ボクシングに関する英語の名言・格言30選一覧まとめ!

このページでは、ボクシングに関する名言や格言を英語で紹介しています。

プロボクサーや有名人の名言・格言を数多くまとめていますので、是非お気に入りのフレーズを探してみてください。

また、以下のページも合わせてご覧ください。
>>超有名な英語の名言・格言100選一覧まとめ!
>>ひとこと英語名言・格言150選!たった一言、3単語の名言だけ厳選

ボクシングに関する英語名言・格言一覧まとめ

それでは、ボクシングに関する名言や格言を英語で紹介していきます。

日本語、英語、簡単な解説を併記していますので、是非英語学習にも活用してみてください。


ボクサーは陸上では最強の捕食者であるライオンのようなものだが、サメのタンクに投げ込めば、彼はただの食事となる。

⇒ A boxer is like a lion, the greatest predator on land, but you throw him in the shark tank and he’s just another meal.

ブラジルの格闘家、ヘンゾ・グレイシーの名言です。

「just another」は、「ありふれた、ただの」という意味です。

チャンピオンとは、起き上がれないときに起き上がる人のことである。

⇒ A champion is someone who gets up when he can’t.

アメリカのボクサー、ジャック・デンプシーの名言です。

「get up」は、「起き上がる、立ち上がる」という意味です。

コンピュータはかつてチェスで私を打ち負かしたが、キックボクシングでは私には敵わなかった。

⇒ A computer once beat me at chess, but it was no match for me at kick boxing.

アメリカのコメディアン、エモ・フィリップスの名言です。

「beat」は、「叩く、打ち負かす」という意味の動詞です。

攻撃は、ボクシングの技術の半分に過ぎない。

⇒ Attack is only one half of the art of boxing.

フランスのボクサー、ジョルジュ・カルパンチェの名言です。

「art」は、「芸術、技巧、技術」という意味の名詞です。

ボクシングは幻想から始まり、本物の血と涙で終わる。それがボクシングをとても美しくさせるのだ。

⇒ Boxing begins in illusion and ends in real blood and tears. That’s what makes it so beautiful.

アメリカのジャーナリスト、ブライアン・ダンブロージオの名言です。

「illusion」は、「幻想、錯覚」という意味の名詞です。

ボクシングは高貴なスポーツである。

⇒ Boxing is a noble sport.

ハンガリーの元首相、オルバーン・ヴィクトルの名言です。

「noble」は、「高貴な、気高い」という意味の形容詞です。

ボクシングはジャズのようなものだ。良ければ良いほど、それを評価する人は少なくなる。

⇒ Boxing is like jazz. The better it is, the less people appreciate it.

アメリカのプロボクサー、ジョージ・フォアマンの名言です。

「appreciate」は、「評価する、感謝する」という意味の動詞です。

ボクシングは、特定のルールが設定されている喧嘩である。

⇒ Boxing is limited fighting with a specific rule set.

アイルランドの総合格闘家、コナー・マクレガーの名言です。

「specific」は、「特定の、明確な」という意味の形容詞です。

ボクシングは私の本当の使命である。私は人生の目的を見つけた。

⇒ Boxing is my true calling. I’ve found my purpose in life.

アメリカのボクサー、デオンテイ・ワイルダーの名言です。

「calling」は、「使命、神の思し召し」という意味でも使われます。

ボクシングは女性の次に最も美しいものである。

⇒ Boxing is the most beautiful thing after women.

メキシコのボクサー、サウル・アルバレスの名言です。

「after」は、「の次に、~に次いで」という意味の前置詞です。

ボクシングは世界で最もタフで孤独なスポーツだ。

⇒ Boxing is the toughest and loneliest sport in the world.

イギリスのボクサー、フランク・ブルーノの名言です。

「tough」は、「丈夫な、つらい、厳しい」という意味の形容詞です。

チャンピオンはジムで作られるのではない。チャンピオンは彼らの心の奥深くにあるもの、欲望、夢、ビジョンから作られている。

⇒ Champions aren’t made in the gyms. Champions are made from something they have deep inside them, a desire, a dream, a vision.

アメリカのボクサー、モハメド・アリの名言です。

「gym」は、「ジム、体育館」という意味の名詞です。

日々を数えてはならない。日々を価値あるものにしなさい。

⇒ Don’t count the days, make the days count.

同じく、モハメド・アリの名言です。

「数える」という意味の「count」と、「重要である、価値がある」という意味の「count」を掛けたものですね。

辞めるな。今苦しんで、残りの人生をチャンピオンとして生きろ。

⇒ Don’t quit. Suffer now and live the rest of your life as a champion.

同じく、モハメド・アリの名言です。

「suffer」は、「苦しむ、苦痛を感じる」という意味の動詞です。

リスクを冒す勇気の無い者は、人生で何も成し遂げないだろう。

⇒ He who is not courageous enough to take risks will accomplish nothing in life.

同じく、モハメド・アリの名言です。

「accomplish」は、「達成する、成し遂げる」という意味の動詞です。

私はいつもボクシングを第一に考えている。

⇒ I always put my boxing first.

アメリカのボクサー、フロイド・メイウェザー・ジュニアの名言です。

「put ~ first」は、「~を最優先する、~を第一に考える」という意味です。

自分は恵まれていると思う。あなたも恵まれていると思う。私たちは皆、神から与えられた才能に恵まれている。私の才能がたまたま人を殴る才能だっただけだ。

⇒ I consider myself blessed. I consider you blessed. We’ve all been blessed with God-given talents. Mine just happens to be beating people up.

アメリカのボクサー、シュガー・レイ・レナードの名言です。

「blessed」は、「祝福された、恵まれた」という意味の形容詞です。

私は完璧のために戦う。

⇒ I fight for perfection.

アメリカのプロボクサー、マイク・タイソンの名言です。

「perfection」は、「完全、完璧」という意味の名詞です。

もし一生懸命トレーニングすれば、試合は簡単だ。

⇒ If you work hard in training, the fight is easy.

フィリピンのボクサー、マニー・パッキャオの名言です。

「work hard」は、「一生懸命働く、熱心に頑張る」という意味です。

私は蝶のように舞い、蜂のように刺すだろう。

⇒ I’ll be floating like a butterfly and stinging like a bee.

アメリカのボクサー、モハメド・アリの名言です。

「sting」は、「刺す、ちくりとさせる」という意味の動詞です。

ボクシングでは、新しい対戦相手を打ち負かす戦略を作り出す。これはチェスのようなものだ。

⇒ In boxing you create a strategy to beat each new opponent, it’s just like chess.

イギリスのボクサー、レノックス・ルイスの名言です。

「strategy」は、「戦略、策略」という意味の名詞です。

人生とボクシングのリングでは、あなたが倒れたときに敗北が宣言されるのではない。起き上がることを拒んだ場合にのみ、敗北が宣言されるのだ。

⇒ In life and in a boxing ring, the defeat is not declared when you fall down. It is declared only when you refuse to get up.

インドの作家、マノジ・アローラの名言です。

「declare」は、「宣言する、布告する」という意味の動詞です。

どれだけ強く打てるかは重要ではない。どれだけ強く打たれても、前進し続けられるかが重要である。

⇒ It ain’t about how hard you can hit. It’s about how hard you can get hit and keep moving forward.

アメリカ映画、ロッキーに登場する名言です。

「ain’t」は、ここでは「is not」の省略形です。

私の腕は、神と一緒にボクシングをするには短すぎる。

⇒ My arms are too short to box with God.

アメリカのシンガーソングライター、ジョニー・キャッシュの名言です。

「box」は、動詞として用いると「ボクシングをする」という意味にもなります。

人種差別は、ボクシングというスポーツにまだ存在している。

⇒ Racism still exists in the sport of boxing.

アメリカのボクサー、フロイド・メイウェザー・ジュニアの名言です。

「racism」は、「人種差別、人種差別主義」という意味の名詞です。

ヒーローも臆病者も同じことを感じるが、ヒーローは恐怖を利用し、臆病者が逃げている間、相手にそれを投影する。

⇒ The hero and the coward both feel the same thing, but the hero uses his fear, projects it onto his opponent, while the coward runs.

アメリカのボクシングトレーナー、カス・ダマトの名言です。

「coward」は、「臆病者、腰抜け」という意味の名詞です。

想像力の無い男には翼が無い。

⇒ The man who has no imagination has no wings.

アメリカのボクサー、モハメド・アリの名言です。

「imagination」は、「想像力、創意」という意味の名詞です。

美しい詩を書くのと同じ手で、1回のパンチであなたを殴り倒すこともできる。

⇒ The same hand that can write a beautiful poem, can knock you out with one punch.

アイルランドのボクサー、ウェイン・ケリーの名言です。

「knock out」は、「殴り倒す、ノックアウトする」という意味の名詞です。

偉大さへの誘惑は、世界最大の薬である。

⇒ The temptation for greatness is the biggest drug in the world.

アメリカのプロボクサー、マイク・タイソンの名言です。

「temptation」は、「誘惑、衝動」という意味の名詞です。

リングの3番目の男が、ボクシングを可能にさせる。

⇒ The third man in the ring makes boxing possible.

アメリカの作家、ジョイス・キャロル・オーツの名言です。

「the third man」とは、レフェリーのことでしょうか。

チャンピオンになるためには、他の誰一人として信じない時に、自分自身を信じなければならない。

⇒ To be a champ you have to believe in yourself when no one else will.

アメリカのボクサー、シュガー・レイ・ロビンソンの名言です。

「no one else」は、「他の誰一人として~しない」という意味になります。

ボクシングで成功するには、アメリカのファンを魅了する必要もある。

⇒ To make it in boxing, you must captivate the fans in America, too.

アメリカのボクサー、デオンテイ・ワイルダーの名言です。

「make it」は、「上手くいく、成功する」という意味です。

また、「captivate」は「魅了する、とりこにする」という意味の動詞です。

私がボクシングから学んで、誰もが実生活の中に取り入れることができることとは、指示に従い、順序に従うことである。

⇒ What I learned from boxing and what everyone can take in real life is to follow directions, follow order.

アメリカのボクサー、フロイド・メイウェザー・ジュニアの名言です。

「direction」は、「指図、指示」という意味の名詞です。

勝てることを知る必要がある。勝てると考える必要がある。勝てると感じる必要がある。

⇒ You have to know you can win. You have to think you can win. You have to feel you can win.

アメリカのボクサー、シュガー・レイ・レナードの名言です。

「feel」は、「感じる、感知する」という意味の動詞です。

実際に諦めるまでは、あなたは決して負けることはない。

⇒ You never lose until you actually give up.

アメリカのプロボクサー、マイク・タイソンの名言です。

「give up」は、「諦める、やめる」という意味です。

まとめ

以上、ボクシングに関する名言や格言を英語で紹介してきましたが、いかがでしたか?

このページが皆さんのお役に立てば幸いです。

また、以下のページも合わせてご覧ください。
>>最高にかっこいい英語・英単語一覧まとめ100選!
>>オリンピック・パラリンピックの英語名言・格言50選一覧まとめ!