飲食店・アパレル・小売店の接客に使える英語フレーズを80個まとめてみた

このページでは、飲食店やアパレル、コンビニなどの接客で使える英会話フレーズを紹介しています。

比較的、接客での使用頻度が高いフレーズのみを厳選して掲載しております。

これらの頻出フレーズは覚えておくと何かと便利ですので、いざという時のために覚えられるものから覚えてみてください。

なお、飲食店をお客さんの側として利用する場合は、以下を参考にしてください。
>>英語で飲食店やレストランを利用するときに役立つフレーズまとめ

また、以下のページも是非どうぞ。
>>オンライン英会話大手5社の料金と特徴を比較してみた

来店時のお役立ち接客フレーズ


おはようございます!

⇒ Good morning!

入店してきたお客さんには、まず挨拶ですね。

こんにちは、いらっしゃいませ!

⇒ Hello, how are you?

「いらっしゃいませ」というフレーズを無理矢理英語に置き換えるのであれば、「How are you?」という表現が適切かと思います。

こんばんは!

⇒ Good evening!

夜だとこの表現です。

「good night」だと「おやすみなさい」になっちゃうので注意ですよ。

ABCストアへようこそ!

⇒ Welcome to ABC store!

このようなフレーズも覚えておくと接客に役立ちますね。

接客時のお役立ちフレーズ

少々お待ちください。

⇒ Please wait a moment.

お客さんをお待たせするときは、このように一声掛けるようにしましょう。

大変お待たせいたしました。

⇒ Thank you for waiting.

待ってもらったら、しっかりをお礼もしてくださいね。

スペルを言ってもらえますか?

⇒ Could you spell that?

お客さんが発した名前や商品名のスペルが分からないときに役立つフレーズです。

もう一度、言っていただけますか?

⇒ Could you say that again?

接客していると割とよく使う表現ですので、しっかりと使えるようにしておきたいですね。

確認させてください。

⇒ Let me check.

こちらも頻出フレーズです。

無言で確認に行くのではなく、事前に一言添えるようにしましょう。

こちらは税込価格です。

⇒ The price includes the consumption tax.

消費税は「consumption tax」と言います。

それはできません。

⇒ We can’t do that.

もしお客さんから無理な要求を受けたときには、しっかりと断るようにしましょう。

午前9時から午後9時まで営業しています。

⇒ We are open from 9:00am to 9:00pm.

営業時間を伝えるときは「we are open」というフレーズが便利です。

10分後に閉店します。

⇒ We will be closing in 10 minutes.

閉店は「we are close」で表現すると楽ですね。

列になってお待ちください。

⇒ Wait in line, please.

「列になって」は「in line」と表現しますので、覚えておくと便利かもしれません。

新しいものをお持ちします。

⇒ Let me bring you a new one.

「新しいもの」は、「new one」というフレーズを使うとスムーズです。

返金にされますか、それとも交換されますか?

⇒ Would you like to do refunds or choose something else?

返金は「refunds」という単語を使うことができます。

この空欄を埋めていただけますか?

⇒ Could you fill out this form?

申込書などの空欄を埋めてほしい場合は、「fill out」というフレーズを使いましょう。

【飲食店】席へ案内する時のお役立ち接客フレーズ

店内でお召し上がりですか?お持ち帰りですか?

⇒ For here or to go?

イートイン、テイクアウトでは伝わらない場合があるため、こちらを使うと安心です。

何名ですか?

⇒ How many?

お客さんの人数を聞く際の、カジュアルなフレーズです。

お客様は何名様ですか?

⇒ How many are in your group?

上のフレーズよりも、少し丁寧な表現になりますのて、上手く使い分けましょう。

3名様ですか?

⇒ Three?

お客さんの人数を確認するフレーズです。

やや雑なようにも思えますが、普通の飲食店ならこれで充分です。

喫煙と禁煙、どちらの席がよろしいですか?

⇒ Would you like smoking seat or non-smoking seat?

喫煙か禁煙を選べるタイプの店舗ではよく使われるフレーズです。

禁煙席のみです。

⇒ We only have non-smoking seats.

最近では禁煙席のみの店舗も増えてきていますね。

ご予約されていますか?

⇒ Do you have a reservation?

お客さんに予約の有無を確認するための英語表現です。

現在満席です。

⇒ We are full right now.

満席の場合は、「we are full」というフレーズを覚えておくと役立ちます。

そのテーブルはご予約席です。

⇒ That table is reserved.

予約席は「reserved」という表現になります。

約15分待ちです。

⇒ Wait time is about 15 minutes.

お客さんに待ち時間を伝えるためのフレーズです。

お名前を教えていただけますか?

⇒ Can I get your name, please?

お客さんが待たれる場合は名前も確認しておきましょう。

あなたのお席が準備できました。

⇒ Your table is ready.

これからお客さんを席に案内するときのフレーズです。

こちらへどうぞ。

⇒ Right this way.

案内するときには、このように声掛けできると丁寧ですね。

私に付いてきてください。

⇒ Follow me, please.

自分がお客さんを先導するときのフレーズです。

どこでもお好きな席へおかけください。

⇒ Please have a seat anywhere you like.

お客さんに席を選んでもらうときには、このような表現となります。

【飲食店】注文を取る時のお役立ち接客フレーズ

メニューはこちらです。

⇒ Here is our menu.

お客さんが席に着いたら、まずはメニューの案内です。

決まりましたらこのボタンを押してください。

⇒ Please press this button when you are ready to order.

呼出ボタンのあるレストランは、このように案内すると良いかと思います。

ただいま伺います。

⇒ I’ll be there in a moment.

お客さんから呼ばれた際のフレーズです。

ご注文はお決まりですか?

⇒ Are you ready to order?

注文を取るときには便利な表現です。

もう少しお時間が必要ですか?

⇒ Do you need a little more time to decide?

上のフレーズの他に、このような表現をすることもできます。

本日のおすすめはこちらです。

⇒ Here is today’s special.

本日のおすすめは「today’s special」と表現するとしっくり来ます。

ドレッシングはどれにしますか?

⇒ What kind of dressing?

いくつかの種類の中から選んでもらう場合は「what kind of ~」のフレーズが便利です。

フレンチドレッシングしかありません。

⇒ We only have french dressing.

残念ながら売り切れなどで選択肢が無い場合には、このように伝えましょう。

そちらは売り切れです。

⇒ We are all out of that.

品物自体が全て売り切れの場合はこちらです。

お飲み物は何にされますか?

⇒ Would you like something to drink?

何か飲み物もいかがでしょうか、というニュアンスですね。

ご注文は以上でよろしいでしょうか?

⇒ Is that everything for now?

注文が一通り終わったことを確認しましょう。

ご注文の確認をさせていただきます。

⇒ Let me confirm your order.

オーダーされた品物をもう一度確認する際に使えるフレーズです。

まずお飲み物をお持ちします。

⇒ I’ll be right back with your drinks.

まず料理の前に飲み物を持ってくる場合は、このように伝えましょう。

メニューを下げてもよろしいでしょうか。

⇒ May I take your menu?

「take」という動詞は「下げる」という意味ですので、覚えておくと役立ちます。

【飲食店】料理を提供するときのお役立ち接客フレーズ

お通しです。

⇒ This is an appetizer comes with your drink.

英語圏の国ではお通しという概念がメジャーではないので、やむを得ず「appetizer comes with your drink」のような表現になってしまいます。

こちらはお店のサービスです。

⇒ This is on the house.

「on the house」には「おごり」「無償提供」という意味があります。

こちらがご注文のピザです。

⇒ Here’s your pizza.

料理を出すときには、このように一言を添えたいですね。

熱いのでお気を付けください。

⇒ It is very hot. Please be careful.

ステーキやグラタンなどのように熱いまま出す料理の場合は、このフレーズを付け加えると丁寧です。

お待たせして申し訳ございません。

⇒ I’m sorry for the delay.

長くお待たせしてしまった場合はお詫びしましょう。

ご注文された食事は全てお揃いですか?

⇒ Have you received all your meals?

全て料理を出した後は、提供漏れが無いか確認しましょう。

お食事をお楽しみください。

⇒ Enjoy your meal!

日本での接客で言えば、「ごゆっくりどうぞ」というような使い方ですね。

追加のお飲み物はいかがですか?

⇒ Would you like another drink?

「いかがですか?」は「Would you like」という表現が便利です。

デザートはいかがですか?

⇒ Would you like to have some dessert?

「Would you like」の後に「to have」を付けることもできます。

他に何かご注文はございますか?

⇒ Can I get you anything else?

注文を聞いた後に、他にも注文が無いか確認する際のフレーズです。

お皿を下げてもよろしいですか?

⇒ May I take your plates?

何かを下げる場合は「take」という動詞が便利です。

【アパレル・小売店】接客時のお役立ち接客フレーズ

何かお手伝いしましょうか?

⇒ May I help you?

店内で困っているお客さんや、商品を見て回っているお客さんがいるときに使いたいフレーズです。

ご自由にご覧ください。

⇒ Please feel free to look around.

商品を見て回ることは「look around」という表現になります。

これはフリーサイズです。

⇒ That’s a one-size-fits-all.

「フリーサイズ」という表現は和製英語なので通じません。

全ての人に合うサイズ、ということで「one-size-fits-all」というフレーズを使いましょう。

S, M, L, XLがあります。

⇒ We have small, medium, large, and extra large.

これまであまり気にしたことが無かったかもしれませんが、XLのXは「extra」の略です。

ご試着されますか?

⇒ Would you like to try it on?

試着は「try it on」という表現を覚えておくと役立ちます。

試着室はあちらです。

⇒ The fitting room is over there.

「あちら」は「over there」と表現すると良いでしょう。

いかがですか?

⇒ How is it?

試着をしたお客さんへの声掛けとして使えるフレーズです。

お似合いですよ。

⇒ It really suits you.

「fit」は「サイズが合う」、「suit」は「似合う」という使い分けを覚えておきましょう。

袋は必要ですか?

⇒ Do you need a bag?

袋のことは「bag」と言い、ビニール袋のことは「plastic bag」と表現することが一般的です。

プレゼント用ですか?ご自宅用ですか?

⇒ Will this be a gift or for yourself?

日本の接客でよく使われる「自宅用」は、「for yourself」という言い回しが便利です。

ラッピングは必要ですか?

⇒ Would you like this gift-wrapped?

ラッピングするべきか確認するときはこのようなフレーズが役に立ちます。

ただいま品切れです。

⇒ It’s out of stock at the moment.

売り切れは「out of stock」と言います。

頻出表現ですので覚えておきましょう。

会計時のお役立ち接客フレーズ

会計はあちらです。

⇒ Please pay over there.

お客さんにレジの場所を伝えるときのフレーズです。

伝票をお持ちします。

⇒ I’ll bring the bill right now.

伝票のことは「bill」と言いますので、覚えておきましょう。

全部で3,000円になります。

⇒ That’s 3,000 yen.

お会計の合計額を伝える際に使える表現です。

お会計は一緒か別々、どちらにしますか?

⇒ Would you like to pay together or separately?

友人同士で来店していると思われる場合は、このような声掛けができると親切ですね。

お支払い方法はどうされますか?

⇒ How would you like to pay?

現金、クレジットカードなどといった支払手段を確認するためのフレーズです。

現金のみの取り扱いです。

⇒ We accept only cash.

支払手段が限定されてしまうことを伝える場合、「accept」という動詞が役に立ちます。

このカードはお取り扱いできません。

⇒ We can’t accept this card.

クレジットカードのことは、「card」という表現でも大丈夫です。

日本円のみ取り扱っております。

⇒ We accept only Japanese yen.

米ドルを出されてしまった場合に使えるフレーズですね。

ここにサインをお願いします。

⇒ Please sign here.

クレジットカードを使って支払う場合に役立つフレーズです。

こちらがお釣りです。

⇒ Here is your change.

おつりのことは「change」と言います。

またのご来店をお待ちしています!

⇒ Hope to see you soon!

お客さんをお見送りするときに役に立つ英語表現ですね。

良い一日を!/良い夜を!

⇒ Have a nice day/night!

まだお昼なら「nice day」、夜ならば「nice night」となります。

まとめ

以上、英語での接客に使えるフレーズを紹介しましたが、いかがでしたか。

いきなり全部覚えようと無理をせず、少しずつレパートリーを増やせるように頑張りましょう。

以下のページも、是非合わせてご覧ください。
>>就活生必見!入社にTOEICスコアは何点必要?各企業の採用基準をまとめてみた
>>必要となるTOEICスコア別!英語スキルを活かせる仕事・職種をまとめてみた