「banish」と「vanish」の意味の違いとおすすめの覚え方

このページでは「banish」と「vanish」の意味の違いと、記憶に残りやすいおすすめの覚え方について紹介しています。

「banish」「vanish」という2つの単語ですが、意味もなんとなく似ている上に、発音も「b」と「v」の違いだけなので、非常に混同しやすい単語かと思います。

この機会にしっかりと両者の違いを押さえて、正しい使い方ができるようになりましょう。

なお、以下のページも合わせてご覧ください。
>>スペルが似ていて間違えやすい・紛らわしい英単語50組を一覧で紹介
>>リクルートの学習アプリ、「スタディサプリ」のコスパが素晴らしい!

それでは、早速スタートです!

「banish」と「vanish」の意味と発音の違い

まずは、「banish」と「vanish」という2つの単語について、意味の違いを簡単に見ていきます。

「banish」 ⇒ 追放する、追い払う
「vanish」 ⇒ 消える、見えなくなる

次に、2つの単語の発音の違いです。

「b」と「v」の部分だけが異なっていて、その他は同じです。

「banish」 ⇒ bˈænɪʃ
「vanish」 ⇒ vˈænɪʃ

うーん、どうしても「b」と「v」がごちゃ混ぜになってしまうので、スペルと意味を紐付けて覚えるのはなかなか難しいですよね。

次のセクションでは、記憶に定着するおすすめの暗記法を含め、それぞれの単語について詳しく見ていきましょう。

「banish」の意味、おすすめの覚え方

まずは、「banish」について確認していきましょう。

「banish」は、基本的には「追放する、追い払う」という意味の動詞として使われます。

何か罪を犯した人を、罰として外に追い出すようなニュアンスと捉えてください。

その他にも、心配事などを「払いのける」という意味でも使われることがあります。

「追放する」という意味を持つ単語としては、「banish」の他に「exile」や「deport」という単語も存在しますが、これらの単語の方が使用できる範囲は狭いと考えてください。

「exile」は、政治的な理由により国外追放される場合に使われるので、日常的な会話ではほとんど使いません。

もちろん、音楽ユニットの「エグザイル」はこの単語に由来しています。

一方で「deport」は、パスポートに不備があるなどの理由により国外退去させる際に使われます。

少し話が横にそれてしまいましたが、記憶に残りやすい「banish」の覚え方を紹介していきます。

まず、よく動画サイトを閲覧している人は、「ニコ生でBANされる。」と覚えると記憶に残りやすいかと思います。

「BAN」とは、問題があるユーザーの動画配信を中断させたり、アカウントを停止することです。

アカウントを停止されることは「垢BAN」される、とも言いますね。

つまりこれは、あるユーザーを「追放する」ということです。

これさえ覚えておけば、「b」か「v」で迷うことも少なくなりますね。

「BAN」って何?よく分からないよ、という人は別の覚え方を試してみましょう。

「バングラデシュ(Bangladesh)に追放する」と覚えるか、「abandon(見捨てる)」という単語と関連付けて覚える方法を試してみてくださいね。

「vanish」の意味、おすすめの覚え方

次は「vanish」について見ていきましょう。

「vanish」は、「消える、見えなくなる」という意味の動詞です。

ニュアンスとしては、「これまで見えていたものが、突然無くなってしまう」といった感じです。

その他にも、数学においては「ゼロになる」という意味で使われることもあります。

「消える」という意味を持つ似た単語としては、「fade」や「disappear」がありますね。

「fade」は、突然ではなく、だんだんと見えなくなるときに使います。

日本語でも「フェードアウト」という表現はよく使いますね。

また、「disappear」は最も広い範囲で使うことができ、すぐに消える場合でも、ゆっくりと消える場合でも違和感無く使うことができます。

さて、「b」と「v」を区別するための覚え方を紹介します。

こちらは、「バニラ(vanilla)アイスが溶けて消える」と覚えましょう。

「vanish」は突然消えることなので、ゆっくり溶けるアイスクリームを連想してしまうと意味は少しずれてしまいます。

厳密な表現ではありませんが、あくまで「banish」と区別するための覚え方とご理解ください。

まとめ

以上、「banish」と「vanish」の意味の違いとおすすめの覚え方を紹介してきましたが、いかがでしたか?

もう一度要点をまとめると、

「banish」 ⇒ 追放する ⇒ 「ニコ生でBANされる」と覚える
「vanish」 ⇒ 消える ⇒ 「バニラ(vanilla)アイスが溶けてなくなる」と覚える

となります。

この機会にしっかりと違いを理解していただき、いざという時に迷わずに使い分けられるようにしましょう。

是非、以下のページもご覧ください。
>>cooperationとcorporationの違いって?スペル記憶法、発音方法を伝授
>>「fit」「suit」「match」の違いとは?意味や使い方に注意しよう