犬に関する英語の名言・格言40選一覧まとめ!

このページでは、犬に関する名言や格言を英語で紹介しています。

有名な人々による、犬に関する名言を数多くまとめておりますので、是非あなたのお気に入りのフレーズを探してみてくださいね。

また、以下のページも合わせてご覧ください。
>>超有名な英語の名言・格言100選一覧まとめ!
>>犬の種類を表す英語・英単語一覧まとめ25選!

犬に関する英語名言・格言一覧まとめ

それでは、犬に関する名言や格言を英語で紹介していきます。

日本語、英語、簡単な解説を併記していますので、是非英語学習にも活用してみてくださいね。


犬に骨をあげることは慈善ではない。慈善とは、あなたが犬と同じくらい空腹なときに犬と骨を分かち合うことだ。

⇒ A bone to the dog is not charity. Charity is the bone shared with the dog, when you are just as hungry as the dog.

アメリカの作家、ジャック・ロンドンの名言です。

「charity」は、「慈善、義援、施し」という意味の名詞です。

犬はこの地球上で唯一、自分自身を愛する以上にあなたを愛してくれるものだ。

⇒ A dog is the only thing on earth that loves you more than he loves himself.

アメリカのユーモア作家、ジョッシュ・ビリングスの名言です。

「more than」は、「~を超える、~よりもたくさん」という意味です。

犬は無条件の愛を教えてくれる。あなたの生活の中に犬がいれば、物事はそんなに難しいことではないだろう。

⇒ A dog will teach you unconditional love. If you have that in your life, things won’t be too hard.

アメリカの俳優、ロバート・ワグナーの名言です。

「unconditional」は、「無条件の、無制限の」という意味の形容詞です。

お腹を空かせた犬は最も上手く狩りをする。

⇒ A hungry dog hunts best.

アメリカのプロゴルファー、リー・トレビノの名言です。

「hunt」は、「狩る、追う」という意味の動詞です。

子犬は出会った全ての子犬と遊ぶが、老犬にはほとんど友達がいない。

⇒ A puppy plays with every pup he meets, but an old dog has few associates.

アメリカのユーモア作家、ジョッシュ・ビリングスの名言です。

「puppy」は「子犬」、「associate」は「友人、仲間、同僚」という意味の名詞です。

どんな犬でも攻撃的になり得る。それは基本的にどう育ったかである。

⇒ Any dog can be aggressive. It’s basically the way they’re raised.

アメリカのアメフト選手、パトリック・マホームズの名言です。

「aggressive」は、「攻撃的な、好戦的な、活動的な」という意味の形容詞です。

どんな犬でも窮地に立たせれば、たとえ獰猛であろうがなかろうが噛み付き返してくるだろう。

⇒ Any dog, you put him in the corner, no matter if they’re vicious or not, they’re going to bite back.

アメリカのバスケットボール選手、マイク・ジェームズの名言です。

「vicious」は、「悪意のある、獰猛な」という意味の形容詞です。

石鹸の味がどのようなものかを知らない人は犬を洗ったことがない。

⇒ Anybody who doesn’t know what soap tastes like never washed a dog.

アメリカのユーモア作家、フランクリン・P・ジョーンズの名言です。

「what ~ like」で、「~はどのようなものか」という意味になります。

あなたが犬を飼う前は、犬との生活がどんなものであるかは全く想像できない。犬を飼った後は、それ以外の生活を想像することはできない。

⇒ Before you get a dog, you can’t quite imagine what living with one might be like. Afterward, you can’t imagine living any other way.

アメリカの作家、キャロライン・ナップの名言です。

「afterward」は、「その後、以後」という意味の副詞です。

これまで、部屋に入ってなぜその部屋に入ったのかを忘れたことがあるだろうか?私は、それが犬の人生の過ごし方であると思う。

⇒ Did you ever walk into a room and forget why you walked in? I think that is how dogs spend their lives.

アメリカのコメディアン、スー・マーフィーの名言です。

「spend」は、「使う、費やす、過ごす」という意味の動詞です。

全ての大統領が犬を飼っていることに気付くだろうか?ファーストドッグは必ずいるし、もしくは2、3匹飼っている。大統領になるためには犬を飼わなければならないと思うんだ。

⇒ Do you notice that all presidents have a dog? There is always a First Dog. Or two or three. You have to have a dog to be president, I guess.

アメリカの作家、ロバート・フルガムの名言です。

「president」は、「大統領、会長、社長」という意味の名詞です。

犬は神が逆向きに綴られたものである。

⇒ Dog is God spelled backward.

アメリカのタレント、デュエイン・チャップマンの名言です。

「god」を逆さまにすると、「dog」になりますね。

「spell」は、「字を綴る、正しく書く」という意味の動詞です。

犬は私たちの生活の全てではないが、私たちの生活を完全なものにしてくれる。

⇒ Dogs are not our whole life, but they make our lives whole.

アメリカの写真家、ロジャー・A・カラスの名言です。

「whole」は、「完全な、全体の」という意味の形容詞です。

犬は賢い。彼らは静かな隅っこに這い出して傷を舐め、もう一度完全になるまで世界に再び参入することはない。

⇒ Dogs are wise. They crawl away into a quiet corner and lick their wounds and do not rejoin the world until they are whole once more.

イギリス生まれの推理小説作家、アガサ・クリスティの名言です。

「crawl」は「這う、ゆっくり進む」、「lick」は「舐める」という意味の動詞です。

また、「wound」は「外傷、心の傷」という意味の名詞です。

以下のページも是非どうぞ。
>>アガサ・クリスティの英語名言・格言40選一覧まとめ!

犬には無限の情熱があるが、恥の感覚はない。私は人生の師として犬を飼うべきだ。

⇒ Dogs have boundless enthusiasm but no sense of shame. I should have a dog as a life coach.

アメリカのミュージシャン、モービーの名言です。

「boundless」は、「無限の、広大な」という意味の形容詞です。

また、「enthusiasm」は「熱狂、熱中、情熱」という意味の名詞です。

犬の寿命は短すぎる。本当に彼らの唯一の欠点だ。

⇒ Dogs’ lives are too short. Their only fault, really.

アメリカの作家、アグネス・ターンブルの名言です。

「dogs’」は「dogs’s」が短縮されたものです。

「dog」が単数の場合は「dog’s」となりますので、アポストロフィーの位置には注意しましょう。

純粋に愛することができず、常に愛と憎しみを混ぜ合わせなければならない人間とは全く異なり、犬は友達を愛して敵を噛む。

⇒ Dogs love their friends and bite their enemies, quite unlike people, who are incapable of pure love and always have to mix love and hate.

オーストリアの精神学者、ジークムント・フロイト の名言です。

「be incapable of」は、「~が出来ない、~をする能力が無い」という意味です。

犬は決して私を噛まない。噛むのは人間だけ。

⇒ Dogs never bite me. Just humans.

アメリカの大女優、マリリン・モンローの名言です。

「bite」は、「噛み付く、刺す」という意味の動詞です。

犬からの称賛を、あなたが素晴らしいということの決定的な証拠として受け取ってはならない。

⇒ Don’t accept your dog’s admiration as conclusive evidence that you are wonderful.

アメリカのコラムニスト、アン・ランダースの名言です。

「admiration」は、「称賛、感嘆」という意味の名詞です。

また、「conclusive」は「決定的な、最終的な」という意味の形容詞です。

最も小さいプードルやチワワでさえ、未だに心の中ではオオカミである。

⇒ Even the tiniest Poodle or Chihuahua is still a wolf at heart.

アメリカの教師で作家の、ドロシー・ヒンショウの名言です。

「at heart」は、「心から、心底は」という意味です。

私の知っていることは、全て犬から学んだ。

⇒ Everything I know, I learned from dogs.

アメリカの小説家、ノーラ・ロバーツの名言です。

「everything」は、「全てのもの、あらゆること」という意味の名詞です。

幸せは暖かい子犬。

⇒ Happiness is a warm puppy.

スヌーピーの登場する物語「ピーナッツ」における、ルーシーの名言です。

「puppy」は、「子犬」という意味の名詞です。

歴史は、友人の忠実さよりも犬の忠実さの例でいっぱいである。

⇒ Histories are more full of examples of the fidelity of dogs than of friends.

イギリスの詩人、アレキサンダー・ポープの名言です。

「fidelity」は、「忠誠、忠実、厳守」という意味の名詞です。

空腹と恐怖は犬の生活の中で唯一の現実である。空になった胃は凶暴な犬にさせる。

⇒ Hunger and fear are the only realities in dog life. An empty stomach makes a fierce dog.

イギリスの探検家、ロバート・スコットの名言です。

「fierce」は、「獰猛な、猛烈な、凶暴な」という意味の形容詞です。

犬を見て私たちの目が合ったとき、犬やあらゆる生き物が私の家族であることに気付いた。彼らはあなたと私のようなものだ。

⇒ I would look at a dog and when our eyes met, I realized that the dog and all creatures are my family. They’re like you and me.

ジャマイカのミュージシャン、ジギー・マーリーの名言です。

「realize」は、「気付く、悟る、実現する」という意味の動詞です。

犬があなたの膝に飛び込むなら、それはあなたが好きだからだ。猫が同じことをするなら、それはあなたの膝が暖かいからだ。

⇒ If a dog jumps into your lap, it is because he is fond of you. But if a cat does the same thing, it is because your lap is warmer.

イギリスの数学者、アルフレッド・ノース・ホワイトヘッドの名言です。

「be fond of」は、「~が好き」という意味です。

もし犬が話すことができるなら、恐らく私たちが犬と仲良くするのは人間と仲良くするのと同じくらい難しいと思うだろう。

⇒ If dogs could talk, perhaps we would find it as hard to get along with them as we do with people.

チェコの作家、カレル・チャペックの名言です。

「get along with」は、「仲良くする、上手くやっていく」という意味です。

私が犬を愛するのと同じくらい男の人を愛していたら、その人は深刻な問題に直面するだろう。なぜなら私は常にずっと犬に接しているから。

⇒ If I loved a guy as much as I love my dog, the guy would be in serious trouble. Because I’m all over that dog, all the time.

ロシアのプロテニス選手、マリア・シャラポワの名言です。

「all over」は、「暖かく接する、支配する」という意味でも使われます。

もし天国に犬がいないのなら、私が死ぬときは彼らが行ったところに行きたい。

⇒ If there are no dogs in heaven, then when I die I want to go where they went.

アメリカのコメディアン、ウィル・ロジャースの名言です。

「heaven」は、「天国、天界、至上の幸福」という意味の名詞です。

もしあなたが犬で、あなたの飼い主がセーターを着ることを勧めてくるのなら、彼に尻尾を付けることを勧めなさい。

⇒ If you are a dog and your owner suggests that you wear a sweater suggest that he wear a tail.

アメリカの作家、フラン・レボウィッツの名言です。

「suggest」は、「提案する、勧める、持ちかける」という意味の動詞です。

もし飢えた犬を拾って豊かにさせたなら、犬はあなたを噛まないだろう。これが犬と人間との主な相違点である。

⇒ If you pick up a starving dog and make him prosperous, he will not bite you. It is the principal difference between a dog and a man.

アメリカの小説家、マーク・トウェインの名言です。

「starve」は、「飢える、餓死する」という意味の動詞です。

また、「prosperous」は「豊かな、好調である」という意味の形容詞です。

もしワシントンで友達が欲しいなら、犬を飼いなさい。

⇒ If you want a friend in Washington, get a dog.

元アメリカ大統領、ハリー・S・トルーマン の名言です。

「Washington」は、アメリカ合衆国の首都ですね。

ちなみに、「Washington state」はシアトルなどを擁する東海岸の「ワシントン州」ですので、混同しないように気を付けましょう。

寝ている犬を起こすな。

⇒ Let sleeping dogs lie.

イギリスの政治家、ロバート・ウォルポールの名言です。

「let + 人/物 + 動詞」で、「人/物に~させる」という意味になります。

お金であなたは素晴らしい犬を買うことができるが、愛だけが彼の尻尾を振らせることができる。

⇒ Money can buy you a fine dog, but only love can make him wag his tail.

アメリカの歌手、キンキー・フリードマンの名言です。

「wag」は、「振る、揺する、揺れ動く」という意味の動詞です。

あなたのお金や財産がどんなに少なくても、犬を飼うことがあなたを裕福にさせる。

⇒ No matter how little money and how few possessions you own, having a dog makes you rich.

アメリカの作家、ルイス・セイビンの名言です。

「possession」は、「財産、所有物」という意味でも用いられる名詞です。

私にも飼っている犬がいて、エジプトと呼んでいる。なぜなら彼は全ての部屋にピラミッドを残すから。

⇒ Some dog I got too. We call him Egypt. Because in every room he leaves a pyramid.

アメリカの俳優でコメディアンの、ロドニー・デンジャーフィールドの名言です。

「call A B」は、「AをBと呼ぶ」という意味になります。

遅かれ早かれ、私たちはみんな誰かの犬である。

⇒ Sooner or later we’re all someone’s dog.

イギリスのファンタジー作家、テリー・プラチェットの名言です。

「sooner or later」は、「遅かれ早かれ、いつかは」という意味です。

平均的な犬は平均的な人間よりも善良である。

⇒ The average dog is a nicer person than the average person.

アメリカの放送作家、アンディ・ルーニーの名言です。

「average」は、「平均の、普通の」という意味の形容詞です。

もし誰もが犬のように無条件に愛する能力を持っていれば、世界はより良い場所になるだろう。

⇒ The world would be a nicer place if everyone had the ability to love as unconditionally as a dog.

アメリカの作家、M・K・クリントンの名言です。

「ability」は、「能力、力量、才能」という意味の形容詞です。

昨日は犬だった。今日は犬だ。明日も恐らくまだ犬であり続けるだろう。ああ!進歩の望みはほとんど無い。

⇒ Yesterday I was a dog. Today I’m a dog. Tomorrow I’ll probably still be a dog. Sigh! There’s so little hope for advancement.

スヌーピーの名言です。

「advancement」は、「進歩、発達」という意味の名詞です。

以下のページも是非どうぞ。
>>スヌーピーの英語名言・名セリフ30選!ピーナッツの名言まとめ

まとめ

以上、犬に関する名言や格言を英語で紹介してきましたが、いかがでしたか?

このページが皆さんのお役に立てば幸いです。

また、以下のページも合わせてご覧ください。
>>最高にかっこいい英語・英単語一覧まとめ100選!
>>ひとこと英語名言・格言150選!たった一言、3単語の名言だけ厳選