オンライン英会話のレッスンで役立つフレーズ・英語表現をまとめてみた

このページでは、オンライン英会話で役に立つ英語表現を紹介しています。

頭の中でフレーズは分かっているつもりでも、いざという時にパッと出てこないものです。

Skypeと合わせてこのページも開いておき、カンニングペーパー代わりに使っていただければと思います。

こんなにたくさん覚えられないよ!と言う人は、次の7つのフレーズだけでも覚えてください。

恐らく、初めての場合は相手の話す英語がほとんど聞き取れないと思います。

そのような場合でも、「相手の言ったことをもう一度聞き返す」、「相手の言ったことが分からなかったことを伝える」ことさえ出来れば、会話は成立します。

ですので、以下のフレーズだけは最低限覚えるようにしてください。

オンライン英会話で最低限覚えておくべき7つのフレーズ


Sorry?

相手が言ったことを聞き返すときには、この「Sorry?」を使います。

語尾を上げるのがポイントで、語尾を下げてしまうと「ごめんなさい」という意味になってしまいます。

What’s that?

「何と言いましたか?」という意味のフレーズです。

「that」には「あなたの言ったこと」という意味があります。

もちろん、「あれは何?」という意味でも使えるので、便利なフレーズです。

Could you say that again?

「あなたの言ったことをもう一度言ってくれませんか?」という丁寧な表現です。

上記のフレーズを使った後、さらに聞き返すときに使いましょう。

I can’t hear you well.

「あなたの声がよく聞こえません。」というフレーズです。

回線が不安定な講師が多いので、覚えておきましょう。(特にフィリピン人講師)

I don’t understand what you mean.

「あなたの言っていることが分かりません。」というフレーズです。

このように伝えれば、表現を変えて別の言い方で話してくれるかと思います。

Could you speak more slowly?

「もっとゆっくり話してくれませんか?」というフレーズです。

最初は講師もこちらのレベルが分からずに早口になってしまうことも多いので、遠慮無くスピードダウンをお願いするようにしましょう。

Could you type it for me?

「文字をタイピングしてくれませんか?」というフレーズです。

どうしても聞き取れないときは、チャットウィンドウにタイピングしてもらいましょう。

以上、少なくともこれらの7つのフレーズは必須ですので、いつでも使えるようにしておいてください。

それでは、本題に入ります。

オンライン英会話の流れに沿って、役に立つ英語表現を順に紹介していきます。

接続状況の確認

まず、Skypeなどを用いて講師とオンライン接続することとなります。

お互いの通信状況によっては映像や音声が乱れることがよくありますので、こういったトラブルに対応するためのフレーズを紹介します。

あなたの音声がよく聞こえません。

⇒ I can’t hear you well.

音声が途切れ途切れになるなど、聞こえにくい場合はこのフレーズが便利です。

あなたの音声が全く聞こえません。

⇒ I can’t hear you at all.

全く聞こえない場合は「at all」という表現を使いましょう。

あなたの映像が見えません。

⇒ I can’t see you.

音声は流れるけども映像が映らない場合には、上のようなフレーズで相手に伝えましょう。

相手側がカメラのスイッチを切ってしまっていただけ、ということが多いですね。

雑音があります。

⇒ There is a noise.

ノイズが入る場合は、この表現が役に立ちます。

相手のマイク位置を変えてもらうことで改善することも多いです。

少し待ってください。

⇒ Please wait a minute.

こちらの接続ミスなどで相手を待たせてしまう場合には、この一言があれば丁寧ですね。

私のマイクを調整してみます。

⇒ I’m trying to adjust my microphone.

マイクは英語で「microphone」と言います。

結構使うので覚えておくと便利ですよ。

ネット接続がおかしいようです。

⇒ Something is wrong with the internet connection.

電波状態が悪いなど、ネット回線が何かおかしいということを伝える場合には役立つフレーズです。

一度通話を切ってから、また掛け直します。

⇒ I’ll hang up and get back to you.

一度通話を切断して再接続する場合には使える表現です。

これも結構な頻度で使うフレーズですね。

私のパソコンがちょっとおかしいです。

⇒ My computer is something wrong.

なんかよく分かんないけど何かがおかしい、といったニュアンスです。

パソコンを再起動してもいいですか?

⇒ Can I restart my computer?

パソコンの具合が悪く、再起動する際に使えるフレーズです。

映像を止めてもいいですか?

⇒ Could you stop the video?

通信状況が悪い時は、映像をストップして音声通話のみにすると改善する場合があります。

私はウェブカメラを使いません。

⇒ I don’t use a web camera.

こちらの映像を送りたくない場合に役立つ英語表現です。

レッスン開始・自己紹介

うまく接続出来たら、次は自己紹介です。

自己紹介の際にいろいろ役立つフレーズをご紹介します。

はじめまして。

⇒ Nice to meet you.

初めての講師の場合はきちんと挨拶をしましょう。

お会いできて嬉しいです。

⇒ I’m happy to see you.

画面越しに会話しているわけですから、「meet」というよりは「see」ですね。

私の名前は太郎です。

⇒ I’m Taro.

自己紹介するときは名前を伝えることを忘れないようにしましょう。

太郎と呼んでください。

⇒ Please call me Taro.

愛称やニックネームで呼んでほしい場合は、事前に伝えておくと良いですね。

あなたのことは何と呼べばいいですか?

⇒ What shall I call you?

講師のことも愛称で呼べば、距離が縮まりやすいです。

私は20歳です。

⇒ I’m 20 years old.

自分の年齢を伝えるためのフレーズです。

あなたは何歳ですか?

⇒ How old are you?

女性講師に年齢を聞くときは、ちょっと気を遣うようにしましょう。

私の出身は東京です。

⇒ I’m from Tokyo.

自分の出身地を伝えるための表現です。

私は東京に住んでいます。

⇒ I live in Tokyo.

住所を伝えるときは「live in」という表現が便利です。

あなたはどこに住んでいますか?

⇒ Where do you live?

相手の住所を聞くためのフレーズです。

そこから上手く話を広げたいですね。

相手の地名が聞き取れない場合は、以下のページも参考にしてみてください。
>>英語での発音を間違えやすい国名をまとめてみた
>>英語での発音を間違えやすい都市名・地名をまとめてみた

私はテレビを見るのが好きです。

⇒ I like watching TV.

趣味や好きなことを伝えるための表現です。

あなたの趣味はなんですか?

⇒ What are your hobbies?

趣味は英語で「hobby」と言います。

私の職業は会社員です。

⇒ I’m an office worker.

事務所のような場所で働いている場合は「office worker」となります。

あなたの職業は何ですか?

⇒ What do you do?

簡単な表現ですが、これで相手の職業を聞くことができます。

私は5年前に英語の学習を始めました。

⇒ I started learning English 5 years ago.

英語の学習歴を聞かれた場合は、このように答えましょう。

私は英語を上手く話せません。

⇒ I’m not good at speaking English.

「I can’t speak English.」では、今英語で話してるじゃん!となってしまいますので、このフレーズがおすすめです。

講師の話していることが理解できない場合

自己紹介の後は、レッスンに入っていきます。

最初は講師が話していることをほとんど聞き取れないかもしれませんが、冒頭でも書いた通り、「相手の言ったことをもう一度聞き返す」、「相手の言ったことが分からなかったことを伝える」ことさえ出来れば、会話は繋がります。

言っていることがよく分からない場合に役立つフレーズを紹介していきますので、是非活用してください。

何と言いましたか?もう一度言ってもらえますか?

⇒ Sorry?
⇒ Excuse me?
⇒ What’s that?
⇒ Could you say that again?

このように様々な言い方があります。

オンライン英会話では何度も繰り返すフレーズかと思いますので、いくつかレパートリーを持っておけるといいですね。

あなたの言っていることが分かりません。

⇒ I don’t understand what you mean.

聞き取れないのではなく、言っている「意味」が分からない場合に使うフレーズです。

あなたの話がよく聞こえません。

⇒I can’t hear you well.

こちらは物理的によく聞こえない場合に使うフレーズです。

もっとゆっくり話してくれませんか?

⇒ Could you speak more slowly?

講師の話すスピードが速すぎる場合には、ゆっくり話すようにしてもらいましょう。

それはどういうスペルですか?

⇒ How do you spell that?

講師が発した言葉のスペルが分からない場合に役立つ表現です。

文字をタイピングしてくれませんか?

⇒ Could you type it for me?

スカイプのチャットウィンドウにスペルを打って欲しいときは、このように伝えましょう。

“interesting”とは何ですか?

⇒ What is “interesting”?

知らない単語の意味を聞くためのフレーズです。

あなたが言った内容が理解できませんでした。

⇒ I don’t get it.

「get」には「理解する」という意味もあります。

理解した場合は「I got it.」となります。

今、テキストのどこですか?

⇒ Where are we now?

今どの部分の話をしているのかが分からなくなった場合に使えるフレーズです。

辞書を引いてもいいですか?

⇒ May I use my dictionary?

辞書を「引く」という表現は、難しく考えずに「use」を使えば大丈夫です。

相手への受け答え

レッスンにおける会話は、基本的には講師のペースで進むかと思います。

私達は、講師の話に対してしっかりと相槌や受け答えをしないと、講師側としても私達がしっかりと話を理解しているか、話についてきているかが分かりません。

こちらでは、使用頻度の高い、受け答えの表現を紹介しています。

はい。

⇒ Yeah.

同意の表現です。

うん。

⇒ Uh-huh.

同じく、同意表現です。

もちろん。

⇒ Sure.

何かを依頼されて、快く引き受ける場合のフレーズです。

その通り。

⇒ Exactly.

相手の発言に対し、全面的に同意する際の表現です。

すごい!

⇒ Great!

同意するとき、相手を褒めるときなど、色々と使える便利な表現です。

分かりました。

⇒ I understand.

理解したことを伝えるためのフレーズです。

そうだね。

⇒ I know.

既知の事実について同意するときの表現です。

そうですね。

⇒ That’s right.

「そうですね。」「その通り。」というニュアンスを伝えたいときに使いましょう。

なるほど、分かった。

⇒ I see.

こちらも同意するときの表現です。

本当に?

⇒ Really?

「マジで?」というようなニュアンスですね。

うーん。

⇒ Well….

少し考える際に一息置くためのフレーズです。

えーっと。

⇒ Let me see…

こちらも上のフレーズと同じような使い方ができます。

それはいいね!

⇒ That’s good!

相手の考えに共感するときなどに使える表現です。

それは残念です。

⇒ That’s too bad.

相手に残念なことがあった場合に、共感するときの英語表現です。

私もそう思います。

⇒ I think so.

こちらも相手に同意するための表現です。

私はそう思いません。

⇒ I don’t think so.

相手とは考えが違うことを伝えるためのフレーズです。

オンライン英会話のレッスン中あれこれ

質問してもいいですか?

⇒ May I ask you a question?

講師の話をさえぎって質問する場合など、クッションに使えると丁寧ですね。

文法が間違っていたら、指摘してくれませんか?

⇒ Could you correct me when my grammar is wrong?

文法の間違いをその都度指摘してほしい場合は、事前にこのように伝えておきましょう。

発音が間違っていたら、指摘してくれませんか?

⇒ Could you correct me when my pronunciation is wrong?

発音は「pronunciation」と言います。

オンライン英会話では頻出語句ですので、覚えておきましょう。

「interesting」の意味はなんですか?

⇒ What does “interesting” mean?

単語の意味を聞くためのフレーズです。

この英文で大丈夫ですか?

⇒ Does this English sound okay?

自分の英文が問題無いか確認するための表現です。

英語でどのように言えばいいのか分かりません。

⇒ I don’t know how to say it in English.

伝えたいことをどうしても英語にしにくい場合、この表現で逃げることができます。

他の言い方で話してもらえますか?

⇒ Could you say that in a different way?

相手の表現がよく分からない場合は、違う言い方を試してほしいことを伝えましょう。

それはどのように発音するのですか?

⇒ How do you pronounce that?

単語の発音を確認したいときに役立つフレーズです。

教えていただきありがとうございます。

⇒ Thank you for the answer.

質問に答えてくれたときにはお礼をすると丁寧です。

色々とありがとうございます。

⇒ Thank you for everything.

講師が様々な気遣いをしてくれたときには、このような英語表現も使いたいですね。

どういたしまして。

⇒ You are welcome.

講師から何かお礼をされたときの返答フレーズです。

気にしないでください。

⇒ Don’t worry about that.

講師がミスなどをしてしまった場合に、フォローするための表現です。

お先にどうぞ。

⇒ Go ahead.

講師と自分が同時に喋り出してしまった場合には便利なフレーズです。

考えさせてください。

⇒ Please let me think about it.

少し返答に時間が掛かる場合には、このように伝えましょう。

トイレに行ってきます。

⇒ I’m going to the restroom.

トイレは英語で「restroom」と言います。

ごゆっくりどうぞ。

⇒ Take your time.

相手に「ちょっと待ってね」と言われた場合に役立つフレーズです。

お待ちいただきありがとうございます。

⇒ Thank you for waiting.

相手に待ってもらった場合はお礼をしましょう。

お待たせして申し訳ありません。

⇒ I’m sorry to keep you waiting.

相手を待たせた場合のお詫び表現です。

それは知りませんでした。

⇒ I didn’t know that.

相手の話が初耳だった場合に使える表現ですね。

~についてはどう思いますか?

⇒ What do you think about ~ ?

相手の考えを聞いてみたい場合のフレーズです。

あなたはどうですか?

⇒ How about you?

割と使いどころの多い表現ですので、覚えておくと便利です。

~だと思います。(意見、考え)

⇒ I think ~.

自分の意見を述べるときは「think」を使います。

~だと思います。(推測、憶測)

⇒ I guess~.

自分の推測を述べるときは「guess」を使います。

「think」と上手く使い分けましょう。

質問はありません。

⇒ I don’t have any questions.

質問があるかを聞かれたものの、特に質問が無い場合はこのように答えましょう。

レッスン終了・お礼

本日はありがとうございました。

⇒ Thank you for today.

レッスン終了時にはお礼をしましょう。

とても楽しかったです。

⇒ I had a great time.

楽しくレッスンできたことを伝えると、講師も安心してくれますね。

今日はとても勉強になりました。

⇒ I learned a lot today.

講師のレッスンがためになったことを伝えるときに役立つフレーズです。

更に上達するためにフィードバックを頂けませんか。

⇒ Could you give me feedback to improve my English?

改善点をズバッと指摘してほしいときには、このように伝えましょう。

またあなたのレッスンを受講したいです。

⇒ I want to take your lesson again.

このような気の利いた一言が言えるようになれば、英会話が楽しくなりますね。

良い一日を。

⇒ Have a nice day.

主に午前中のレッスンで使える表現です。

おやすみなさい。

⇒ Good night.

こちらは主に夜のレッスンで役立つ表現ですね。

またね。

⇒ See you again.

通話を切る前に、さよならの挨拶も忘れずに。

まとめ

以上、オンライン英会話で役に立つ表現をまとめました。

是非、これらのフレーズを活用して、英語表現の幅を広げていただければと思います。

どのオンライン英会話にするか迷っている人は、以下のページも是非ご覧ください。
>>オンライン英会話大手5社の料金と特徴を比較してみた