宇宙や天文学に関する英語の名言・格言30選!宇宙飛行士の名言など

このページでは、宇宙や天文学にまつわる英語の名言や格言を紹介しています。

宇宙飛行士や天文学者の名言を中心にまとめておりますので、是非お気に入りの名言を探してみてくださいね。

また、以下のページも是非合わせてご覧ください。
>>超有名な英語の名言・格言100選一覧まとめ!
>>ひとこと英語名言・格言150選!たった一言、3単語の名言だけ厳選

宇宙や天文学にまつわる英語名言・格言一覧まとめ

それでは、宇宙や天文学にまつわる名言や格言を英語で紹介していきます。

日本語、英語、簡単な解説を併記していますので、英語の勉強にもご活用ください。


宇宙の海の向こう側では、星は別の太陽だ。

⇒ Across the sea of space, the stars are other suns.

アメリカの天文学者、カール・セーガンの名言です。

「across」は、「横切って、向こう側に」という意味の前置詞です。

宇宙の遥か彼方を見ることで、宇宙の地平線に向かって、ビッグバンの時代に向かって時間を遡って見ていることにもなる。

⇒ By looking far out into space we are also looking far back into time, back toward the horizon of the universe, back toward the epoch of the Big Bang.

同じく、カール・セーガンの名言です。

「epoch」は、「時代、重要な出来事」という意味の名詞です。

毎日、あなたは宇宙の光と戯れているんだ。

⇒ Every day you play with the light of the universe.

チリの詩人、パブロ・ネルーダの名言です。

「universe」は、「宇宙、万物、世界」という意味の名詞です。

空や地球上でのあらゆる運動は、宇宙が統治下にあることを私たちに示している。

⇒ Every movement in the skies or upon the earth proclaims to us that the universe is under government.

イギリス生まれの科学者、ジョン・ウィリアム・ドライパーの名言です。

「proclaim」は、「宣言する、交付する、示す」という意味の動詞です。

宇宙に存在する全てのものは、偶然と必然の産物だ。

⇒ Everything existing in the universe is the fruit of chance and necessity.

ギリシャの哲学者、デモクリトスの名言です。

「fruit」は、「果実、産物、成果」という意味の名詞です。

私が親指を立てて片目を閉じると、私の親指が地球を消した。私は巨人のようだとは感じなかった。私はとてもとても小さく感じた。

⇒ I put up my thumb and shut one eye, and my thumb blotted out the planet Earth. I didn’t feel like a giant. I felt very, very small.

アメリカの宇宙飛行士、ニール・アームストロングの名言です。

「blot out」は、「消す、忘れる、覆い隠す」という意味のフレーズです。

地球が見える!とても美しい。

⇒ I see Earth! It is so beautiful.

ソビエトの宇宙飛行士、ユーリイ・ガガーリンの名言です。

「so」は、「そのように、とても、これほど」などといった意味を持つ副詞です。

もしいずれ物事を真剣に捉え過ぎてしまうことがあれば、私たちは有機体の宇宙船で宇宙を飛んでいる、言葉を話す猿だということを思い出しなさい。

⇒ If you ever start taking things too seriously, just remember that we are talking monkeys on an organic spaceship flying through the universe.

アメリカのコメディアン、ジョー・ローガンの名言です。

「organic」は、「有機体の、臓器の」という意味の形容詞です。

ここでの「organic spaceship」とは、地球のことですね。

出来ることなら宇宙を理解し、出来なければ挑戦し続け、そしてずっと学び続ける行為に魅了されるというのは、私たちの遺伝子の中にあるものだ。

⇒ It is in our genes to understand the universe if we can, to keep trying even if we cannot, and to be enchanted by the act of learning all the way.

アメリカの医師、ルイス・トマスの名言です。

「enchant」は、「魔法に掛ける、心を奪う、魅了する」という意味の動詞です。

新しい色が宇宙の中で見つかるのは、物質がブラックホールの中で生まれたときだ。

⇒ It’s when matter is born within a black hole that new colors are found within the cosmos.

「cosmos」も、「宇宙」という意味の名詞です。

なお、植物の「コスモス」もスペルは同じです。

私たちが住む地球に感謝するようになった。大きな宇宙の中の小さなボールだ。とても壊れやすいボールだが、非常に美しい。あなたはちょっと遠いところから地球を見るまで、それに気付かないんだ。

⇒ I’ve come to appreciate the planet we live on. It’s a small ball in a large universe. It’s a very fragile ball but also very beautiful. You don’t recognize that until you see it from a little farther off.

アメリカの宇宙飛行士、ギオン・ブラフォードの名言です。

「fragile」は、「壊れやすい、脆い、儚い」という意味の形容詞です。

100万の太陽のように私の周りで輝く永遠の愛は、宇宙を越えて私を呼んでいる。

⇒ Limitless undying love which shines around me like a million suns, it calls me on and on across the universe.

アクロス・ザ・ユニバースという、ビートルズの曲の歌詞の中の一節です。

「undying」は、「不死の、不滅の」という意味の形容詞です。

私たちが宇宙から地球を見るとき、国境線は明らかではない。

⇒ National boundaries are not evident when we view the Earth from space.

カール・セーガンの名言です。

「evident」は、「明白な、はっきりとした」という意味の形容詞です。

数は宇宙を支配する。

⇒ Number rules the universe.

ギリシャの数学者、ピタゴラスの名言です。

上でも紹介しましたが、「universe」には「宇宙」の他に、「万物」という意味もあります。

日本語訳としては、「万物の根源は数である」の方が有名ですね。

宇宙の基本的な規則の1つは、完全なものは無いということだ。完全は単に存在しない。不完全さが無ければ、あなたも私も存在していないだろう。

⇒ One of the basic rules of the universe is that nothing is perfect. Perfection simply doesn’t exist. Without imperfection, neither you nor I would exist.

イギリスの物理学者、スティーヴン・ホーキングの名言です。

「imperfection」は、「不完全、欠陥」という意味の名詞です。

足元に目を落とすのではなく、星に目を上げることを忘れないようにしなさい。あなたから見えるものを理解し、宇宙を存在させているものについて疑問を持ちなさい。

⇒ Remember to look up at the stars and not down at your feet. Try to make sense of what you see and wonder about what makes the universe exist.

同じく、スティーヴン・ホーキングの名言です。

「make sense」は、「意味をなす、意味がとれる、有意義である」という意味です。

宇宙は存在するもの全てを含むと定義されているので、それを越えたところに何があるのか​​を尋ねることは無意味だ。

⇒ Since the universe is defined as including all that exists, it is useless to ask what lies beyond it.

アメリカの学者・作家、アイザック・アシモフの名言です。

「useless」は、「役に立たない、無駄な、無能な」という意味の形容詞です。

それは1人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍だ。

⇒ That’s one small step for a man, one giant leap for mankind.

ニール・アームストロングの名言です。

人類史に残る、誰もが知る非常に有名な名言ですね。

「leap」は、「跳躍、急上昇」という意味の名詞です。

地球は、広大な宇宙のアリーナの中の非常に小さなステージだ。

⇒ The Earth is a very small stage in a vast cosmic arena.

カール・セーガンの名言です。

「arena」は、「闘技場、舞台、アリーナ」という意味の名詞です。

人生の目標は、あなたの鼓動を宇宙の鼓動と一致させることと、あなたの性質を自然界と一致させることだ。

⇒ The goal of life is to make your heartbeat match the beat of the universe, to match your nature with Nature.

アメリカの神話学者、ジョーゼフ・キャンベルの名言です。

「nature」は、「自然、天然、性質、本質」という意味の名詞です。

この英文にも登場しますが、「自然、天然」という意味で使われるときは、「Nature」のように頭を大文字にすることもあります。

人間の心は宇宙を掴むことはできない。私たちは、巨大な図書館に入る小さな子供のようなものだ。

⇒ The human mind is not capable of grasping the universe. We are like a little child entering a huge library.

アメリカの物理学者、アルベルト・アインシュタインの名言です。

「grasp」は、「握る、掴む、理解する」という意味の動詞です。

宇宙で最も美しいものは、私たちの上に広がる星空と、私たちの中にある義務感だ。

⇒ The most beautiful things in the universe are the starry heavens above us and the feeling of duty within us.

インドのことわざです。

「starry heavens」は、「星空」という意味のフレーズです。

これまでに地球上の全ての電波望遠鏡が受信した太陽系以外からのエネルギーの合計は、地面に落ちる一片の雪のエネルギーよりも少ない。

⇒ The total amount of energy from outside the solar system ever received by all the radio telescopes on the planet Earth is less than the energy of a single snowflake striking the ground.

カール・セーガンの名言です。

「the solar system」は、「太陽系」という意味です。

また、「snowflake」は「雪片」という意味の名詞です。

宇宙は非常に大きな場所だ。もしそれが私たちだけならば、場所のひどい無駄遣いのように思える。

⇒ The universe is a pretty big place. If it’s just us, seems like an awful waste of space.

同じく、カール・セーガンの名言です。

「awful」は、「ひどい、凄い、荘厳な」という意味の形容詞です。

あなたのDNAの単一分子の中には、代表的な銀河にある星の数と同じくらい多くの原子がある。私たち一人ひとりは小さな宇宙なんだ。

⇒ There’s as many atoms in a single molecule of your DNA as there are stars in the typical galaxy. We are, each of us, a little universe.

アメリカの天体物理学者、ニール・ドグラース・タイソンの名言です。

「atom」は「原子」、「molecule」は「分子」という意味の名詞です。

神が世界を造ったということは、私たちがどのように宇宙が作られたか理解していないということの、いくぶん上品ぶった言い方だ。神とは無知を許すことだ。

⇒ To say that God made the world is simply a more or less sophisticated way of saying that we don’t understand how the universe originated. A god, in so far as it is anything, is an admission of ignorance.

イギリスの大学教授、ピーター・アトキンスの名言です。

「more or less」は、「多少、多かれ少なかれ」という意味です。

また、「sophisticated」は「洗練された、垢抜けた、教養のある」という意味の形容詞です。

宇宙と、人間の愚かさという2つのものは無限大だ。そして、私は宇宙についてはよく知らない。

⇒ Two things are infinite, the universe and human stupidity, and I’m not sure about the universe.

アルベルト・アインシュタインの名言です。

「stupidity」は、「馬鹿、愚かさ、愚行」という意味の名詞です。

私たちは地球を離れるまで、地球上にあるものに気付かない。

⇒ We do not realize what we have on Earth until we leave it.

イギリスの歌手、ジェームズ・アーサーの名言です。

「realize」は、「理解する、悟る、実現する」という意味の動詞です。

月の上に立って、最初に地球を振り返ったとき、私は泣いた。

⇒ When I first looked back at the Earth, standing on the Moon, I cried.

アメリカの宇宙飛行士、アラン・シェパードの名言です。

「look back」は、「振り返る、回顧する、後退する」という意味の熟語です。

星に手を伸ばすとき、あなたはそこから最も遠いものに向けて手を差し伸べている。

⇒ When you reach for the stars, you are reaching for the farthest thing out there.

「farthest」は「far」の最上級を表す単語です。

原型は「far」、比較級は「farther」、最上級は「farthest」となります。

まとめ

以上、宇宙や天文学に関する名言を英語で紹介してきましたが、いかがでしたか?

このページが皆さんのお役に立てば幸いです。

また、以下のページにも是非お越しください。
>>英語のアナグラム100選一覧まとめ!面白いアナグラム例を一挙紹介
>>英語のことわざ・格言を320フレーズまとめてみた