アンネ・フランクの英語名言・格言30選一覧まとめ!アンネの日記から

このページでは、アンネ・フランクの名言や格言を英語で紹介しています。

アンネ・フランクはユダヤ系ドイツ人の少女で、「アンネの日記」の著者として広く知られています。

アンネの前向きな名言を数多くまとめておりますので、是非あなたのお気に入りのフレーズを探してみてくださいね。

また、以下のページも合わせてご覧ください。
>>超有名な英語の名言・格言100選一覧まとめ!
>>アドルフ・ヒトラーの英語の名言・格言まとめ!ナチスの名言一覧

アンネ・フランクの英語名言・格言一覧まとめ

それでは、アンネ・フランクの名言や格言を英語で紹介していきます。

日本語、英語、簡単な解説を併記していますので、是非英語学習に活用してみてくださいね。


たとえ多くの人々に愛されていても人は孤独になることがある。なぜなら、彼はまだ誰かにとっての唯一の人ではないから。

⇒ A person can be lonely even if he is loved by many people, because he is still not the one and only to anyone.

「even if」は、「たとえ~でも」という意味です。

幸せな人は他の人をも幸せにするだろう。

⇒ A person who’s happy will make others happy.

「make + 人 + 形容詞」は、「人を~にする」という意味です。

静かな良心が人を強くする。

⇒ A quiet conscience makes one strong.

「conscience」は、「良心、自制心、誠実さ」という意味の名詞です。

たとえ晴れ渡って明るかったとしても、何もない日は夜と同じくらい暗い。

⇒ An empty day, though clear and bright, is just as dark as any night.

「empty」は、「中身のない、からの」という意味の形容詞です。

太陽の光と曇りなき空。これが存在するのなら、そしてそれを楽しむことができるのなら、どうして悲しむことができるだろうか?

⇒ As long as this exists, this sunshine and this cloudless sky, and as long as I can enjoy it, how can I be sad?

前向きなアンネ・フランクの名言です。

「as long as」は、「~する限り、~と同じくらい長い」という意味です。

一人で泣かない限り、泣くことは安心をもたらす。

⇒ Crying can bring relief, as long as you don’t cry alone.

「relief」は、「安心、軽減、息抜き」という意味の名詞です。

後悔は感謝よりも強いので、亡くなった人々は生きている人々よりも多くの花を受け取る。

⇒ Dead people receive more flowers than the living ones because regret is stronger than gratitude.

「gratitude」は、「感謝、報恩」という意味の名詞です。

幸福を得ることは、投機をしたり怠けることではなく、善い行いをして働くことを意味する。怠惰は魅力的に見えるかもしれないが、仕事だけがあなたに本当の満足を与える。

⇒ Earning happiness means doing good and working, not speculating and being lazy. Laziness may look inviting, but only work gives you true satisfaction.

「speculate」は、「投機する、熟考する」という意味の動詞です。

世界をより良くし始める前に一瞬たりとも待つ必要がないことは、なんて素晴らしいことだろうか。

⇒ How wonderful it is that nobody need wait a single moment before starting to improve the world.

「How + 形容詞」で、「なんて~なのだ」という感嘆の意味になります。

人間の偉大さは富や権力ではなく、人格と善良にある。

⇒ Human greatness does not lie in wealth or power, but in character and goodness.

「character」は、「人格、性格、性質」という意味の名詞です。

私は皆を喜ばせるために、皆が思うよりも遥かに全力を尽くす。私の悩みを皆に見せたくないから、全てを笑い飛ばしてみるんだ。

⇒ I do my best to please everybody, far more than they’d ever guess. I try to laugh it all off, because I don’t want to let them see my trouble.

「laugh off」は、「笑い飛ばす、笑ってごまかす」という意味です。

私はあらゆる不幸について考えるのではなく、まだ残っている美について考える。

⇒ I don’t think of all the misery, but of the beauty that still remains.

こちらもポジティブなアンネの名言ですね。

「misery」は、「悲惨、不幸、困窮」という意味の名詞です。

私は女性で、しかも内面の強さとたくさんの勇気を持った女性だということを知っている。

⇒ I know that I’m a woman, a woman with inward strength and plenty of courage.

「inward」は、「内側の、体内の、心の」という意味の形容詞です。

私は自分の理想を守らなければならない。おそらくそれらを実行に移せるようになる時が来るだろうから。

⇒ I must uphold my ideals, for perhaps the time will come when I shall be able to carry them out.

「uphold」は、「支持する、守る」という意味の動詞です。

私はたとえ死後でさえも生き続けたい。

⇒ I wish to go on living even after my death.

死を悟る中でのアンネ・フランクの名言です。

「go on ~ing」は、「~し続ける」という意味になります。

どんなことがあっても、人間は心の底では本当に善良だと私はまだ信じている。

⇒ In spite of everything, I still believe that people are really good at heart.

「in spite of 」は、「~にもかかわらず」という意味です。

長い目で見ると、全ての中で最も鋭い武器とは親切で優しい精神だ。

⇒ In the long run, the sharpest weapon of all is a kind and gentle spirit.

「weapon」は、「武器、兵器」という意味の名詞です。

あなたが必要とされていないと感じるのは恐ろしいことに違いない。

⇒ It must be awful to feel you’re not needed.

「awful」は、「大変な、恐ろしい、ひどい」という意味の形容詞です。

自然、日光、自由、そして自分自身の中には、常に美しさが残されていることが分かった。これらは全てあなたの助けになる。

⇒ I’ve found that there is always some beauty left in nature, sunshine, freedom, in yourself. These can all help you.

「freedom」は、「自由、解放」という意味の名詞です。

誰も与えることによって貧しくなったことはない。

⇒ No one has ever become poor by giving.

「poor」は、「貧しい、貧乏な、見すぼらしい」という意味の形容詞です。

私たちの生活は私たちの選択によって作られている。

⇒ Our lives are fashioned by our choices.

「fashion」は、「作り出す、影響を与える」という意味の動詞です。

両親は良いアドバイスを与えたり、正しい進路を歩かせたりすることしかできないが、最終的な人格の形成は自分の手の中にある。

⇒ Parents can only give good advice or put them on the right paths, but the final forming of a person’s character lies in their own hands.

「path」は、「小道、進路」という意味の名詞です。

人々はあなたの口を閉じておくように言うことはできるが、それはあなたが自分自身の意見を持つことを止めさせるわけではない。

⇒ People can tell you to keep your mouth shut, but that doesn’t stop you from having your own opinion.

「shut」は、「閉める、閉じる」という意味です。

富は全て失われる可能性があるが、あなたの心の中の幸福だけはベールで覆われ、あなたが生きている限りにおいて再び幸せをもたらすだろう。

⇒ Riches can all be lost, but that happiness in your own heart can only be veiled, and it will bring you happiness again, as long as you live.

アンネ・フランクの深い名言です。

「veil」は、「ベールで覆う、隠す」という意味の動詞です。

恐れている人、孤独な人、不幸な人にとっての最善の治療法とは、天国や自然、神と共に静かになれる場所に出掛けることだ。

⇒ The best remedy for those who are afraid, lonely or unhappy is to go outside, somewhere where they can be quiet alone with the heavens, nature and God.

「remedy」は、「治療、療法、救済策」という意味の名詞です。

あなたの前には守るべき黄金律がある。あらゆることを笑いなさい。そして他人のことであなた自身を悩ませてはならない!

⇒ There’s one golden rule to keep before you. Laugh about everything and don’t bother yourself about the others!

「bother」は、「悩ませる、困らせる」という意味の動詞です。

まだあなたの周囲に残っているあらゆる美のことを考え、幸せになりなさい。

⇒ Think of all the beauty still left around you and be happy.

「around」は、「周囲に、至るところに」という意味の前置詞です。

勇気と信念を持っている人たちは、決して惨めな中で滅びることはない。

⇒ Those who have courage and faith shall never perish in misery.

何とかして希望を見い出そうというアンネ・フランクの名言です。

「faith」は、「信仰、信念、信条」という意味の名詞です。

私が糾弾しているのは、私たちの価値観と、社会における女性の役割がどれほど大きく、難しく、究極的に美しいかを認めていない男性たちだ。

⇒ What I condemn are our system of values and the men who don’t acknowledge how great, difficult, but ultimately beautiful women’s share in society is.

「condemn 」は、「非難する、糾弾する」という意味の動詞です。

起こったことを元に戻すことはできないが、それが再び起こるのを防ぐことはできる。

⇒ What is done cannot be undone, but one can prevent it happening again.

「prevent」は、「防ぐ、阻止する」という意味の動詞です。

まとめ

以上、アンネ・フランクの名言や格言を英語で紹介してきましたが、いかがでしたか?

このページが皆さんのお役に立てば幸いです。

また、以下のページも合わせてご覧ください。
>>「戦争」や「平和」に関する英語の名言・格言をまとめてみた
>>ひとこと英語名言・格言150選!たった一言、3単語の名言だけ厳選