ギターに関する英語の名言・格言30選一覧まとめ!

このページでは、ギターに関する名言や格言を英語で紹介しています。

ギタリストや有名人による名言・格言を数多くまとめていますので、是非お気に入りのフレーズを探してみてください。

また、以下のページも合わせてご覧ください。
>>超有名な英語の名言・格言100選一覧まとめ!
>>ひとこと英語名言・格言150選!たった一言、3単語の名言だけ厳選

ギターに関する英語の名言・格言一覧まとめ

それでは、ギターに関する名言や格言を英語で紹介していきます。

日本語、英語、簡単な解説を併記していますので、是非英語学習にも活用してみてください。


優れたギタリストは、あらゆるギターの音を良くすることができる。

⇒ A good player can make any guitar sound good.

アメリカのギタリスト、マイク・ブルームフィールドの名言です。

「any」は、「どの、あらゆる」という意味の形容詞です。

ギターは、私と共にそこにいる古き友人のようなものだ。

⇒ A guitar is like an old friend that is there with me.

アメリカのギタリスト、B・B・キングの名言です。

「there」は、「そこに、そこで」という意味の副詞です。

あなたが演奏しているものに対して興奮し、それがあなたの心から来ているのであれば、きっと素晴らしいものになるだろう。

⇒ As long as you’re excited about what you’re playing, and as long as it comes from your heart, it’s going to be great.

アメリカのギタリストでレッド・ホット・チリ・ペッパーズのメンバー、ジョン・フルシアンテの名言です。

「excited」は、「興奮した、わくわくする」という意味の形容詞です。

ブルースを演奏するのは簡単だが、感じるのは難しい。

⇒ Blues is easy to play, but hard to feel.

アメリカのギタリスト、ジミ・ヘンドリックスの名言です。

「blues」は、アメリカの黒人奴隷の間で生まれた音楽スタイルですね。

熱意が全てだ。それはギターの弦のように張り詰め、振動していなければならない。

⇒ Enthusiasm is everything. It must be taut and vibrating like a guitar string.

ブラジルのサッカー選手、ペレの名言です。

「taut」は、「ピンと張った、張り詰めた」という意味の形容詞です。

ギターを手に取るたびに、まるでこれが最後であるかのように演奏しなさい。

⇒ Every time you pick up your guitar to play, play as if it’s the last time.

イギリスのギタリスト、エリック・クラプトンの名言です。

「pick up」は、「持ち上げる、手に取る、拾う」という意味です。

みんな一人でギターを弾くが、一緒に並んで弾くことができる。

⇒ Everyone plays guitar alone, but we can play side by side.

アメリカの作家、ジェニファー・レーンの名言です。

「side by side」は、「並んで、一緒に」という意味です。

ギターは特定のことに優れているが、ピアノはギターよりもずっと広範囲である。

⇒ Guitar is great for a certain thing, but a piano is so much more expansive.

イギリスのギタリスト、ミック・ラルフズの名言です。

「expansive」は、「広大な、広範囲の」という意味の形容詞です。

ギターはただ私に出来ることである。今やその大半は筋肉の記憶で、単なる本能だ。

⇒ Guitar is just something I can do. So much of it now is muscle memory, just instinct.

アメリカのシンガーソングライター、セイント・ヴィンセントの名言です。

「so much of ~」は、「~の大半は」という意味です。

ギターとは、私が知っている自己表現の最良の形である。

⇒ Guitar is the best form of self-expression I know.

イギリス出身のギタリスト、スラッシュの名言です。

「self-expression」は、「自己表現」という意味です。

私は全てのギタリストが演奏に関する唯一のものを本質的に持っていると信じている。彼らは違いを生んでいるものを特定し、それを高めていくしかない。

⇒ I believe every guitar player inherently has something unique about their playing. They just have to identify what makes them different and develop it.

イギリスのロックギタリスト、ジミー・ペイジの名言です。

「identify」は、「識別する、特定する」という意味の動詞です。

私はギターが上手くなるために練習しなければならない。

⇒ I have to practice to be good at guitar.

アメリカの歌手、テイラー・スウィフトの名言です。

「practice」は、「練習する、訓練する」という意味の動詞です。

夢を大きく叫ばせてくれるので、私はギターを弾く。

⇒ I play guitar because it lets me dream out loud.

アメリカのアコースティックギタリスト、マイケル・ヘッジスの名言です。

「dream out loud」は、「夢を大きく叫ぶ、夢を皆に告げる」という意味です。

私は世界中の全ての女の子がギターを手に取って叫び始めてほしい。

⇒ I want every girl in the world to pick up a guitar and start screaming.

アメリカのミュージシャン、コートニー・ラブの名言です。

「scream」は、「叫ぶ、金切り声を上げる」という意味の動詞です。

私はギターを人間の感性に繋げたかった。

⇒ I wanted to connect my guitar to human emotions.

アメリカのギタリスト、B・B・キングの名言です。

「emotion」は、「感情、感性」という意味の名詞です。

目の見える人にとって、ギターの弾き方を習うことはとても混乱することだろうと思う。

⇒ I’d think learning to play the guitar would be very confusing for sighted people.

アメリカの盲目ギタリスト、ドク・ワトソンの名言です。

「sighted」は、「目の見える、視力のある」という意味の形容詞です。

もし銃をギターに置き換えたら、この世界はコンサートになるだろう。

⇒ If we replaced guns with guitars, then the world would be a concert.

アメリカの俳優、トーマス・イアン・ニコラスの名言です。

「replace」は、「置き換える、取り換える」という意味の動詞です。

もしアコースティックギターやグランドピアノで演奏できないのなら、それは曲ではない。

⇒ If you can’t play it on an acoustic guitar or a grand piano then it’s not a song.

アメリカのシンガーソングライター、クリストファー・クロスの名言です。

「acoustic」は、「音響の、聴覚の、電子的に増幅しない」という意味の形容詞です。

アコースティックギターは、電子的に音を増幅しないギターですね。

もし間違った音を弾いたなら、その後あなたが弾く音によってそれを正しい音にさせなさい。

⇒ If you hit a wrong note, then make it right by what you play afterward.

アメリカのジャズギタリスト、ジョー・パスの名言です。

「note」は、「音符、調子」という意味の名詞です。

もし曲を書きたいのなら、ギターに相談しなさい。

⇒ If you wanna write a song, ask a guitar.

カナダ出身のシンガーソングライター、ニール・ヤングの名言です。

「wanna」は、「want to」が略された表現です。

テクニックに関しては、私はかなり基本的である。私は多くの装置は使わないし、とにかく自分のギターが生み出す音が好きだ。

⇒ I’m pretty basic as far as technique is concerned. I don’t use many gadgets, and I like the sound my guitar makes, anyway.

イギリスのミュージシャンでクイーンのギタリスト、ブライアン・メイの名言です。

「anyway」は、「とにかく、何としても」という意味の副詞です。

音楽は嘘をつかない。もしこの世界で何かを変える必要があるなら、それは音楽を通してのみ引き起こすことができる。

⇒ Music doesn’t lie. If there is something that needs to be changed in this world, then it can only happen through music.

アメリカのギタリスト、ジミ・ヘンドリックスの名言です。

「lie」は、「嘘をつく、欺く」という意味の動詞です。

音楽は必需品である。食料、空気、水、暖かさ。音楽はその次の生活必需品だ。

⇒ Music is a necessity. After food, air, water and warmth, music is the next necessity of life.

イギリスのギタリストでローリングストーンズメンバー、キース・リチャーズの名言です。

「necessity」は、「必要、必需品」という意味の名詞です。

私のギターは物ではない。それは私自身の延長だ。ありのままの私だ。

⇒ My guitar is not a thing. It is an extension of myself. It is who I am.

アメリカのシンガーソングライター、ジョーン・ジェットの名言です。

「extension」は、「延長、拡張」という意味の名詞です。

音符やコードは私の第二言語になり、しばしばその語彙は言語が役に立たないときに私が感じていることを表現している。

⇒ Notes and chords have become my second language and, more often than not, that vocabulary expresses what I feel when language fails me.

イギリス出身のギタリスト、スラッシュの名言です。

「more often than not」は、「しばしば、大半の場合」という意味です。

時にあなたはギターを辞めたくなり、ギターを嫌うだろう。しかし、それを続けるならばきっと報われるだろう。

⇒ Sometimes you want to give up the guitar, you’ll hate the guitar. But if you stick with it, you’re gonna be rewarded.

アメリカのギタリスト、ジミ・ヘンドリックスの名言です。

「stick with ~」は、「~に固執する、~を続ける」という意味です。

成功とは、9回倒れて10回起き上がることだ。

⇒ Success is falling nine times and getting up ten times.

アメリカのミュージシャンでボンジョヴィのリーダー、ジョン・ボン・ジョヴィの名言です。

「fall」は、「落ちる、倒れる、崩れる」という意味の動詞です。

技術的には私はギタリストではなく、私が演奏する全ては真実と感情である。

⇒ Technically, I’m not a guitar player, all I play is truth and emotion.

アメリカのギタリスト、ジミ・ヘンドリックスの名言です。

「truth」は、「真実、真理」という意味の名詞です。

ギターはそれ自体がミニチュアのオーケストラである。

⇒ The guitar is a miniature orchestra in itself.

ドイツの作曲家、ベートーベンの名言です。

「in itself」は、「それ自体、本質的に」という意味です。

ギターはコンピューターよりも遥かに有能な機械である。反応がより早い。

⇒ The guitar is a much more efficient machine than a computer. More responsive.

イギリス出身のミュージシャン、コリン・グリーンウッドの名言です。

「efficient」は、「効率的な、有能な」という意味の形容詞です。

ギターは、少数にしか理解されていない素晴らしい楽器である。

⇒ The guitar is a wonderful instrument which is understood by few.

オーストリアの作曲家、フランツ・シューベルトの名言です。

「instrument」は、「器具、楽器」という意味の名詞です。

ギターは演奏するのが最も簡単で、上手に演奏するのが最も難しい楽器である。

⇒ The guitar is the easiest instrument to play and the hardest to play well.

スペインのギタリスト、アンドレス・セゴビアの名言です。

「well」は、「上手に、よく」という意味の副詞です。

音楽の歴史はいずれ死ぬが、ギターの愚かさは永遠である。

⇒ The history of music is mortal, but the idiocy of the guitar is eternal.

チェコ生まれの作家、ミラン・クンデラの名言です。

「mortal」は、「死ぬ運命にある、致命的な」という意味の形容詞です。

まとめ

以上、ギターに関する名言や格言を英語で紹介してきましたが、いかがでしたか?

このページが皆さんのお役に立てば幸いです。

また、以下のページも合わせてご覧ください。
>>最高にかっこいい英語・英単語一覧まとめ100選!
>>音楽に関する英語の名言・格言50選一覧まとめ!