英語でのプレゼンテーションでとっさに使える便利フレーズまとめ

このページでは、英語でのプレゼン時に使えるお役立ちフレーズをまとめております。

私自身も、プレゼン中のとっさの一言が出てこないために苦い思いをした経験が何度もあります。

出来るだけ簡潔な英文にまとめていますので、本番前に出来るだけたくさん覚えるようにしておくと安心できますね。

なお、ビジネスメールに関しては以下のページもご覧ください。
>>英語のビジネスメールで使える文例をまとめてみた
>>「お疲れ様です」は英語にどう訳せば良い?英文メールやレターでの表現

お金の話はこちら。
>>英語力と年収の関係まとめ!自分の適正年収を知ろう!

それでは、スタートです!

プレゼンにおける、はじめの挨拶フレーズ

日本語でのプレゼンと同様に、まず最初は挨拶をするところから始まります。

簡単な挨拶と自己紹介を行い、参加者に対して参加してくれてありがとうという感謝の言葉を告げましょう。


皆さんこんにちは。

⇒ Hello, everyone.

まず最初に、出席者全員に対して挨拶をしましょう。

ABC社の山田太郎と申します。

⇒ My name is Taro Yamada from ABC Corporation.

次に、氏名と会社名を述べることになるかと思います。

このプレゼンにご参加いただきありがとうございます。

⇒ Thank you for attending this presentation.

会議に参加してくれた参加者に対しては、お礼の言葉を伝えると丁寧ですね。

皆さんにお会いできてうれしいです。

⇒ I am very happy to see all of you.

初めてお会いする人が多い場合は、このフレーズも使えます。

まず始めに自己紹介をさせてください。

⇒ First, let me introduce myself.

もし必要があれば、プレゼンの前に自己紹介をしましょう。

皆さん、私の声が聞こえますか。

⇒ Can everyone hear me?

広い部屋の場合、後ろの人まで声が聞こえているか確認すると良いでしょう。

それでは、始めましょう。

⇒ Now, let us begin.

これから本題に入ろうとするときに役立つフレーズです。

プレゼンにおける、本題への導入フレーズ

挨拶が終わったら、本題に入る前の導入です。

プレゼンの主題と所要時間について伝え、プレゼンテーションの全体構成や質問を受け付けるタイミングについてもお知らせしましょう。

本日は、私達の新商品についてお話しさせていただきます。

⇒ Today I’m going to talk about our new products.

まずは、プレゼンの主題を紹介することになります。

約30分間お話しさせていただきます。

⇒ I’ll be speaking for about 30 minutes.

発表時間の目安についても事前に触れておくと親切ですね。

本日の発表は3部構成です。

⇒ There are three sections in this presentation.

プレゼンの全体構成についても、あらかじめお知らせしておきましょう。

まずAAAについて話し、次にBBBについて述べ、最後にCCCについて説明します。

Firstly, I will talk about AAA. Then I will describe BBB. Finally, I will explain CCC.

文章を繋いでいくとき、「then」などのフレーズを効果的に使えるようになると、表現の幅が広がります。

プレゼンテーションの後に質疑応答時間を設けます。

⇒ We will have a Q&A session after the presentation.

どのタイミングで質問を受け付けるのか、お伝えしておきましょう。

質問があれば、話をさえぎってもらって構いません。

⇒ Please interrupt if you have any questions.

その都度、質問を受ける場合にはこのようにお知らせすると良いでしょう。

疑問点がありましたら、遠慮なく質問してください。

⇒ If you have questions, please do not hesitate to ask.

「hesitate to 〜」という表現は覚えておくと何かと役に立つかもしれません。

プレゼンの本題での役立ちフレーズ

プレゼンテーションのメインパートにおいて、役に立つ表現を紹介していきます。

プレゼンの最後には、これまでの内容を要約して、伝えたかったポイントを再度強調しましょう。

まず、AAAのパートから始めましょう。

⇒ First of all, let’s start by AAA.

説明を始めるときの第一声として使えるフレーズです。

配布資料の2ページ目をご覧ください。

⇒ Please refer to the second page of the handout.

あるページを参照してほしいときには「refer to」という表現が役に立ちます。

次のスライドに移りましょう。

⇒ Let’s move on to the next slide.

次のページに移行するときの英語表現で、使用頻度は多いかと思います。

このグラフは~ということを表しています。

⇒ This graph shows that ~.

グラフや表の説明をするときは「show that」というフレーズを覚えておくと便利です。

グラフの縦軸はAAAの金額を表し、横軸は数量を表しています。

⇒ The vertical line shows the price of AAA and the horizontal line shows the amount of AAA.

縦軸は「vertical」、横軸は「horizontal」と言います。

このグラフから、~ということが分かります。

⇒ On this graph, you can see that ~.

グラフから結局何が言いたいのか、まとめるときに便利なフレーズです。

先程も説明しましたが、~。

⇒ As I mentioned earlier, ~.

日本語のプレゼンでもよく使う文章ですが、英語でも言えるようにしておきましょう。

これでAAAのパートは終わりです。

⇒ So, that concludes AAA.

説明に一区切りがついた際に使いたい表現です。

次に、BBBに移りましょう。

⇒ Next, let’s move on to BBB.

次の話題に移るときは、「move on to」というフレーズを使います。

これが最後のパートです。

⇒ We are coming to the last section of this presentation.

プレゼンは話を聞く側も疲れるものですが、この一言があるだけで聴衆は最後まで集中してくれるはずです。

要点をまとめたいと思います。

⇒ Let me summarize the main points of this presentation.

要約することは「summarize」と言いますので、余裕があれば覚えておきましょう。

結論としては、~。

⇒ In conclusion, ~.

これからまとめに入ろうとするときに使えるフレーズです。

最後にお伝えしたいことは、~。

⇒ The last thing I’d like to say is ~.

プレゼンを通して最も伝えたいことは、このように表現すると聴衆の頭の中にもしっかりと残りますね。

これでプレゼンを終わります。

⇒ That’s the end of my presentation.

プレゼンの終了を伝えるためのフレーズです。

ご清聴ありがとうございました。

⇒ Thank you all very much for your attention.

最後まで集中して聞いてくれたことに対して感謝の言葉を述べると丁寧ですね。

プレゼンにおける、質疑応答への対応フレーズ

最後に、質疑応答時に役立つフレーズです。

プレゼンの最後にまとめて質問を受けるか、プレゼンの途中にその都度質問を受けるのか、どちらかになるかと思います。

何かご質問はありますか?

⇒ Are there any questions?

質問の有無を確認するためのフレーズです。

ご質問ありがとうございます。

⇒ Thank you for asking a question.

自分のプレゼンに興味を持って質問してくれた人には、まず感謝の気持ちを述べると良いでしょう。

質問が聞き取れませんでした。

⇒ I didn’t catch your question.

よく使うフレーズですので、覚えておくといいですね。

もう一度繰り返していただけますか。

⇒ Could you say that again?

こちらもよく使うフレーズですので、合わせて押さえておきましょう。

ご質問の内容をよく理解できません。

⇒ I don’t quite understand your question.

話は聞き取れるものの、意味が分からない場合はこちらの表現になります。

今の説明で回答になっておりますか?

⇒ Did I answer your question?

相手の求める回答になっていたか、相手に確認すると丁寧ですね。

まとめ

以上、英語でのプレゼンに役立つフレーズを紹介しました。

最初は緊張してしまうかもしれませんが力を抜いて、楽な気持ちで英語でのプレゼンに挑戦してくださいね。

ビジネス関連の以下のページも是非ご覧ください。
>>英語のビジネスメールで使える文例をまとめてみた
>>言語別GDPランキング!ビジネスで役立つ、経済規模の大きい言語は?