英語の入国審査での質問フレーズと回答フレーズをまとめてみた

海外旅行や海外出張で空港に降り立って、まず最初に英語で喋らなければならない関門は入国審査です。

最初は誰でも不安を感じるかと思いますので、このページでは頻出の質問フレーズとそれに対する回答フレーズをまとめております。

このページを読んで、入国審査がどのようなものか掴んでいただければと思います。

入国審査について

入国審査とはイミグレーション(Immigration)とも呼ばれ、国に入国する人が怪しい人物では無いか、問題のある人物では無いかをチェックする審査のことです。

全体的な流れとしては、
到着⇒入国審査⇒荷物受取⇒税関⇒入国
となります。

到着後、「Foreigner」や「Foreign Passport」と記載されたレーンに並び、1人ずつ入国審査官の質問を受けることとなります。

審査と聞くと不安に思うかもしれませんが、日本のパスポートの威力は絶大で、日本人であれば世界中どこの国でも比較的早く審査が終わります。

逆に、その国と敵対関係にあるような国や、不法就労者の多い国の人々は時間が掛かってしまう傾向にあるので、イミグレが混んでいるときはどの列が早く進みそうか考えてから並んだ方が良いかもしれません。

質問を受けるときは聞かれたことだけに対して簡潔に返答し、余計なこと、適当なことは話さないようにしましょう。

また、「日本人=英語ができない」というのは有名で、各国の入国審査官ももちろんそれを分かっています。

英語が聞き取れなかったときは、「Sorry?」や「Could you say that again?」と言えば、ゆっくり言い直してくれますのでご安心ください。

入国審査では、パスポート、入国カード、eチケットが必要になることが多いので、すぐ取り出せるように事前に準備しておきましょう。

入国カードは飛行機の中で配られます。

入国審査場にも記入するためのスペースはありますが、イミグレの列はすぐ混むので事前に記入しておきましょう。

そのため、機内にペンを持ちこんでおくことをおすすめします。

ペンを忘れた場合は機内でCAさんにお願いすれば、借りることもできます。

入国カードさえしっかりと書かれていれば、口頭での質問無しに入国できる場合も多いですので、抜け漏れの無いように記入しておきましょう。

入国審査で頻出の質問フレーズと回答フレーズ

それでは、入国審査の頻出フレーズを紹介していきます。

パスポートを見せてください。

⇒ Show me your passport.
⇒ May I see your passport?

まず、パスポートと入国カードを入国審査官に渡すように言われます。

「Passport.」とだけ言われる場合もあります。

これらのフレーズを言われる前に、先にパスポートを渡してしまう方が親切ですね。

無言で渡しても何ら問題ありませんが、もし余裕があれば「Here you are.」と言って渡してあげましょう。

渡航目的は何ですか?

⇒ What’s the purpose of your visit.
⇒ Why are you here?
⇒ Are you here for business or pleasure?

回答
⇒ Sightseeing. (観光)
⇒ Business. (仕事)
⇒ Pleasure. (遊び)
⇒ To study. (勉強)
⇒ To see my friend. (友人に会う)
⇒ Just to transit. (乗継ぎ)

口頭で何か質問される場合には、ほぼ100%飛んでくる質問です。

しっかりとした文章で答えなくても、上記のように単語で答えれば充分です。

文章全体がうまく聞き取れなくても、「purpose(目的)」や「why(なぜ)」という単語が聞こえたら、渡航目的を聞かれているはずので簡潔に答えましょう。

どのくらい滞在しますか?

⇒ How long will you stay in this country?
⇒ How many days are you staying in this country?
⇒ When will you return to your country?

回答
⇒ Five days. (How long, How manyで聞かれた場合)
⇒ Next Sunday. (Whenで聞かれた場合)

こちらも、口頭で何か質問される場合はほぼ100%聞かれます。

上記のような質問の他、「How long?」とだけ聞かれる場合もあります。

全てが聞き取れなくても、「how long」、「how many days」、「when ~ return」というワードが聞こえたら、滞在期間を聞かれているはずので簡潔に答えましょう。

滞在先はどこですか?

⇒ Where are you going to stay?
⇒ What address will you be staying at?
⇒ Have you booked any accommodation?

回答
⇒ Hilton Hotel.
⇒ My friend’s house.

聞き取れなくても、「where(どこ)」「stay(滞在する)」「accommodation(宿泊施設)」という単語をキーに、滞在先が聞かれていると判断できます。

住所を聞かれてもホテル名だけ答えれば充分ですが、詳しい住所を執拗に聞いてくる場合は、ホテルの予約票を見せましょう。

それが難しければ、都市名だけでも大抵はOKです。

この国に来るのは何度目ですか?

⇒ First time to this country?
⇒ How many times have you visited this country?
⇒ Have you ever been to this country?

回答
⇒ First time.
⇒ Second time.
⇒ Three times.
⇒ Many times.

上記のように回数で答えるか、「Yes.」や「No.」で質問に答えることとなります。

パスポートの入国記録と照らし合わせて、パスポートの本人確認をするために質問しているらしいので、嘘は付かないようにしましょう。

復路のチケットは持っていますか?

⇒ Do you have a return ticket?

回答
⇒ Here you are. (復路のチケットを見せる場合)
⇒ I will buy one before I leave. (まだ購入していない場合)
⇒ I have my open ticket. (オープンチケットの場合)

「ticket」という言葉が聞こえたら、eチケットを見せるようにしましょう。

復路のチケットを確認するのは、旅行者の不法滞在を防ぐためだそうです。

最終目的地はどこですか?

⇒ Where is your final destination?

回答
⇒ Tokyo.

乗り継ぎ(transit)の場合は、最終目的地を聞かれることもあります。

都市名か空港名を答えるようにしましょう。

念のため、以下のページも確認しておきましょう。
>>英語での発音を間違えやすい都市名・地名をまとめてみた

一人での旅行ですか?

⇒ Are you traveling by yourself/ with your friends?

回答
⇒ Myself.
⇒ With my friend.

同行者に関することもたまに聞かれます。誰かと一緒に来ている場合は「With ~.」と表現しましょう。

あなたの職業は何ですか?

⇒ What’s your occupation?
⇒ What do you do?

回答
⇒ Office worker. (会社員)
⇒ Student. (学生)
⇒ Homemaker. (主婦)

不法就労目的の入国で無いことを確認するための質問だそうです。

そのため、無職の場合は答え方に少し注意しましょう。

(税関にて)何か申告するものはありますか?

⇒ Do you have anything to declare?

回答
⇒ Nothing.

ほとんどの人が「Nothing.」になるかと思いますが、もし申告すべきものを持っている場合は説明しましょう。

多額の現金や肉類などが申告対象になる国が多いです。

(税関にて)これは何ですか?

⇒ What is this.

回答
⇒ Japanese food. (食品)
⇒ Japanese cosmetics. (化粧品)

食べ物や化粧品など、英語での呼称がすぐには分からない場合には、ひとまとめに「food」や「cosmetics」と説明しましょう。

頭に「Japanese」を付ければ、比較的サッと通してくれる傾向にあります。笑

【おまけ】 空港で役立つ英単語集

フライト関連の英単語

国際線 ⇒ international service
国内線 ⇒ domestic service
出発便 ⇒ departures
到着便 ⇒ arrivals
航空会社 ⇒ airline
搭乗券 ⇒ boarding pass
搭乗口 ⇒ boarding gate
便名 ⇒ flight number
出発時刻 ⇒ departure time
到着時刻 ⇒ arrival time
最終チェックイン ⇒ last check-in
搭乗開始時刻 ⇒ boarding time
搭乗最終案内 ⇒ last call
乗り換え ⇒ transfer, transit
接続便 ⇒ connecting flight

定刻 ⇒ on time, scheduled
出国手続中 ⇒ go to gate
搭乗中 ⇒ boarding
搭乗締切 ⇒ gate closed
出発済 ⇒ departed
欠航 ⇒ cancelled
遅延 ⇒ delayed
時間変更 ⇒ new time

手荷物 ⇒ baggage
機内持込手荷物 ⇒ carry-on baggage
手荷物引換証 ⇒ baggage claim tag
手荷物検査 ⇒ security check
超過手荷物 ⇒ excess baggage

出入国・税関の英単語

検疫 ⇒ quarantine
入国管理 ⇒ immigration, passport control
パスポート ⇒ passport
ビザ ⇒ visa
居住者 ⇒ resident
非居住者 ⇒ nonresident
外国人 ⇒ foreigner
税金 ⇒ duty
免税 ⇒ duty free
申告する ⇒ declare
税関 ⇒ customs
税関申告書 ⇒ customs declaration form

空港設備の英単語

ターミナル ⇒ passenger terminal
チェックインカウンター ⇒ check-in counter
発券カウンター ⇒ ticketing counter
ラウンジ ⇒ lounges
手荷物受取所 ⇒ baggage claim area
手荷物一時預かり所 ⇒ left baggage
遺失物取扱所 ⇒ lost property
両替所 ⇒ foreign exchange

まとめ

以上、入国審査での頻出フレーズや、空港で役立つ英単語について紹介しました。

海外旅行に行かれる際は、是非このページもご覧ください。
>>海外では通じない和製英語、160語をまとめてみた

それでは、お気を付けて行ってらっしゃい!