400・1900では、音声ファイルがウェブでダウンロードできるため、この点ではターゲットに軍配が上がります。

また、ターゲットと速読英単語はスマホアプリにも対応していますので、通学の電車の中など、いつでもどこでも勉強したい場合はこれらのシリーズがおすすめです。

まとめ

以上、三大英単語帳の特徴について紹介してきましたが、迷った場合は好きなものを選んでしまって構わないと思います。

どうしても決められないのであれば、ターゲットにしましょう。まず間違いありません。

迷う時間があったら、その時間を勉強時間に充てる方が有意義ですよ。

ひとつ重要なことは、むやみやたらに複数の単語帳に手を付けないことです。

東大や京大レベルでなければ、1冊の単語帳だけしっかりと完成させれば、充分余裕で合格できます。

この点だけは気を付けてくださいね。

英単語の暗記に関しては、以下のページも是非ご覧ください。
>>英単語ゴロ合わせ300語!高校英単語の暗記に使えるゴロをまとめてみた
>>一度覚えたら忘れない、英単語の効率的な暗記方法とは?