「一般社員」「平社員」って英語でどう表記する?名刺や署名欄の書き方

このページでは、英語の名刺や英文メールの署名欄において、「一般社員」「平社員」といった役職名をどう表記すればいいのか、様々な記載例を紹介しています。

近年、ビジネスのグローバル化に伴って、英語併記の名刺を作る人が増えてきています。

また、メール末尾の署名欄についても、日本語と英語が併記された署名を使っている人が増えてきていますね。

さて、このような英語の名刺や署名欄を作るときに困るのが、英語での肩書きの記載方法です。

ここでは「一般社員」「平社員」といった役職の表記について、見ていきましょう。

以下のページも是非ご覧ください。
>>英語力と年収の関係まとめ!自分の適正年収を知ろう!
>>英語で部署名や役職・肩書きはどう表記する?名刺やメール署名の書き方

「一般社員」「平社員」という役職名の英語表記方法

「一般社員」「平社員」という役職を記載する際の、一般的な表現方法は以下の通りです。

これらの中から、最も自分の職務に適したものを選んで使っていただければと思います。

・Member
・Staff member
・Specialist
・Coordinator
・Planner
・Operator
・Employee
・Officer
・Assistant
・Trainee


Member

「Member」は、役職の無い一般社員のことを表現する際には、非常にポピュラーな呼称です。

恐らく、最も使われる頻度の高いフレーズかと思います。

Staff Member

「Staff」と「Member」を組み合わせて、「Staff Member」という表記が使われることもあります。

よく「Staff」のみを肩書きとして使っている人がいますが、一個人のことを表すときは「Staff Member」というフレーズの方が自然です。

Specialist

「Specialist」は、特に米国でよく使われる表現方法です。

スペシャリストというと非常に高度な知識を持った専門家というイメージがありますが、実際にはそこまで凄いものではなく、「担当者」としての意味となります。

例えば経理担当者であれば、「Accounting Specialist」のようになりますね。

Coordinator

「Coordinator」も「担当者」としての意味を表すときにはよく使われます。

経理担当者の場合は「Accounting Coordinator」のように使うこととなります。

Planner

この「Planner」という肩書きも、たまに使われる表現です。

お客さんに何かを提案するような職種の場合に使われることが多いです。

Operator

実務担当者であれば、「Operator」というフレーズも使えます。

機械やパソコン、電話などを操作するような作業者というニュアンスですね。

Employee

「Employee」も、一般社員のことを表す場合にはたまに使われるフレーズです。

ちなみに、派遣社員は「Temporary Employee」という表現になります。

Officer

「Officer」という表現もたまに使われるフレーズです。

しかし、責任者や役員と混同される恐れもあるので、あまり使用しないほうが良いかもしれません。

Assistant

助手や補佐役のように、一担当者とまではいかないような地位の場合は、「Assistant」という名称が便利です。

Trainee

訓練生、実習生、見習いの場合は「Trainee」というフレーズが一般的です。

なお、皆さんが勤務されている会社によっては、社内規定で役職名の英語表記を定めている場合があります。

理由は下で書きますが、最近はこのような規定を設けている会社も多いようですね。

そのため、事前に社内規定の有無を確認した上で、もし規定がある場合にはそちらに従うようにしてください。

日本語の役職名と英語の役職名の間で生じる誤解

日本企業の場合、同じ組織ツリーの中であれば、「部長」「課長」「係長」の順に偉いというのは常識で、どの会社でもこのような序列のはずです。

しかし、英語圏の企業の場合は、このような明確な肩書きの序列はありません。

ある会社の中では肩書きによる序列があっても、また別の会社では呼称が違ったり、序列が逆だったりしますので、肩書きを見ただけでは一概に判断できません。

言い換えると、「部長」「課長」「係長」のような、全ての企業で通じるような肩書きというものは英語圏の国々には存在しません。

その都度、状況に応じて判断していくことが大切となります。

と、まあこのような状況ですので、日本語の役職名を英語に訳すときは一苦労です。

ざっとGoogleで検索してみても、「Manager」を「部長」として訳しているサイトもあれば、「課長」として訳しているサイトもあります。

そもそも日本語の役職名と英語の役職名は1対1で対応しないので、正解というものはありません。

しかし、1つの企業の中において、とある部長が「Manager」という呼称を使っていて、とある課長も「Manager」という呼称を使ってしまうと、これは問題ですよね。

このように1つの企業の中での整合性が取れないと、上下関係がめちゃくちゃになってしまいます。

そのため、上でも書いたように、社内規定で役職名の英語表記を定めている会社が増えてきているのですね。

まとめ

「一般社員」「平社員」といった役職名の表記方法と、日本語と英語の肩書きの違いについて紹介してきましたが、いかがでしたか?

是非、今後の参考にしていただければと思います。

以下のページでは、その他の役職についてもまとめておりますので、こちらも合わせてご覧ください。
>>英語で部署名や役職・肩書きはどう表記する?名刺やメール署名の書き方
>>「主任」を英語で表記すると?名刺にはどのように書けばいい?