「wanna」「gonna」「gotta」の意味と発音は?短縮スラング大解剖!

このページでは、「wanna」「gonna」「gotta」という3つのスラングについて、それぞれの意味と発音を紹介していきます。

ところで、皆さんはネイティブの日常会話ってどれくらい聞き取れますか?

洋画などを字幕無しで見た経験がある人は分かるかもしれませんが、日常会話のリスニングは非常に難しく、言っていることがほとんど分からないという人も多いかと思います。

これまで学校の授業やTOEICで勉強してきたリスニングではそこそこ点数は取れていたのに、ネイティブの日常会話になった途端に聞き取れなくなってしまうのはなぜでしょうか?

ネイティブは話すスピードが速いということもありますが、「くだけた英語を話している」ということも非常に大きな原因です。

学校の授業やTOEICのリスニングでは、文法的に正しい英文が、正しい発音で話されているリスニング音声を使って勉強してきました。

しかし、日常会話では細かい文法が無視されたり、正しく発音されなかったり、短縮や省略が頻繁に使われたりしますので、リスニングの難易度はぐっと上がります。

「wanna」「gonna」「gotta」という3つのスラングも日常生活でよく使われるフレーズで、まさにその典型的な例です。

下でも詳しく説明しますが、「wanna」は「want to」の短縮形、「gonna」は「going to」などの短縮形、「gotta」は「got to」の短縮形です。

このように、口語では1つ1つの音をはっきりと発音しないことが多いので、これを事前に理解しておけば聞き取りが楽になります。

これらのフレーズをしっかり聞き取って意味を理解できれば、あなたの日常会話のレベルも上がることでしょう。

なお、これらのスラングはビジネスなどのフォーマルな場で使うようなフレーズではないため、使いどころにはご注意ください。

以下のページも合わせてご覧ください。
>>学校では習わない!英会話スラングを110フレーズまとめてみた
>>オンライン英会話大手5社の料金と特徴を比較してみた

それでは、1つずつ順に意味と発音を紹介していきます。

「wanna」の意味と発音

「wanna」は「want to」が短縮されたもので、「~したい」という意味になります。

発音記号(米国)は「wὰnə」で、「ワナ」という発音です。

「wanna + 動詞の原型」という使い方となります。

例文は以下の通りです。

I wanna be a doctor. (医者になりたいよ。)
We wanna try it. (僕たちこれやってみたい。)

肯定文のときには注意が必要で、主語が「you」「she」「he」のときにはあまり使われません。

基本的には、主語が「I」や「we」の時に使われます。

一方で、疑問文のときにはどの主語でも使えるため、注意する必要はありません。

例:Do you wanna eat Japanese food? (日本料理食べたい?)

なお、「want to」の他に、「want a ~」という意味で「wanna」を使う場合もあります。

例:I wanna car. (車が欲しい。)

「gonna」の意味と発音

「gonna」は「going to」が短縮されたもので、be動詞と一緒に使うことで、「~するつもり」という意味になります。

発音記号(米国)は「gənə」で、「ガナ」という発音です。

「be動詞 + gonna + 動詞の原型」という使い方となります。

例文は以下の通りです。

I’m gonna be late. (遅れるよ。)
Are you gonna drink it? (それを飲むつもりなの?)

否定文にするときは、「not」を「be動詞」と「gonna」で挟みます。

迷ってしまう場合は、「gonna」を「going to」に分解して考えると良いでしょう。

例:I’m not gonna give up. (諦めるつもりはないよ。)

「gotta」の意味と発音

「gotta」は「have to」「have got to」または「got to」が短縮されたもので、「~しなければならない」という意味になります。

発音記号(米国)は「gάṭə」で、「ガタ」という発音です。

「gotta + 動詞の原型」という使い方となります。

例文は以下の通りです。

I gotta go now. (もう行かなきゃ。)
You gotta study English. (英語を勉強しないといけないよ。)

「have」が抜けているので文法的に正しいかと聞かれると疑問符は付きますが、日常会話ではかなりの頻度で使われるフレーズです。

その他の短縮表現

上で紹介した3つの表現の他に、以下のような短縮表現もあります。

会話に登場する頻度は上の3つほど高くはありませんが、もし余裕があれば覚えてみてください。

have to ⇒ hafta (ハフタ)
ought to ⇒ oughta (アタ)
could have ⇒ coulda (クダ)
might have ⇒ mighta (マイタ)
must have ⇒ musta (マスタ)
should have ⇒ shoulda (シュダ)
would have ⇒ woulda (ウダ)
don’t know ⇒ dunno (ドノー)
give me ⇒ gimme (ギミ)
let me ⇒ lemme (レミ)
get you ⇒ getcha (ゲッチャ)
got you ⇒ gotcha (ガッチャ)
out of ⇒ outta (アウタ)
kind of ⇒ kinda (カインダ)

まとめ

以上、「wanna」「gonna」「gotta」という3つのスラングについて、それぞれの意味と発音を紹介しました。

非常にカジュアルな表現ですので使うタイミングには注意して、日常会話の中で活用してみてくださいね。

以下のページでは、スラングを豊富に紹介しておりますので、是非こちらも合わせてご覧ください。
>>学校では習わない!英会話スラングを110フレーズまとめてみた