「戦争」や「平和」に関する英語の名言・格言をまとめてみた

このページでは、「戦争」や「平和」に関する英語の名言や格言を紹介しております。

戦争を肯定したり仕方の無いものだと考える人もいれば、否定したり真っ向から拒絶している人もいますね。

なお、以下のページでも様々な名言を紹介しています。
>>超有名な英語の名言・格言100選一覧まとめ!
>>ドナルド・トランプ大統領の英語名言集!衝撃発言や失言、暴言も

さあ、それでは色々な名言を見ていきましょう。

 「戦争」や「平和」に関する英語の名言・格言

確かに戦争はとても悲しいことですが、戦争は必要悪であるという考え方にも理解はできます。

この場で、どちらの考え方が正しいのかということを論じるつもりはありません。

ただ、様々な意見に耳を傾けてみてください。

それでは、スタートです。


目には目を、歯には歯を。

⇒ An eye for an eye, a tooth for a tooth.

ハンムラビ法典や聖書の名言です。

前置詞の「for」には、「~に対して」という対比の意味もあります。

賽は投げられた。

⇒ The die is cast.

ユリウス・カエサルの名言です。

「die」は動詞として使うと「死ぬ」という意味ですが、名詞として使うときは「サイコロ」という意味になります。

来た、見た、勝った。

⇒ I came, I saw, I conquered.

ユリウス・カエサルの名言です。

「conquer」は「打ち勝つ、征服する」という意味です。

裕福な人間が戦争を引き起こしたとき、死ぬのは貧しい人間だ。

⇒ When the rich make war, it’s the poor that die.

ジャン・ポール・サルトルの名言です。

「the rich」や「the poor」で、「裕福な人」「貧しい人」という名詞を作っています。

1人の殺人は犯罪者になるが、100万人の殺人は英雄になる。数が殺人を神聖化する。

⇒ One murder makes a villain. Millions a hero. Numbers sanctify.

チャールズ・チャップリンの名言です。

ちょっと難しいですが、「villain」は「悪党、犯罪者」、「sanctify」は「神聖にする、罪を清める」という意味を持っています。

彼を知り己を知れば百戦殆からず。

⇒ If you know your enemy and know yourself, in a hundred battles you will never be defeated.

孫子の名言です。

「defeat」は「打ち負かす」という意味の動詞ですね。

戦わずして人の兵を屈するは善の善なる者なり。

⇒ The supreme art of war is to subdue the enemy without fighting.

孫子の名言です。

「supreme」は「最善の、最高位の」という意味の形容詞です。

戦争は流血を伴う政治であるが、政治は流血の無い戦争である。

⇒ Politics is war without bloodshed while war is with bloodshed.

毛沢東の名言です。

少し難しいですが、「bloodshed」は「流血、虐殺」という意味の名詞です。

何よりも前に、まず軍備を整えなさい。

⇒ Before all else, be armed.

ニッコロ・マキャベリの名言です。

「arm」は「腕」の他に、「力、軍備、戦争」という意味も持っています。

人類は戦争を終わらせなければならない。さもなくば、戦争が人類を終わらせるだろう。

⇒ Mankind must put an end to war, or war will put an end to mankind.

ジョン・F・ケネディの名言です。

「put an end」は「ピリオドを打つ」という意味になります。

戦争は戦争を育てる。

⇒ War nourishes war.

フリードリヒ・フォン・シラーの名言です。

「nourish」は「養う、育てる」という意味の動詞です。

戦争は守られていない富によって引き起こされる。

⇒ Wars are caused by undefended wealth.

アーネスト・ミラー・ヘミングウェイの名言です。

「caused」は「引き起こす」という意味の動詞です。

現代の戦争においては、君はたいした理由もなく犬のように死ぬだろう。

⇒ In modern war you will die like a dog for no good reason.

アーネスト・ミラー・ヘミングウェイの名言です。

「good reason」は「大義名分、理由が立つ」というようなニュアンスになります。

どんなに必要でも、どんなに正当化しても、戦争が犯罪ではないと考えてはならない。

⇒ Never think that war, no matter how necessary, nor how justified, is not a crime.

アーネスト・ミラー・ヘミングウェイの名言です。

「no matter how」は「たとえどんなに」という意味になります。

これまで良い戦争や悪い平和なんて存在したことがない。

⇒ There never was a good war or a bad peace.

ベンジャミン・フランクリンの名言です。

「never」は副詞として使われる単語ですね。

愛国心とは喜んで人を殺して、つまらない理由のために殺されることだ。

⇒ Patriotism is the willingness to kill and be killed for trivial reasons.

バートランド・ラッセルの名言です。

「patriotism」とは「愛国心」という意味です。

愛国者はいつも国のために死ぬことを語るが、国のために殺すことについては語らない。

⇒ Patriots always talk of dying for their country and never of killing for their country.

バートランド・ラッセルの名言です。

「patriots」とは「愛国者」という意味です。

アメリカには「パトリオットミサイル」という兵器が存在しますね。

戦争は誰が正しいのかを決めるのではなく、誰が生き延びるかを決めるだけだ。

⇒ War does not determine who is right, only who is left.

バートランド・ラッセルの名言です。

「determine」は「決定する、決心する」という意味の動詞ですね。

死者だけが戦争の終わりを見たのである。

⇒ Only the dead have seen the end of war.

プラトンの名言です。

上にも出てきましたが「the dead」で「死んだ人」という名詞になります。

平和を作るより、戦争をするほうがずっと易しい。

⇒ It is far easier to make war than to make peace.

ジョルジュ・クレマンソーの名言です。

「比較級+A+than+B」で、「BよりもAのほうが~だ」という意味になります。

本物かつ永続する勝利とは、戦争の勝利ではなく平和の勝利である。

⇒ The real and lasting victories are those of peace, and not of war.

ラルフ・ワルド・エマーソンの名言です。

ここでの「lasting」は「持続する」という意味の動詞である「last」が変化したものです。

戦争はあらゆる恐ろしい言葉を超えている。

⇒ War is beyond all words horrible.

ウィンストン・チャーチルの名言です。

「beyond」は「向こうに、超えて」という意味で、前置詞や副詞として使われます。

平和は笑顔から始まる。

⇒ Peace begins with a smile.

マザー・テレサの名言です。

「begin with」は「~で始まる」という意味になります。

まとめ

以上、「戦争」や「平和」に関する英語の名言や格言を紹介してきましたが、いかがでしたか。

人によって考え方は様々であり、絶対に正しい考え方というものは存在しません。

自分のお気に入りの名言を見つけて、もう一度「戦争」や「平和」について見つめ直してみてはいかがでしょうか。

以下のページも是非ご覧ください。
>>英語のディズニー恋愛名言フレーズ集30選!ディズニー映画から厳選
>>大坂なおみ選手の名言・発言を英語で読もう!心に響く名言集まとめ