「仮定法」「仮定法過去」「仮定法過去完了」の違いと構文の覚え方

このページでは、高校英語のつまずきポイントである「仮定法」「仮定法過去」「仮定法過去完了」の違いについて詳しく解説していきます。

私も高校時代には、このあたりの文法・構文に対しては強い苦手意識を持っていた記憶があります。

しかし一度だけしっかりと理解してしまえば、後はもう怖いもの無しになりますので、ポイントを確実に押さえておくようにしてください。

以下のページも是非どうぞ。
>>リクルートの学習アプリ、「スタディサプリ」のコスパが素晴らしい!
>>高校生必見!英語への苦手意識を克服するためのおすすめ勉強法

それでは、スタートです。

「仮定法」「仮定法過去」「仮定法過去完了」の違い

まずは、この英文を訳してみてください。

1. If it is sunny tomorrow, I will go shopping.

いかがでしょうか。

「もし明日晴れならば、私は買い物に行く。」という意味です。

未来のことを話していますが、Ifの後は「現在形」になっていますね。

これは将来の「仮定法」ですので、中学英語の学習範囲です。

便宜上、これ以降は「仮定法将来」と呼ぶことにしましょう。

それでは、高校英語の学習範囲に移ります。

これら2つの英文を訳してみてください。

2. If it was sunny, I would go shopping.
3. If it had been sunny, I would have gone shopping.

できましたか?

2番の英文は「仮定法過去」で、日本語に訳すと、「もし(現在が)晴れならば、買い物に行くのに。」となります。

また、3番の英文は「仮定法過去完了」で、日本語に訳すと「もし(過去が)晴れだったならば、買い物に行ったのに。」となります。

もし正確に訳せなかった場合は、下の説明を読んでくださいね。


「仮定法将来」「仮定法過去」「仮定法過去完了」の注意点

さて、ここで注意してほしいことが2点あります。

まず1つ目、1番の例文においては現実が「晴れ」になるかどうか分かりませんが、2番と3番の例文においては現実は「晴れ」ではありません。

つまり、「仮定法過去」と「仮定法過去完了」の場合は、現実とは異なることを仮定して会話をしているのです。

次に2つ目、そもそも「仮定法過去」「仮定法過去完了」という名称そのものがややこしいのですが、

「仮定法過去」は「現在」のこと
「仮定法過去完了」は「過去」のこと

について、会話をしているということを押さえておいてください。

「仮定法過去」と「仮定法過去完了」の構文

で、結局違いは何なの?よく分かんないよ!と思われるかもしれませんね。

すみませんが、もうしばらくお付き合いください。

では、もう一度先ほどの3つの英文を見直してみましょう。

1番が「仮定法将来」、2番が「仮定法過去」で、3番が「仮定法過去完了」でしたね。

1. If it is sunny tomorrow, I will go shopping.
2. If it was sunny, I would go shopping.
3. If it had been sunny, I would have gone shopping.

これらの構文をまとめると、次のようになります。

仮定法将来 ⇒
If+主語+動詞原形, 主語+will+動詞原形.

仮定法過去 ⇒
If+主語+動詞過去形, 主語+would+動詞原形.

仮定法過去完了 ⇒
If+主語+had+動詞過去分詞形, 主語+would+have+動詞過去分詞形.

なお、「would」の部分は「could」や「might」になることもあります。

「はい、ではこの構文を暗記してください。」というように高校では教わるかと思いますが、こんなのやってられませんよね。

もうちょっと簡単に覚えることにしましょう。

「仮定法過去」と「仮定法過去完了」の構文の覚え方

それでは、もうちょっと噛み砕いていきましょう。

再度、ここまでのポイントをまとめておさらいしますね。

仮定法将来 ⇒ 将来の話(未確定)
「もし将来が~なら、~だ。」
If+主語+動詞原形, 主語+will+動詞原形.

仮定法過去 ⇒ 現在の話(確定済:現実とは異なる話)
「もし現在が~なら、~なのに。」
If+主語+動詞過去形, 主語+would+動詞原形.

仮定法過去完了 ⇒ 過去の話(確定済:現実とは異なる話)
「もし過去が~だったら、~だったのに。」
If+主語+had+動詞過去分詞形, 主語+would+have+動詞過去分詞形.

はい。やっぱり構文のところは覚えにくいですよね。

ちょっと分かりやすくしてみましょう。

仮定法将来(将来の話) ⇒ If+現在, 将来.
仮定法過去(現在の話) ⇒ If+過去, would+現在.
仮定法過去完了(過去の話) ⇒ If+過去完了, would+現在完了.

これでどうでしょうか。

正直、これだけ覚えておけばなんとかなります。

覚えるときのポイントとしては以下の3つです。

・「if」節の時制を一段階昔にスライドさせる
・現実とは異なる話をするときは「would」を付ける
・「過去の過去(大過去)」は「過去完了」にする

「将来の話」をするときは「If+現在, 将来.」、「現在の話」をするときは「If+過去, 現在.」というように、「if」節の時制だけを一段階昔にスライドさせて遅らせましょう。

また、現実とは異なる話をするとき(仮定法過去と仮定法過去完了)は、「would」「could」「might」を付けましょう。

「過去の話」をするとき(仮定法過去完了)は、このルールで考えると「If+過去の過去, 過去」となってしまいますが、「過去の過去」つまり「大過去」は「過去完了」で表現することになります。

つまり、「過去の話」をするときは「If+過去完了, 現在完了」になると考えてください。

学校の先生には怒られてしまいそうですが、これで基本的には問題無く対応できるはずです。

まとめ

以上、「仮定法」「仮定法過去」「仮定法過去完了」の違いについて解説してきましたが、いかがでしたか。

一度理解さえしてしまえば、後は得点源にできる分野ですので、頑張って取り組んでみてくださいね。

以下のページも是非ご覧ください。
>>英単語ゴロ合わせ300語!高校英単語の暗記に使えるゴロをまとめてみた
>>文系の高校生が重点的に勉強すべき科目は英語?国語?それとも社会?