「ありがとう」の英語表現一覧まとめ!thank, appreciate, gratefulなど

このページでは、「ありがとう」という感謝を表すための英語表現をまとめて紹介しています。

「thank you」の他にもたくさんの表現方法がありますので、是非色々なパターンを覚えて使いこなしていただければと思います。

以下のページも是非ご覧ください。
>>英語のビジネスメールで使える文例をまとめてみた
>>「お世話になっております」は英語にどう訳す?英文メールでの表現は?

まず覚えるべき「ありがとう」の3パターン

それでは早速、「ありがとう」という感謝の英語表現について紹介していきます。

基本的には、ベースとなる以下の3パターンをしっかりと覚えておきましょう。

・Thank you for ~
・I appreciate ~
・I am grateful for ~

この「~」の部分に、後ほど紹介する「部品」を組み合わせて使うようにすると、表現のレパートリーを大きく広げることができます。

例えば、「~」の部分に「your cooperation(あなたのご協力)」という部品を組み合わせると、

・Thank you for your cooperation.
・I appreciate your cooperation.
・I am grateful for your cooperation.

といった感じで、「ご協力ありがとうございます」という英語表現を3パターン作ることができますね。

「thank you」を基本に、「appreciate」や「grateful」の表現も織り交ぜつつ文章を構成していくと、自然な印象になるかと思います。

「ありがとう」に組み合わせる「部品」一覧

次は、「ありがとう」に組み合わせるための「部品」を紹介していきます。

上では「your cooperation」を例に挙げましたが、その他にも役に立つ表現はたくさんあります。

ベースは3パターンだけで充分ですが、こちらは出来るだけ多くのレパートリーを持っていた方が便利なので、覚えられるだけ覚えてしまいましょう。

・Thank you for ~
・I appreciate ~
・I am grateful for ~

「~」の部分に組み合わせて使うようにしてください。

「ありがとう」に組み合わせるための部品一覧

・your cooperation
⇒ ご協力を(ありがとう)

・your help
⇒ 助けてくれて(ありがとう)

・your support
⇒ 助けてくれて(ありがとう)

・your kindness
⇒ ご親切に(ありがとう)

・everything
⇒ 色々と(ありがとう)

・today
⇒ 今日は(ありがとう)

・your e-mail
⇒ メールを(ありがとう)

・your reply
⇒ ご返信を(ありがとう)

・your prompt reply
⇒ 素早いご返信を(ありがとう)

・your quick response
⇒ 素早いご対応を(ありがとう)

・your kind response
⇒ 親切なご対応を(ありがとう)

・your calling
⇒ お電話を(ありがとう)

・your message
⇒ メッセージを(ありがとう)

・following me
⇒ フォローしてくれて(ありがとう)

・your attention
⇒ ご清聴いただき(ありがとう)

・your time
⇒ 時間を割いてくれて(ありがとう)

・your thoughtfulness
⇒ ご厚意を(ありがとう)

・your concern
⇒ ご配慮いただき(ありがとう)

・your effort
⇒ ご尽力いただき(ありがとう)

・your understanding
⇒ ご理解いただき(ありがとう)

・your inquiry
⇒ お問合せいただき(ありがとう)

・your order
⇒ ご注文いただき(ありがとう)

・the offer
⇒ ご提案を(ありがとう)

・your kind words
⇒ 親切な言葉を(ありがとう)

・your advice
⇒ アドバイスを(ありがとう)

・listening
⇒ 聞いてくれて(ありがとう)

・coming
⇒ 来てくれて(ありがとう)

・telling me
⇒ 教えてくれて(ありがとう)

・giving me a hand
⇒ 手を貸してくれて(ありがとう)

・accepting my request
⇒ 提案を受け入れてくれて(ありがとう)

・permitting it
⇒ お許しいただき(ありがとう)

・pointing it out
⇒ ご指摘いただき(ありがとう)

・your warning
⇒ ご忠告いただき(ありがとう)

・the beautiful gift
⇒ 素敵な贈り物を(ありがとう)

・the birthday wishes
⇒ 誕生日のお祝いを(ありがとう)

・all you did
⇒ あなたがしてくれた全てのことに(ありがとう)

などなど、色々なフレーズを組み合わせることができますね。

是非活用してみてください。

「thank」の使い分けやアレンジ例

次に、thank, appreciate, gratefulの使い分けやアレンジ例を紹介したいと思います。

まずは「thank」です。

「thank」は「感謝する」という意味の動詞や、「感謝」という意味の名詞として用いられます。

「ありがとう」と伝えたいときには最も頻繁に使われる表現ですね。

上ではThank you for ~という表現を紹介しましたが、その他にも色々な表現が可能です。

「thank」のアレンジ例

Thank you.
⇒ ありがとうございます。

一般的な感謝の表現です。

Thank you very much.
⇒ どうもありがとうございます。

強く感謝する際の表現です。

感謝の気持ちを印象付けたいときに使いましょう。

Thanks a lot.
⇒ どうもありがとう。

カジュアルな表現です。

「色々ありがとね」というようなニュアンスと考えてください。

Thank you in advance.
⇒ よろしくお願いします。

相手に何かをしてもらうときに事前に感謝を伝えておくための表現で、ビジネスにおいては非常に便利なフレーズです。

ただ、相手が依頼を受けてくれることが前提になるので、使いどきによっては相手を不快にさせてしまう可能性があるため注意が必要です。

Thanks anyway.
⇒ とにかくありがとう。

何かを提案してもらったけど断る場合や、何かをしてもらったけど役に立たなかった場合に使える表現です。

「Thank you anyway.」という形でもよく用いられます。

Thank you from the bottom of my heart.
⇒ 心の底から感謝します。

とても深い感謝を伝えるときに使えるフレーズです。

やや大袈裟な表現なので、使い過ぎには注意しましょう。

thx
⇒ ありがとう

「thanks」が略されたもので、メールやSNSで使えるカジュアルな表現です。

「thnx」と表記することもあります。

「appreciate」の使い分けやアレンジ例

「appreciate」は「感謝する」という意味の動詞です。

上で紹介した「thank」よりも丁寧でフォーマルな印象のある表現となり、ビジネスシーンでもよく使われます。

「appreciate」の後ろには「人」ではなく、「物事」が入るので注意しましょう。

I appreciate you. ではなく、I appreciate your cooperation. となりますね。

上ではI appreciate ~というフレーズを紹介しましたが、副詞を入れることで様々なニュアンスの表現が可能です。

「appreciate」のアレンジ例

I sincerely appreciate ~
⇒ 心からありがとうございます。

「sincerely」は、「心から、本当に」という意味の副詞です。

I greatly appreciate ~
⇒ とても感謝しています。

「greatly」は、「非常に、大いに」という意味の副詞です。

I really appreciate ~
⇒ 本当にありがとう。

よく使われる表現です。

上の2フレーズに比べると若干カジュアルな表現となります。

「grateful」の使い分けやアレンジ例

「grateful」は「感謝して」という意味の形容詞です。

上で紹介した「thank」は神や自然現象などに対して感謝するときにも使われますが、「grateful」は基本的には誰かに何かをしてもらったときに使う英単語です。

上ではI am grateful for ~というフレーズを紹介しましたが、その他にも以下のように色々な形で使うことができます。

・I am grateful for your cooperation.
・I am grateful to you.
・I am grateful to you for your cooperation.

また、副詞を入れることで様々なニュアンスの表現も可能です。

「grateful」のアレンジ例

I am so grateful for ~
⇒ とても感謝しています。

「so」は、「とても、非常に」という意味の副詞です。

I am forever grateful for ~
⇒ ご恩はずっと忘れません。

「forever」は、「永久に、常に」という意味の副詞です。

I am deeply grateful for ~
⇒ 深く感謝しています。

「deeply」は、「深く、とても」という意味の副詞です。

「ありがとう」を表すその他の表現

これまでに紹介してきたフレーズの他にも、知っておくと便利な「ありがとう」の表現はたくさんあります。

最後に少しだけ紹介して、終わりにしたいと思います。

I am full of gratitude.
⇒ 感謝の念でいっぱいです。

「gratitude」は、「感謝、謝意」という意味の名詞です。

You have been very helpful.
⇒ とても助かりました。

「helpful」は、「役に立つ、有益な」という意味の形容詞です。

I am much obliged.
⇒ とても感謝しています。

丁寧な感謝の表現です。

「obliged」は、「感謝して、ありがたく思って」という意味の形容詞です。

I owe you one.
⇒ 恩にきるよ。

感謝を表すカジュアルな表現です。

「あなたにひとつ借りを作ったね」というニュアンスです。

Thank a bunch.
⇒ どうもありがとう。

「bunch」は、「束」という意味の名詞です。

主にアメリカで使われるフレーズで、「Thanks a lot.」に近い意味のカジュアルな表現です。

Cheers!
⇒ どうも。

主にイギリスでよく使われる表現です。

軽い感謝を表すときに用いられます。

Ta.
⇒ ありがと。

「Thank you.」が省略されたもので、主にオーストラリアなどで使われるフレーズです。

友人同士などで使う、カジュアルな表現です。

まとめ

以上、「ありがとう」という感謝を表すための英語表現を紹介してきました。

「Thank you.」だけでなく、色々な表現を使えるようになれば会話の幅も広がるかと思います。

このページが皆さんのお役に立てば幸いです。

以下のページも是非どうぞ。
>>「お疲れ様です」は英語にどう訳せば良い?英文メールやレターでの表現
>>アメリカ英語とイギリス英語、世界の国々ではどちらが話されている?