集中できないときはカフェで英語勉強しよう!勉強場所に適している理由とは?

日頃の英語学習お疲れ様です。

受験のため、資格取得のため、自己啓発のため、仕事のためなど、皆さん色々な理由で英語を勉強されているかと思いますが、誰だって勉強することは苦しいことです。

学問に王道無しとはよく言われますが、それでも出来ることならば楽に英語学習に集中したいものですよね?

勉強がしんどいときや、どうしてもやる気が出ないときの解決策として、勉強に集中できるとっておきの方法を紹介します。

その方法とは、カフェや喫茶店で英語の勉強をすることです。

この方法は、過去に私が米国公認会計士の受験勉強をしていたときによく使っていた方法ですが、集中力やモチベーションの維持には非常に効果がありました。

皆さんも一度試してみてください。

なお、以下のページも合わせてご覧ください。
>>勉強場所としての観点からカフェ・飲食店チェーンを比較してみた
>>リクルートの学習アプリ、「スタディサプリ」のコスパが素晴らしい!

カフェや喫茶店を勉強場所とするメリット

カフェや喫茶店で英語の勉強をするメリットは、次の通りです。

集中を阻害する障害物を断ち切ることができること
お金を支払っているので、勿体無いという意識が芽生えること
他にも勉強をしている同志がいること

これら3つのメリットについて、1つずつ解説していきます。


集中を阻害する障害物を断ち切ることができること

皆さんが自宅で勉強をしていると、つい集中力を削がれてしまうものってありますよね。

面白いテレビ番組だったり、漫画やゲームだったり、家族との会話だったり、人によって異なるかと思いますが、何かしら思い当たる節はあるかと思います。

しかし、自宅ではなく外に出て勉強することで、これらの誘惑や障害物を全てシャットアウトすることができます。

あ、スマホや携帯電話はどうしようも無いので、家に置いておくか、電源を切っておきましょうね。

少し話がそれますが、スマホだって使い方によっては英語学習の強い味方になります。

詳しくは、以下のページへどうぞ。
>>スマホの音声入力機能は英語の発音トレーニングに使える!

お金を支払っているので、勿体無いという意識が芽生えること

上で書いた通り、外出して勉強することが1つのポイントではあります。

ただし、勉強するロケーションとしては、学校や図書館のような無料の自習スペースよりも有料のカフェや喫茶店がお勧めです。

ポイントとなるのは、勉強するためにお金を掛けるという点です。

無料で使える勉強場所の場合、少しだけしか勉強しないうちに飽きてきて集中力が切れ、結局すぐに自宅に帰ってしまうことも多いのではないでしょうか。

しかし、カフェのように自分のお金を払って勉強場所を確保している場合は、せっかくお金を払ってるんだから、すぐに家に帰ってしまうのは勿体無い、というように抑止力が働きます。

ダイエットを決意するときに、スポーツジムに長期間の会費をとりあえず前払いしてしまうことと考え方は同じですね。

お金を払うという方法だけでなく、あえて遠くの勉強場所に行くという方法でも構わないかと思います。

勉強をするために、何らかの小さな犠牲や痛みを伴わせるという点がキーポイントです。

他にも勉強をしている同志がいること

自分の他にも何人かが勉強しているような空間で勉強することがポイントです。

例えば、サウナの小部屋に入ることを考えてみると良い例になります。

自分がサウナに入ったときに先客がいたとします。

暑さに我慢しきれず、先にいた人達よりも早くサウナを出てしまうのは、なんだか恥ずかしくないですか?

同様のことが、カフェでの勉強についても言えます。

カフェでは、テキストを広げて勉強をしている人が沢山います。

近くの席では自分より若い子達が何時間も受験勉強しているのに、自分だけ延々とスマートフォンを触っていたり、少ししか勉強していないのにすぐに集中力が切れて、家に帰ってしまうのは恥ずかしいですよね。

自分ひとりで勉強していると、「なんで俺だけこんなに勉強してるんだ」と孤独を感じてしまうことがありますが、近くで勉強している人がいると、「あの人も頑張っているんだ」と目に見えない仲間意識が生まれます。

そういった仲間意識も、勉強に対するモチベーション維持に役立ちますね。

そもそもカフェや喫茶店で勉強してもいいの?

インターネットやツイッターを覗いてみると、「カフェで勉強してる人が迷惑だ」「勉強するなら家か図書館でやってくれ」などという意見を持つ人もいるようです。

しかし、その考え方は正しいのでしょうか。

そもそもカフェとは、お客さんがコーヒーやお茶を飲みながら、思い思いに好きなことをして時間を過ごせる場所のはずです。

お喋りするもよし、居眠りするもよし、仕事をするもよしと来れば、勉強するもよし、となるはずです。

コーヒーやお茶の代金には、そのカフェスペースで過ごす時間の代金も含まれているわけですから、まったく問題ありませんよね。

あ、もちろん「自習禁止」という貼り紙がされているにもかかわらず勉強をしたり、消しカスを残して帰るのはダメですよ。

さて、ここからは個人的な意見になりますので、さーっと読み流してください。

私の家の近くにもいくつかカフェがありますが、最近「自習禁止」という貼り紙をしているカフェが増えてきています。

私にはこの意味が分かりません。

上にも書きましたが、「カフェ」とはお客さんがコーヒーやお茶を飲みながら、思い思いに時間を過ごせる場所のはずです。

長時間ボーっとしているおじいちゃんや、コーヒーが空なのに大きな声で井戸端会議をしているおばさん集団、読書をしている人々は許されて、なぜ勉強をするという行為だけが禁止されるのでしょうか。

お店の回転率を上げるために長時間の席の利用を制限したいのであれば、一部のお客さんだけを排除するのではなく、全てのお客さんの利用時間を制限しなければ公平ではありません。

「自習禁止」という貼り紙ではなく「混雑時のお席のご利用は1時間まで」という貼り紙があるべきではないでしょうか。

そもそも、座席の混雑は利用客の責任ではなく、空席を上手くマネジメントできない店舗側の責任です。

長い時間お喋りしているお客さんが悪いわけでも、自習しているお客さんが悪いわけでもないと思います。

自習という特定の目的で利用しているお客さんだけをスケープゴートにして、席が空いていないという不満の矛先を、店舗ではなく一部のお客さんに向けさせるやり方には強い違和感を覚えます。

とは言うものの、お店にだってお客さんを選ぶ権利はあります。

「自習禁止」の貼り紙がある場合には、それがお店のルールですからそれに従いましょう。

そして、そのカフェが潰れることを祈いつつ、次からは他のお店に行きましょう。

まとめ

以上、最後に個人的な意見も入ってしまいましたが、いかがだったでしょうか。

もちろん空席状況には気を遣いつつ、周りの人達には迷惑を掛けない範囲でカフェや喫茶店でも英語の勉強に取り組んでみてくださいね。

以下のページも是非合わせてご覧ください。
>>勉強場所としての観点からカフェ・飲食店チェーンを比較してみた
>>英語学習が辛いとき、モチベーションや集中力をキープする方法とは?