バドミントンに関する英語の名言・格言まとめ!深い名言まとめました

このページでは、バドミントンに関する英語の名言や格言を紹介しています。

是非、お気に入りの名言や格言を探してみてくださいね。

また、以下のページも合わせてご覧ください。
>>超有名な英語の名言・格言100選一覧まとめ!
>>くまのプーさん英語名言集15選!ほっこり名セリフ、まとめました

バドミントンに関する英語の名言・格言まとめ

早速、バドミントンに関する英語の名言を紹介していきます。

日本語の文章、英語の文章に加え、英文を読む上でのポイントを簡単に併記していますので、英語学習にも是非お役立てください。

それでは、スタートです!


バドミントンの技術とは、騙すことだ。

⇒ The art of badminton is to deceive.

トルコのジョージ・アラン・トーマスの名言です。

「art」は、「芸術」という意味の他に「技巧、技術」という意味も持っています。

また、「deceive」は、「騙す、欺く」という意味の動詞です。

バドミントンの上手な人は、意思決定が素早い。

⇒ Those who play badminton well take decisions quickly.

ロシアの首相、ドミートリー・メドヴェージェフの名言です。

この文章の主語は、「those who play badminton well」の部分となります。

「decision」は「決定」という意味の名詞で、「take decision」や「make decision」といった形で使われることが多い単語です。

私はバドミントンをプレーするよりも勝つことの方が大好きよ。勝利が全てなの。

⇒ I love winning more than I love playing badminton. Winning is everything.

インドのサイナ・ネワールの名言です。

「~ is/are everything」という表現は「~が全てだ」という意味で、非常に便利な表現です。

「Money is everything.」であれば「金が全てだ。」という意味になりますし、「You are everything.」であれば「あなたが全てだ。」という意味になります。

チャンピオンは正しい手法で定期的な練習で鍛えなければならないし、監督も尊重しなければならない、それに最も重要なことは自己の信念も持っていなければならないことなの。

⇒ A champion has to be disciplined by practicing regularly in the right manner, respect coaches and most importantly ought to have self-belief.

同じく、インドのサイナ・ネワールの名言です。

ここでの「manner」は、「方法、作法」という意味の名詞です。

また、「ought to ~」で「~しなければならない」という意味になります。

バドミントンをプレーするとき、この世界には自分自身と対戦相手という2人の人間しか存在しない。

⇒ When I am playing badminton there are only two people in the world, myself and my opponent.

デンマークのエルランド・コップスの名言です。

「opponent」は、「相手、敵対者」という意味の名詞です。

なお、競争相手という意味を表す際には、「competitor」や「competition」という単語も使うことができます。

これらの単語については、以下のページにて詳しく解説しています。
>>competitionとcompetitorの違いを大解剖!どっちも「競争相手」?

練習は、バドミントンの目標とバドミントンでの成功の架け橋だ。

⇒ Discipline is the bridge between your badminton goals and badminton success.

「discipline」は、「訓練、鍛練」という意味の名詞です。

バドミントンはバレエのようなものだ。高いレベルのコントロール、強靭さ、心のゆとり、熟慮された動作が必要となる。

⇒ Badminton is like ballet dancing. It requires a lot of control, strength, mind play and measured movement.

インドのアーミル・カーンの名言です。

「ballet」は、「バレエ」を意味する名詞です。

また、「measured」は「熟慮した、慎重な」という意味の形容詞です。

落ち着いてバドミントンをプレーしなさい。

⇒ Keep calm and play badminton.

「calm」は、「穏やかな、静かな」という意味の形容詞です。

バドミントンは肉体面だけでなく精神面の状態も、試合の結果を大きく左右するスポーツということですね。

能力とはあなたが出来ることである。 モチベーションはあなたがやることを決める。 そして、態度はそれをどれくらい上手くできるかを決める。

⇒ Ability is what you’re capable of doing. Motivation determines what you do. Attitude determines how well you do it.

「attitude」は、「態度、心構え」という意味の名詞です。

なお、似た単語として「altitude」というものがありますが、こちらは「高さ、高度」という意味の名詞ですので注意しましょう。

羽根のシャトルたちが一緒にバドミントンをするんだ。

⇒ Birdies of a feather play badminton together.

「birdie」はゴルフの「バーディー」というイメージが強いかもしれませんが、「小鳥、バドミントンのシャトル」という意味も持っています。

ちなみに、ゴルフのイーグルは鷲、アルバトロスはアホウドリとなります。

規定打数を下回るほど、だんだんと鳥のサイズが大きくなっていくのですね。

チャンスを与えられたら、あなたの夢はいつでも現実を打ち負かすだろう。

⇒ Your dream will always defeat reality if you give it chance.

「defeat」は、「破る、打ち負かす」という意味の動詞です。

シャトルはいつもあなたの足元に落ちるかもしれない。

⇒ May the birdies always land at your feet.

ここでの「land」は動詞として使われており、「着陸する、上陸する」という意味になります。

また、シャトルのことは「birdie」と表現しますが、その他にも「shuttlecock」という言い方もあります。

まとめ

以上、バドミントンに関する英語の名言や格言を紹介してきましたが、いかがでしたか。

是非、これらの言葉を励みに更なる高みを目指していただけたらと思います。

以下のページにも是非遊びに来てくださいね。
>>英語のディズニー恋愛名言フレーズ集30選!ディズニー映画から厳選
>>ドナルド・トランプ大統領の英語名言集!衝撃発言や失言、暴言も