地球に関する英語の名言・格言30選一覧まとめ!

このページでは、地球に関する名言や格言を英語で紹介しています。

私たちが住む惑星、地球についての有名人や偉人の名言・格言を数多くまとめていますので、是非お気に入りのフレーズを探してみてください。

また、以下のページも合わせてご覧ください。
>>超有名な英語の名言・格言100選一覧まとめ!
>>ひとこと英語名言・格言150選!たった一言、3単語の名言だけ厳選

地球に関する英語名言・格言一覧まとめ

それでは地球に関する名言や格言を英語で紹介していきます。

日本語、英語、簡単な解説を併記していますので、是非英語学習にも活用してみてくださいね。


私たちの惑星の表面は3分の2が水だが、私たちはそれを地球と呼ぶ。

⇒ Although the surface of our planet is two-thirds water, we call it the Earth.

アメリカの小説家、トム・ロビンスの名言です。

「two-thirds」で、「3分の2」という意味になります。

私たちは孤独なのか?地球上の多くの人々がそれを知りたがっている。

⇒ Are we alone? Many, many people on planet Earth want to know.

アメリカの物理学者で元宇宙飛行士、ジョン・グランスフェルドの名言です。

「alone」は、「孤立した、孤独の」という意味の形容詞です。

私たち全員でこの小さな地球を共有しているので、お互いと、そして自然とも調和して平和に暮らすことを学ばなければならない。

⇒ Because we all share this small planet earth, we have to learn to live in harmony and peace with each other and with nature.

チベットのダライ・ラマの名言です。

「harmony」は、「調和、合致」という意味の名詞です。

何か行動しなさい。この美しい青緑色の生き生きとしている地球で生活する特権への家賃を支払いなさい。

⇒ Do something. Pay your rent for the privilege of living on this beautiful, blue-green, living Earth.

アメリカの環境保護主義者、デイビット・フォアマンの名言です。

「rent」は、「家賃、賃借料」という意味の名詞です。

それぞれの人は常に地球表面の中央、半球の天頂の真下、そして地球の中心の真上にいる。

⇒ Each man is always in the middle of the surface of the earth and under the zenith of his own hemisphere, and over the centre of the earth.

イタリアの芸術家、レオナルド・ダ・ヴィンチの名言です。

「zenith」は、「天頂、頂点」という意味の名詞です。

地球は私たちの子供達やそのまた子供達の遊び場だ。それを悪の勢力の核兵器の遊び場にすることを許すことはできない。

⇒ Earth is the play ground of our children and their children. We cannot allow it to be the play ground of the nuclear arms of the evil forces.

インドの作家、アミット・レイの名言です。

「play ground」は、「遊び場、遊園地」という意味の名詞です。

地球は全ての人間に必要なものは充分満足させてくれるが、全ての人間の強欲を満足させてくれるのではない。

⇒ Earth provides enough to satisfy every man’s need, but not every man’s greed.

インドの人権活動家、マハトマ・ガンジーの名言です。

「greed」は、「強欲、貪欲」という意味の名詞です。

神は天国を作りたかったのであり、地球はその天国だ。宇宙にはこれほど多くの愛、生命、美、そして平和は無い。

⇒ God wanted to make heaven and the earth is that heaven. Nowhere in the universe there is so much love, life, beauty and peace.

インドの作家、アミット・レイの名言です。

「universe」は、「宇宙、万物、全世界」という意味の名詞です。

私が親指を立てると、それは地球を覆い隠した。

⇒ I put up my thumb and it blotted out the planet Earth.

アメリカの宇宙飛行士、ニール・アームストロングの名言です。

「blot out」は、「抹消する、覆い隠す」という意味です。

地球が小惑星に襲われるとゲームオーバーとなる。それは文明にとってのCtrl+Alt+Deleteだ。

⇒ If the Earth gets hit by an asteroid, it’s game over. It’s control-alt-delete for civilization.

アメリカの教育者、ビル・ナイの名言です。

「asteroid」は、「小惑星、ヒトデ」という意味の名詞です。

あらゆる突き出た岬、あらゆる湾曲したビーチ、あらゆる砂粒には、地球の物語がある。

⇒ In every outthrust headland, in every curving beach, in every grain of sand there is the story of the earth.

アメリカンの生物学者、レイチェル・カーソンの名言です。

「headland」は、「岬、突端」という意味の名詞です。

それはほんの小さな惑星だが、なんと美しいのだろう。

⇒ It is only a little planet, but how beautiful it is.

アメリカの詩人、ロビンソン・ジェファーズの名言です。

「planet」は「惑星」、つまり恒星を周回する星のことですね。

ちなみに、惑星を周回する「衛星」は「satellite」と言います。

また春である。地球は詩を暗記している子供のようなものだ。

⇒ It is spring again. The earth is like a child that knows poems by heart.

オーストリアの詩人、ライナー・マリア・リルケの名言です。

「poem」は、「詩、詩的作品」という意味の名詞です。

地球が本当はどんなに素晴らしいのかを実感できるのは、その上を飛んでいるときだけだ。

⇒ It’s only when you’re flying above it that you realize how incredible the Earth really is.

モロッコ生まれの宇宙飛行士、フィリップ・ペリンの名言です。

「incredible」は、「信じられない、素晴らしい」という意味の形容詞です。

もしかすると、この世界は別の惑星にとっての地獄かもしれない。

⇒ Maybe this world is another planet’s hell.

イギリスの作家、オルダス・ハクスリーの名言です。

水や酸素のある環境が快適だ、というのは私たちだけに当てはまる常識なのかもしれませんね。

「maybe」は、「もしかすると、多分」という意味の副詞です。

母なる地球はあまりにも多くの涙を流したので、幸せの大地よりも多くの涙の水たまりを持っている。

⇒ Mother earth cried so much that she has pool of tears more than the land of happiness.

ネパールの作家、サントーシュ・カルワルの名言です。

「pool」は、「プール、水たまり」という意味の名詞です。

宇宙から地球を見たとき、国境線は明確ではない。

⇒ National boundaries are not evident when we view the Earth from space.

アメリカの天文学者、カール・セーガンの名言です。

「evident」は、「明白な、明確な」という意味の形容詞です。

現在、宇宙船地球号に関する極めて重要な事実がある。それは取扱説明書が付属していなかったということだ。

⇒ Now there is one outstanding important fact regarding spaceship earth, and that is that no instruction book came with it.

アメリカの思想家、バックミンスター・フラーの名言です。

「instruction book」は、「取扱説明書」という意味になります。

飛行機は私たちのために地球の本当の外観を明かしてくれた。

⇒ The aeroplane has unveiled for us the true face of the earth.

フランスの作家で星の王子さまの作者、アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの名言です。

「unveil」は、「覆いを取る、秘密を明かす」という意味の動詞です。

地球上における最高の投資は、地球への投資である。

⇒ The best investment on earth is earth.

アメリカの不動産投資家、ルイ・グリックマンの名言です。

つまり、土地への投資ということでしょうか。

「investment」は、「投資、出資」という意味の名詞です。

この地球に住む生き物は、人間であれ動物であれ、それぞれ独自の方法で世界の美と繁栄に貢献している。

⇒ The creatures that inhabit this earth, be they human beings or animals, are here to contribute, each in its own particular way, to the beauty and prosperity of the world.

チベットのダライ・ラマの名言です。

「inhabit」は、「住む、居住する」という意味の動詞です。

この惑星の破壊は、宇宙規模では意味が無いだろう。

⇒ The destruction of this planet would have no significance on a cosmic scale.

アメリカの映画監督、スタンリー・キューブリックの名言です。

「destruction」は、「破壊、破滅」という意味の名詞です。

地球は私たちのものではない。私たちが地球のものなのだ。

⇒ The Earth does not belong to us. We belong to the Earth.

アメリカの女優、マーリー・マトリンの名言です。

「belong」は、「属する、所有している」という意味の動詞です。

地球には皮膚があって、その皮膚は病気に罹っている。その病気のひとつは人間と呼ばれている。

⇒ The Earth has a skin and that skin has diseases, one of its diseases is called man.

ドイツの哲学者、フリードリヒ・ニーチェの名言です。

「skin」は、「皮膚、肌」という意味の名詞です。

地球は広大な宇宙のアリーナにある、とても小さな舞台である。

⇒ The Earth is a very small stage in a vast cosmic arena.

アメリカの天文学者、カール・セーガンの名言です。

「arena」は、「アリーナ、競技場」という意味の名詞です。

天国や地獄の偉大な詩は既に書かれているが、地球の偉大な詩はまだ書かれていないままである。

⇒ The great poems of heaven and hell have been written and the great poem of earth remains to be written.

アメリカの詩人、ウォレス・スティーヴンズの名言です。

「heaven」は、「天国、天界」という意味の名詞です。

最も環境に優しい家とは、あなたが建てない家である。もし本当に地球を救いたいのなら、他の家族と共に住んで、既に建てられている家を共有しなさい。

⇒ The greenest home is the one you don’t build. If you really want to save the Earth, move in with another family and share a house that’s already built.

アメリカの漫画家、スコット・アダムスの名言です。

「share」は、「共有する、分かち合う」という意味の動詞です。

海とは、地球の心臓の血液である。

⇒ The seas are the heart’s blood of the earth.

アメリカの作家、ヘンリー・ベストンの名言です。

「blood」は、「血、血液」という意味の名詞です。

宇宙船地球号に乗客はいない。私たちは全員乗組員である。

⇒ There are no passengers on spaceship earth. We are all crew.

カナダの文学者、マーシャル・マクルーハンの名言です。

「crew」は、「乗組員、船員」という意味の名詞です。

地球を大切にしなさい。それは両親から与えられたものではなく、子供達から貸し出されたものである。

⇒ Treat the earth well. It was not given to you by your parents, it was loaned to you by your children.

インドのことわざです。

「treat」は、「扱う、手当てする」という意味の動詞です。

あなたが地球から取るものは返さなければならない。それが自然のしきたりである。

⇒ What you take from the earth, you must give back. That’s nature’s way.

イギリスの作家、クリス・ダレーシーの名言です。

「way」は、「慣習、習わし、しきたり」という意味でも用いられる名詞です。

まとめ

以上、地球に関する名言や格言を英語で紹介してきましたが、いかがでしたか?

このページが皆さんのお役に立てば幸いです。

また、以下のページも合わせてご覧ください。
>>最高にかっこいい英語・英単語一覧まとめ100選!
>>太陽系の惑星・衛星の英語名とその由来一覧まとめ!