チョコレートに関する英語名言・格言30選一覧まとめ!

このページでは、チョコレートに関する名言や格言を英語で紹介しています。

有名な人々のチョコレートに関する名言を数多くまとめておりますので、是非あなたのお気に入りのフレーズを探してみてくださいね。

また、以下のページも合わせてご覧ください。
>>超有名な英語の名言・格言100選一覧まとめ!
>>ひとこと英語名言・格言150選!たった一言、3単語の名言だけ厳選

チョコレートに関する英語名言・格言一覧まとめ

それでは、チョコレートに関する名言や格言を英語で紹介していきます。

日本語、英語、簡単な解説を併記していますので、是非英語学習にも活用してみてくださいね。


ほんの少しの甘味は、たくさんの苦味をかき消すことができる。

⇒ A little bit of sweetness can drown out a whole lot of bitterness.

イタリアの詩人、フランチェスコ・ペトラルカの名言です。

「drown out」は、「押し流す、かき消す、圧倒する」という意味です。

一日一片のチョコレートで医者を寄せ付けない。

⇒ A little chocolate a day keeps the doctor at bay.

アメリカの作家、マーシャ・カーリントンの名言です。

「an apple a day keeps the doctor away(一日一個のりんごで医者いらず)」をもじった名言です。

「keep ~ at bay」は、「~を寄せ付けない、~を追いやる」という意味です。

少しのチョコレートは恋愛のようなものだ。ひとときの甘い解放は心を晴れやかにする。多くのチョコレートは結婚のようなものだ。最初はとても良く思えるが、それを知る前にお尻は肥えてよたよた歩きになる。

⇒ A little chocolate is like a love affair. An occasional sweet release that lightens the spirit. A lot of chocolate is like marriage. It seems so good at first but before you know it you’ve got chunky hips and a waddle-walk.

恋愛と結婚に関する名言です。

「chunky」は、「分厚い、太った」という意味の形容詞です。

また、「waddle」は「よたよた歩き」という意味の名詞です。

チョコレートを食べた後は、まるで敵を征服して、軍隊を率い、恋人を誘惑できるかのような、神の気分になる。

⇒ After eating chocolate you feel godlike, as though you can conquer enemies, lead armies, entice lovers.

アメリカのパティシエ、エミリー・ルケッティの名言です。

「entice」は、「気を引く、誘惑する」という意味の動詞です。

本当に必要なのは愛だけど、たまにはチョコレートも悪くないわね。

⇒ All you really need is love, but a little chocolate now and then doesn’t hurt.

スヌーピーが登場する漫画、ピーナッツに登場するルーシーの名言です。

「now and then」は、「時々」という意味です。

A、E、Uの文字を名前に含む月は、チョコレートにふさわしい時期である。

⇒ Any month whose name contains the letter A, E, or U is the proper time for chocolate.

アメリカのソングライター、サンドラ・ボイントンの名言です。

一年中いつでも美味しく食べられるということですね。

「letter」は、「手紙、書簡、文字」という意味の名詞です。

良識のある人はチョコレートが大好きだ。

⇒ Any sane person loves chocolate.

アメリカのジャーナリスト、ボブ・グリーンの名言です。

「sane」は、「健全な、良識のある、分別のある」という意味の形容詞です。

チョコレートから出来ているのならば何でもいい。

⇒ Anything is good if it’s made of chocolate.

アメリカのコメディアン、ジョー・ブランドの名言です。

「anything」は、「何でも、どんなものでも」という意味の代名詞です。

生化学の観点では、愛とはチョコレートを大量に食べるようなものだ。

⇒ Biochemically, love is just like eating large amounts of chocolate.

イギリスの詩人、ジョン・ミルトンの名言です。

「biochemically」は、「生化学的に、生化学の観点では」という意味の副詞です。

カカオは栄養価が豊富で、人を強くするたんぱく質を多く含んでおり、砂糖がなければ太ることもない。

⇒ Cacao has great nutritional value, a lot of protein, which strengthens a person, and without sugar it is not fattening.

コロンビア生まれの社会学者、サマエル・アウン・ベオールの名言です。

「fatten」は、「太らせる、肥やす、増大させる」という意味の動詞です。

キャラメルは流行に過ぎないが、チョコレートは永久的なものだ。

⇒ Caramels are only a fad. Chocolate is a permanent thing.

アメリカ最大手のチョコレート会社であるHershey’sの創業者、ミルトン・S・ハーシーの名言です。

「fad」は、「一時的な流行、気まぐれ」という意味の名詞です。

チョコレートケーキは爆弾だ!

⇒ Chocolate cake is the bomb!

アメリカの女優、スカーレット・ポマーズの名言です。

カロリー爆弾ということでしょうか。

「bomb」は、「爆弾、大成功、大失敗」という意味の名詞です。

チョコレートは自身への愛の贈り物だ。

⇒ Chocolate is a gift of love to yourself.

ドイツのフィジカルトレーナー、ソニア・ブルーメンソールの名言です。

「gift」は、「贈り物、贈与、才能」という意味の名詞です。

チョコレートはセラピーよりも安く、予約も必要ない。

⇒ Chocolate is cheaper than therapy and you don’t need an appointment.

アメリカの小説家、ジル・シャルヴィスの名言です。

「appointment」は、「約束、予約、指名」という意味の名詞です。

チョコレートは幸福の豆を挽いたものである。

⇒ Chocolate is ground from the beans of happiness.

アメリカの作家、テリ・ギルメットの名言です。

「ground」は、「挽いた、細かくした」という意味の形容詞です。

チョコレートは薬のようなものだ。しかし、薬と同様に適切な用量が重要である。食べ過ぎてはならない。

⇒ Chocolate is like medicine. But as with medicine, the key is the proper dose. Don’t overdo it.

エドワード・ジョーンズの名言です。

「overdo」は、「やり過ぎる、度を超す」という意味の動詞です。

チョコレートには境界線がない。あらゆる言語を話し、あらゆる大きさになり、多くの文化や領域に織り込まれている。

⇒ Chocolate knows no boundaries, speaks all languages, comes in all sizes, is woven through many cultures and disciplines.

アメリカの大学教授、ハーマン・A・ベルリナーの名言です。

「discipline」は、「規律、訓練、法規、領域」という意味の名詞です。

コーヒーとチョコレート?モカの発明者は聖人とされているに違いない。

⇒ Coffee and chocolate? The inventor of mocha should be sainted.

アメリカの作家、チェライズ・シンクレアの名言です。

「sainted」は、「聖人とされた、天国にいる」という意味の形容詞です。

罪悪感を感じることによって、崇高なチョコレート体験を壊してはならない。

⇒ Don’t wreck a sublime chocolate experience by feeling guilty.

アメリカの料理評論家、ローラ・ブロディの名言です。

罪の意識は感じずに、美味しく食べなさいということですね。

「sublime」は、「卓越した、崇高な」という意味の形容詞です。

世界中の至るところに経済的、政治的、宗教的な緊張がある。だから私たちにはチョコレートが必要だ。

⇒ Everywhere in the world there are tensions, economic, political, religious. So we need chocolate.

フランスの有名シェフ、アラン・デュカスの名言です。

「tension」は、「緊張、張力」という意味の名詞です。

運動は汚い言葉だ。それを聞くたびにチョコレートで口を洗い流す。

⇒ Exercise is a dirty word. Every time I hear it, I wash my mouth out with chocolate.

アメリカの漫画家でスヌーピーの生みの親、チャールズ・M・シュルツの名言です。

「wash out」は、「洗い流す、えぐり取る」という意味です。

チョコレートを他の人に贈ることは親密なコミュニケーションの形で、深くて暗い秘密の共有である。

⇒ Giving chocolate to others is an intimate form of communication, a sharing of deep, dark secrets.

ミルトン・ゼルマのチョコレートに関する名言です。

「intimate」は、「親しい、親密な」という意味の形容詞です。

私は好きではないチョコレートに出会ったことはない。

⇒ I never met a chocolate I didn’t like.

アメリカのSFドラマであるスタートレックの登場人物、ディアナ・トロイの名言です。

「never」は、「決して~ない、未だ~ない」という意味の副詞です。

もし天国にチョコレートが無いのなら、私は行かない。

⇒ If there’s no chocolate in heaven, I’m not going.

ニュージーランドのイラストレーター、ジェーン・シーブルックの名言です。

「heaven」は、「天国、天界、楽園」という意味の名詞です。

チョコレートが愛の代わりになるというのは間違っている。愛がチョコレートの代わりになるのだ。

⇒ It’s not that chocolates are a substitute for love. Love is a substitute for chocolate.

フランスの作家、ミランダ・イングラムの名言です。

「substitute」は、「代わりのもの、代替、補欠」という意味の名詞です。

人生はチョコレートの箱のようなものだ。何を手に入れるかは全く分からない。

⇒ Life is like a box of chocolates. You never know what you’re gonna get.

映画、フォレスト・ガンプに登場する名言です。

「gonna」は、「going to」が略されたものです。

チョコレートのない人生は、重要なものが欠けた人生だ。

⇒ Life without chocolate is life lacking something important.

オーストリア生まれの作家、フレデリク・モートンの名言です。

「lack」は、「欠いている、不足している」という意味の動詞です。

チョコレート以上にロマンチックなものはない。

⇒ Nothing is more romantic than chocolate.

アメリカの作家、テッド・アレンの名言です。

「romantic」は、「恋愛の、空想的な、情熱的な」という意味の形容詞です。

常に幸せでいたい?常にチョコレートを持ち歩きなさい。

⇒ Wanna be always happy? Always carry some chocolate with you.

パブロ・バジェのチョコレートに関する名言です。

「wanna」は、「want to」が略されたものです。

以下のページも是非どうぞ。
>>「wanna」「gonna」「gotta」の意味と発音は?短縮スラング大解剖!

私のチョコレート工場へようこそ。

⇒ Welcome to my chocolate factory.

チャーリーとチョコレート工場に登場する工場長、ウィリー・ウォンカのセリフです。

ミュージカルにもなった人気映画ですね。

まとめ

以上、チョコレートに関する名言や格言を英語で紹介してきましたが、いかがでしたか?

このページが皆さんのお役に立てば幸いです。

また、以下のページも合わせてご覧ください。
>>最高にかっこいい英語・英単語一覧まとめ100選!
>>料理やグルメに関する英語の名言・格言50選一覧まとめ!