「過去形」と「現在完了形」の違いとは?ニュアンスと使い分けを解説

このページでは、混同しやすい「過去形」と「現在完了形」の違いと使い分ける方法について解説しています。

「過去形」と「現在完了形」はニュアンスがよく似ているため、なんとなく理解したままに次に進んでしまっている人が多いという印象があります。

違いをしっかりと押さえた上で、適切に使い分けができるように心掛けましょう。

以下のページも合わせてご覧ください。
>>英単語帳はどう選ぶ?ターゲット、システム英単語、速読英単語を徹底比較
>>リクルートの学習アプリ、「スタディサプリ」のコスパが素晴らしい!

「過去形」と「現在完了形」の違い

まずは、「過去形」と「現在完了形」の違いについて見ていきましょう。

文法面での違いは以下の通りです。

「過去形」 ⇒ 主語+動詞の過去形
「現在完了形」 ⇒ 主語+have(has)+動詞の過去分詞形

「現在完了形」の場合、三人称単数現在形の場合は「has」になりますね。(三単現の「s」)

また、意味の違いは以下の通りです。

「過去形」 ⇒ 「~した」
「現在完了形」 ⇒ 「~し終わった」「~したことがある」「~してしまった」「~している」

「現在完了形」 には、上記のように「完了」「経験」「結果」「継続」という4つの用法があります。

学校ではこれら4つの用法をしっかりと暗記するように言われたかもしれませんが、私はそこまでの必要性は無いように思います。

以下の図解で、「過去形」と「現在完了形」のニュアンスさえ掴んでおけば、4つの用法を丸暗記しなくても問題ありません。

それぞれ、図の赤い点、赤い矢印に関する話をしていると考えてください。

「過去形」の場合は過去の一時点のことについて話をしていて、現在もその状況が継続しているかどうかは分かりません。

一方で、「現在完了形」の場合は過去からの現在までのことについて話をしていて、しかもその状況は現在も継続しています。

このニュアンスについては、しっかりと押さえておいてください。

上でも述べたとおり、「現在完了形」 には「完了」「経験」「結果」「継続」という4つの用法がありますが、根本的な考え方は同じです。

「完了」は、「~し終わった」状態が継続している
「経験」は、「~したことがある」状態が継続している
「結果」は、「~してしまった」状態が継続している
「継続」は、「~している」状態が継続している

といった具合です。

「経験」に関して言うと、「イタリアに行ったことがある」という人は、1年後も10年後も「イタリアに行った」という事実に変わりはありませんよね。

また「結果」に関しては、「財布を失くしてしまった」という場合、財布は現在も手元にはありませんよね。

もし「財布を失くしたけど見つかった」という場合は、「失くす」という行為が現在まで継続していないので、「現在完了形」は使いません。

とにかく、「過去形」は過去の一時点のこと、「現在完了形」は過去から現在まで継続していること、というニュアンスだけはしっかりと押さえておきましょう。

「過去形」と「現在完了形」の使い分け

「現在完了形」の4つの用法について、それぞれ例を挙げて「過去形」との使い分けを確認していきましょう。


「現在完了形」 の「完了」用法

それでは、「現在完了形」 の4つの用法について、「過去形」と対比させながら見ていきましょう。

まずは、「~し終わった」の「完了」用法です。
例文を2つ並べてみましょう。

I cleaned my room.
I have cleaned my room.

上が「過去形」、下が「現在完了形」の文章ですね。

さて、あなたが部屋を掃除したということを会話相手に伝えたい場合、どちらの文章が適切でしょうか?

ちょっと考えてみてください。

いかがでしょうか。

正解は、「どちらの文章でも問題無い」です。

先ほど見た図解を思い出してみてください。

「過去形」は過去の一時点のこと、「現在完了形」は過去から現在まで継続していること、でしたね。

どちらも過去のことについて話しているので、両方正解です。

「過去形」と「現在完了形」の違いは、あくまでニュアンスの違い、伝えたいことの違いです。

分かりやすいように、上の文章を少しアレンジしてみましょう。

I cleaned my room an hour ago.
⇒ 私は1時間前に部屋を掃除した。

I have already cleaned my room.
⇒ 私は既に部屋を掃除し終わった。

どうでしょうか。

「過去形」は過去の一時点のことを表しますので、「いつ」掃除をしたかということを強調したい場合は「過去形」を使います。

この場合は、1時間前(an hour ago)ですね。

「現在完了形」は過去から現在まで継続していることを表すので、「いつどのタイミングで」掃除をしたかは重要ではありません。

掃除を「既に(already)終わらせた」ということを強調したい場合は「現在完了形」を使います。

まとめると、「過去形」と「現在完了形」の使い分けのポイントは、「何を伝えたいのか」という点にあります。

それでは、他の3つの用法も見ていきましょう。

「現在完了形」 の「経験」用法

次に、「~したことがある」の「経験」用法です。

こちらも、例文を2つ並べてみます。

I went to Taiwan two years ago.
⇒ 私は2年前台湾に行った。

I have been to Taiwan several times.
⇒ 私は数回台湾に行ったことがある。

上が「過去形」、下が「現在完了形」の文章ですね。

繰り返しになりますが、「過去形」は過去の一時点のことを表しますので、「いつ」行ったかということを強調したい場合は「過去形」です。

この場合は「2年前(two years ago)」ですね。

「現在完了形」は過去から現在まで継続していることを表すので、「いつ」行ったかは重要ではありません。

とにかく、「行った」ということを強調したい場合は「現在完了形」を使います。

過去から現在までの継続的な時間の中で「数回(several times)」行ったことがあるので、やはりこの場合は「現在完了形ですね。

「現在完了形」 の「結果」用法

次に、「~してしまった」の「結果」用法です。

こちらも、例文を2つ並べてみます。

I lost my wallet yesterday.
⇒ 私は昨日財布を失くした。

I have lost my wallet.
⇒ 私は財布を失くしてしまった。(今も無い)

同様に、「いつ」失くしたかを強調したい場合は「過去形」を使います。

「過去形」の場合、現在は財布が手元に有るかもしれませんし、無いかもしれません。

一方、「現在完了形」の場合は「財布を失くした」という状態が現在も継続しています。

「現在完了形」 の「継続」用法

最後に、「~している」の「継続」用法です。

以下、例文です。

I stayed Kyoto two weeks ago.
⇒ 私は2週間前に京都に滞在した。

I have stayed Kyoto for three days.
⇒ 私は3日間京都に滞在している。

「いつ」というタイミングを強調したい場合は「過去形」を使います。

この場合、話者が現在京都にいるかどうかは分かりません。

「継続してきた期間」を強調したい場合は「現在完了形」を使います。

この場合、話者は現在も京都にいます。

まとめ

以上、「過去形」と「現在完了形」の違いと使い分けについて解説してきましたが、いかがでしたか。

「現在完了形」には4つの用法がありますが、これまで説明してきたとおり、根本的な考え方は同じです。

違いをしっかりと押さえた上で、伝えたいことに応じて適切に使い分けができるように心掛けましょう。

以下の関連ページも是非ご覧ください。
>>「現在完了形」と「過去完了形」の違いとは?図解で分かりやすく解説
>>「仮定法」「仮定法過去」「仮定法過去完了」の違いと構文の覚え方