チップとデールの英語名言・名セリフ10選!やんちゃで可愛い人気者

このページでは、ディズニーの人気キャラクター、チップとデールの名言や名セリフを英語で紹介しています。

英語版の短編映画やアニメーションを中心に、やんちゃで可愛い名言を集めました。

是非、お気に入りの名言を探してみてくださいね。

以下のページも合わせてご覧ください。
>>超有名な英語の名言・格言100選一覧まとめ!
>>ディズニープリンセスの名言・名セリフを英語で読もう!33選まとめ

チップとデールの英語名言・名セリフ一覧まとめ

それでは、チップとデールの名言や名セリフを英語で紹介していきます。

日本語、英語、簡単な解説を併記しておりますので、英語学習にも是非お役立てください。


もうこれで良いかな。/もっと要るよ。

⇒ We’ve cracked enough for the moment. / We should crack some more.

「プルートの二等兵」という短編作品に登場するセリフで、チップとデールが初めて世に出た作品の一番最初のセリフです。

このセリフから、チップとデールの歴史がスタートしました。

プルートの軍隊の大砲を利用して木の実を割っているチップとデールのセリフですが、初期の頃はチップとデールの区別はありませんでした。

英文に沿って訳すと、「今のところ、もう充分割ったね。」「もう少し割るべきだよ。」という意味になります。

海賊と遊ぶつもり?僕らレスキューだよ。忘れたの?

⇒ We can’t waste our time playing pirates. We’re Rescue Rangers. We’ve got jobs to do.

「チップとデールの大作戦」というシリーズでは、チップとデールはレスキューレンジャーとして登場します。

その中の「海底パイレーツ」という作品に登場するチップが、海賊と遊ぼうとするデールをたしなめるセリフです。

「waste A B」で、「AをBに浪費する」という意味になります。

うわあ!映画みたい!地球を征服に来たの?ねえ?ねえ?

⇒ Wow! Just like in the movies! Are you going to take over our planet? Are ya? Huh? Are ya?

「エイリアンを探せ!」という作品で、宇宙人に話しかけるデールのセリフです。

「take over」は、「引き継ぐ、乗っ取る、持っていく」という意味となります。

2人の方が便利だな。

⇒ Two Dales have got to be better than one.

同じく「エイリアンを探せ!」という作品で、デールに変身した宇宙人へのセリフです。

影武者がいれば、チップに怒られなくて済みますね。

「better than ~」は、「~よりも良い」という意味です。

僕たちにとっては大きな飛躍である!

⇒ A giant leap for a chipmunk!

「21世紀宇宙の旅」という作品で、無事スペースシャトルを着陸させたデールの名言です。

アームストロング船長の、「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である。」(That’s one small step for a man, one giant leap for mankind.)という名言をもじったものですね。

「chipmunk」は、「シマリス」という意味の名詞です。

そうかなあ?デールの部屋よりはマシだぜ?

⇒ Really? Looks better than Dale’s room.

「変装でスター誕生」という作品で、自分たちがめちゃめちゃに散らかしてしまった部屋を見て、思わずチップが発したセリフです。

「この部屋はデールの部屋よりもマシだ。」という意味なので、文頭の「looks」の前には「this room」が省略されています。

ヘビーメタルだぜ?分かってないなあ。

⇒ It’s heavy metal music! You’re not supposed to think!

「危険な女王蜂ロック」という作品で、うるさい音楽を注意したチップに対するデールのセリフです。

「be supposed to do」は、否定文で用いると「~してはいけない」という意味でも使うことができ、この場合は「考えちゃいけないよ」というニュアンスになります。

早くあのゴールドフィーバーを冷ましてやらなきゃ。

⇒ We’ve got to save Dale from himself… again.

「まほうの城の妖精」という作品で、黄金に目がくらんで妖精に騙されそうになっているデールに対するチップのセリフです。

「have get to ~」で、「~しなければならない」という意味です。

英文では、「デールをデール自身から助けないといけない。」という表現になっています。

最後は俺の勝ち!

⇒ Got you last!

「ねらわれたパール」という作品で、チップとデールがふざけてお互いに騙し合っていましたが、そのせいでデールがサメに襲われてしまいました。

デールが死んでしまったと思い込んだチップは悲しみに暮れましたが、実は生きていたデールがチップに掛けた一言です。

「get」は、口語で「やっつける、仕返しをする」という意味でも使うことができます。

いつチャンスが訪れるかは分からないぜ?

⇒ You never know when opportunity will knock.

「恋するモンタリー」という作品で、モンタリーが想いを馳せる昔の彼女に再会できないと嘆くモンタリーにデールが掛けた言葉です。

「opportunity」は「機会、チャンス」という意味の名詞です。

英文に則して訳すと、「いつチャンスがノックしてくるかはあなたには分からないよ。」という意味になります。

まとめ

以上、チップとデールの名言や名セリフを英語で紹介してきましたが、いかがでしたか?

このページが皆さんのお役に立てば幸いです。

以下のページにも是非遊びに来てくださいね!
>>ディズニーヴィランズの名言・名セリフを英語で読もう!悪役総まとめ
>>英語学習に適したディズニー映画をまとめてみた