「関係各位」を英語では「to whom it may concern」と英訳する?

このページでは、メールの宛名としてよく使われる、「関係各位」「各位」という日本語の英訳について紹介しています。

「関係各位」「各位」とは、複数の人々に対して敬って使われる言葉です。

主にビジネスメールで宛名として使われることが多いですね。

ビジネスメールについては、以下のページも合わせてご覧ください。
>>英語のビジネスメールで使える文例をまとめてみた
>>「お世話になっております」は英語にどう訳す?英文メールでの表現は?

こちらのページも是非!
>>英語力と年収の関係まとめ!自分の適正年収を知ろう!

それでは、次のセクションから詳しく説明していきます。

「関係各位」「各位」は英語でどう訳す?

先に結論から申しますと、「関係各位」「各位」は、

「to whom it may concern」

と英語では表現します。

メールの1行目で宛先として書き出すときは、最初を大文字にして、末尾にカンマを打ちますので、

「To whom it may concern,」

となりますね。

また、別の表現としては「to all persons involved in ~」、つまり「~に関わる全ての人へ」という方法もあります。

例えば、「To all persons involved in ABC project,」のように使うことができます。

なお、多数の相手にメールを送る場合には、「Dear All,」というフレーズもよく使われることがあります。

こちらは若干くだけた表現になりますので、そこまで親しくない相手に対するビジネスメールでは使わないほうが良いでしょう。

日本語で言うと、「皆さん」のようなニュアンスですね。

「関係各位」「各位」というような、カチッとしたニュアンスを出したいのであれば、「To whom it may concern,」を使うようにしましょう。

これが一番無難で確実なフレーズです。

「to whom it may concern」の文法解説

上で紹介した通り、メールで「各位」という宛先を表現したいのであれば、「To whom it may concern,」というフレーズをコピペすれば、それだけでOKです。

ところで、「to whom it may concern」というフレーズが、なぜ「各位」という意味になるのでしょうか。

文法的な観点から完璧に説明できますか?

特に関係代名詞の「whom」なんかは、高校の時に勉強したから存在は知っているけど、日々の英文の中ではほとんど見かけないのでよく分からないという人が大半ではないでしょうか。

一度文法的にしっかり理解してしまえば、次からはコピペせずともタイピングで入力することができますね。

この際、せっかくですからこのフレーズを噛み砕いて見ていきましょう。


文頭の「to」

文頭の「to」は宛先を表す働きをします。

例えば、田中さんを宛先にするときは、「To Tanaka,」となりますね。

この「To whom it may concern,」というフレーズも、骨格としては「To “人”,」という構成になっています。

あくまでこれは文章ではなく「フレーズ」なので、その点は誤解の無いようにお願いします。

関係代名詞の「whom」

さてこのフレーズ、「To “人”,」という形になっていますが、”人”の部分には個人名ではなく、関係代名詞の「whom」が入ってしまっています。

実はこれ、下の2つのパーツが組み合わさって出来たものなんです。

1. to the person (その人へ)
2. It may concern him. (それは彼に関係しているだろう)

ちなみに、2.の「It」は「メール」を指しています。

「このメールは彼に関係しているだろう」という意味になりますね。

1.の「the person」と2.の「him」は同じ人物ですので、これらを関係代名詞でくっつけていきます。

2.の「him」は「It may concern him.」という文章の中では「目的語」になっているので、関係代名詞「whom」を使います。

省略されるのが主語だったら「who」、目的語だったら「whom」でしたね。

1.と2.を関係代名詞「whom」で合体させると、「to the person whom it may concern」となります。

この中の「the person」が省略されて、「to whom it may concern」というフレーズが完成します。

このように、関係代名詞では明らかな先行詞が省略されることがよくありますので、覚えておいてください。

日本語としては、「このメールの内容が関係するであろうその人へ」、つまり「関係各位」という意味になります。

まとめ

以上、「関係各位」「各位」という日本語の英訳と、「to whom it may concern」の文法的なつくりについて紹介しました。

少し難しかったでしょうか。

文法的にもしっかりと理解した上で、是非このフレーズを使いこなしてくださいね。

この他のページでも、ビジネスメールに関する特集を組んでおります。

以下のページも是非合わせてご覧ください。
>>英語のビジネスメールで使える文例をまとめてみた
>>「一般社員」「平社員」って英語でどう表記する?名刺や署名欄の書き方