「主任」を英語で表記すると?名刺にはどのように書けばいい?

このページでは、英語の名刺や英文メールの署名の中で、「主任」という役職名をどう表現すればいいのか、英訳する際の考え方と英訳例を紹介しています。

グローバル化の進んだ現代においては、国境を越えてビジネスが行われることも珍しくないため、英語版の名刺をお持ちの人も多いかと思います。

国内でビジネスをしていても、英語と日本語の両面印刷の名刺を目にする機会が非常に多いですね。

また、メール末尾の署名についても、英語を併記している人は沢山おられます。

さて、このように英語で名刺や署名を作成するとき、ちょっと困るのが役職名の書き方です。

ここでは「主任」といった肩書きの表記について、考えていきましょう。

以下のページも是非どうぞ!
>>英語で部署名や役職・肩書きはどう表記する?名刺やメール署名の書き方
>>英語力と年収の関係まとめ!自分の適正年収を知ろう!

「主任」という役職名の英語表記方法

「主任」という肩書きを名刺や署名に英語で記載する場合に、一般的には以下のように表現されることが多いです。

日本語で一口に「主任」といっても、組織のリーダーだったり、少し経験豊富な一担当者だったり、その実態は色々ありますよね。

これらの中から、自分のポジションに最も適したものを使うようにしてください。

・Chief
・Head
・Leader
・Supervisor
・Senior Staff
・Manager
・Assistant Manager


Chief

「Chief」は「主任」という役職の英訳として、名刺などでの使用率は最も高いかと思います。

ニュアンスとしては、「班長」のような感じになりますね。

Head

何らかの組織のトップの場合には、この「Head」もよく使われます。

組織の規模にもよりますが、比較的偉いイメージです。

Leader

チームなどの組織のトップの場合には、この「Leader」も使われます。

チームの規模にもよりますが、一般的に「Head」ほどは偉くないイメージです。

Supervisor

「Supervisor」は担当組織を監視するような職務の人がよく使う肩書きです。

Senior Staff

特に組織のトップではないけれど、勤続年数が増えて肩書きだけ平社員から主任に昇格したというような場合は「Senior Staff」が良いかと思います。

一般社員の中でも上の方に位置するというイメージです。

Manager

「Manager」は組織を統括して動かしていく職務の人に使われる肩書きで、主任でもたまに使われます。

しかし、基本的には部長や課長が使うような肩書きなので、特別な理由が無い限り、使用は避けるほうが良いでしょう。

Assistant Manager

「Assistant Manager」も主任クラスの人にはよく使われる肩書きです。

組織長を補佐する役割の、組織の二番手、三番手といったイメージですね。

なお、社内規定でそれぞれの役職名の英語での記載方法を定めている会社もあります。

その理由は後述しますが、最近はこのような英語表記の規定やガイドラインを定めている会社が多くなってきています。

あらかじめ、自分の会社の社内規定・ガイドラインを確認し、もし規定がある場合にはその取り決めに従ってください。

英語の役職名には明確な序列が存在しない

日本における企業組織の場合、「部長」「課長」「係長」の順に偉いという序列は常識で、同じ組織ツリーの中ではこの順番がひっくり返っている会社は無いはずです。

しかし、英語圏における企業組織においては、このようにどの会社でも通用するような役職名の序列はありません。

とある会社の中で役職名による序列があっても、違う会社では役職の呼び方が違ったり、序列が逆だったりすることがあるため、役職名を見ただけでは判断できないことが多いです。

つまり、「部長」「課長」「係長」のような、どの企業でも通用するような肩書きというものは英語圏の企業には存在しないと考えてください。

その都度、それぞれの会社の状況や実態に応じて判断していくこととなります。

そのため、日本における役職名を英語に訳していくときはちょっと注意が必要です。

他のサイトも確認してみましたが、「部長」を「Manager」として英訳しているサイトもあれば、「課長」を「Manager」として英訳しているサイトもあります。

そもそも上記のような事情があるため、日本語と英語が1対1で対応せず、これが正解でこれが誤りといったものはありません。

しかし同じ企業の中で、とある部長が「Manager」という役職名を使い、とある課長も「Manager」という役職名を使ってしまうと、序列が分からなくなってしまうので、これは問題です。

少なくとも同じ企業内では序列の整合性を取る必要があります。

そのため、上でも述べましたが、英語での役職名の表記方法を社内規定やガイドラインで取り決めている企業が多くなってきているのですね。

まとめ

主任といった役職名の英訳例と、日本語と英語の役職名の考え方について紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

是非、名刺や署名を作成する上での参考にしてみてください。

以下のページでは、その他の役職についても特集しておりますので、是非こちらもご覧ください。
>>英語で部署名や役職・肩書きはどう表記する?名刺やメール署名の書き方
>>「一般社員」「平社員」って英語でどう表記する?名刺や署名欄の書き方