プーチンの英語名言・発言まとめ!おそロシア?な名言26選を紹介

このページでは、ロシアの最高指導者、ウラジーミル・プーチンの名言・発言を英語で紹介しています。

是非、お気に入りの名言を探してみてくださいね。

また、以下のページも合わせてご覧ください。
>>ドナルド・トランプ大統領の英語名言集!衝撃発言や失言、暴言も
>>アドルフ・ヒトラーの英語の名言・格言まとめ!ナチスの名言一覧

ウラジーミル・プーチンの英語名言・発言まとめ

それでは早速、ウラジーミル・プーチンの名言・発言を英語で読んでいきましょう。

英語、日本語、簡単な解説を併記していますので、英語学習にもお役立てください。

ソ連の消滅を後悔しない人は心が無い。ソ連を復活させたい人は脳が無い。

⇒ Anyone who doesn’t regret the passing of the Soviet Union has no heart. Anyone who wants it restored has no brains.

ソ連に関するプーチンの有名な名言です。

「passing of ~」で、「~の通過、~の消滅」という意味になります。
また、「restore」は「返還する、復活させる」という意味の動詞です。

時には、あなたが正しいということを証明するために孤独になる必要がある。

⇒ Sometimes it is necessary to be lonely in order to prove that you are right.

プーチンの有名な名言です。

「sometimes」は、「時々、たまには」という意味の副詞です。

テロリズムには国籍や宗教はない。

⇒ Terrorism has no nationality or religion.

テロ行為に関するプーチンの名言です。

「religion」は、「宗教、信仰」という意味の名詞です。

裏切って報酬を与えられるよりも、忠義を貫いて縛り首になる方がいい。

⇒ It’s better to be hanged for loyalty than be rewarded for betrayal.

「hang」は、「掛ける、吊るす、絞首刑にする」という意味の動詞です。

また、「betrayal」は「裏切り、密告」という意味の名詞です。

汚職と戦う人は、その人自身がクリーンであるべきだ。

⇒ Those who fight corruption should be clean themselves.

「corruption」は、「堕落、買収、汚職」という意味の名詞です。

妥協するということは相手に対する外交的な礼儀ではなく、むしろ相手の正当な利益を考慮して尊重することだ。

⇒ The ability to compromise is not a diplomatic politeness toward a partner but rather taking into account and respecting your partner’s legitimate interests.

「diplomatic」は「外交の、外交官の」、「legitimate」は「合法の、正当な」という意味の形容詞です。

また、「take into account」で「考慮する」という意味になります。

経済活動は大西洋から太平洋に移っている。ロシアは太平洋にも接しているため、ある種の地の利がある。

⇒ Economic activity is moving from the Atlantic ocean to the Pacific ocean. Russia has a certain natural advantage because it also borders the Pacific Ocean.

「大西洋」は英語では「the Atlantic ocean」、「太平洋」は「the Pacific ocean」と言います。

ヨーロッパ人は実際に死に絶えつつある!

⇒ Europeans are really dying out!

「die out」で、「死に絶える、捨てる」という意味になります。

政府の仕事は蜂蜜をカップに注ぐだけでなく、時には苦い薬を与えることだ。

⇒ The task of the government is not only to pour honey into a cup, but sometimes to give bitter medicine.

「task」は、「仕事、任務」という意味の名詞です。

誰かを敵に仕立て上げるのは間違いだ。その敵で自国民を怖がらせ、それを基に味方を呼び集めようとするのは間違っている。

⇒ It is wrong to make anyone into an enemy. It is wrong to scare the people of one’s own country with that enemy and try to rally some allies on that basis.

「rally」は、「呼び集める、集中する」という意味の動詞です。

また、「ally」は「同盟国、味方」という意味の名詞です。

幸せな愛は往復する必要がある。

⇒ A happy love needs to be reciprocated.

愛に関するプーチンの名言です。

「reciprocate」は、「返礼する、報いる」という意味の動詞です。

女性とは議論しないほうが良い。

⇒ It’s better not to argue with women.

「argue」は、「議論する、主張する、示す」という意味の動詞です。

私は何も後悔していない。私は何事も完全に正しくこなした。

⇒ I don’t regret anything. I did everything absolutely correctly.

「absolutely」は、「絶対的に、完全に、無条件に」という意味の副詞です。

私は祖国を裏切った人が書いた本を読まない。

⇒ I don’t read books by people who have betrayed the motherland.

「betray」は、「裏切る、騙す、密告する」という意味の動詞です。

また、「motherland」は「祖国、母国」という意味の名詞です。

文明のあらゆる偉業にもかかわらず、人間は未だに地球上で最も脆弱な生き物の1つだ。

⇒ Despite all the achievements of civilisation, the human being is still one of the most vulnerable creatures on earth.

「vulnerable」は、「攻撃されやすい、傷付きやすい」という意味の形容詞です。

中国は、魅力的で、勤勉で、才能のある人々が住む、素晴らしい文化を持つ偉大な国だ。

⇒ China is a great country with a great culture, populated by fascinating, industrious and talented people.

「populated」は、「居住する、生息する」という意味の動詞です。

私たちはインターネットを統制すべきではないと思う。

⇒ I think we should not control the Internet.

「control」は、「管理する、監督する、統制する」という意味の動詞です。

私たちの目標は完全に明確だ。それは高い生活水準と、安全で自由で快適な生活だ。

⇒ Our aims are absolutely clear. They are a high living standard in the country and a secure, free and comfortable life.

「comfortable」は、「快適な、気持ちの良い」という意味の形容詞です。

全てがOKになることは恐らく無いだろう。しかし、私たちはそれに挑戦しなければならない。

⇒ Everything will probably never be OK. But we have to try for it.

「probably」は、「多分、恐らく」という意味の副詞です。

この単語のイメージとしては、8割、9割程度の割と高い確率です。

私はごく普通の労働者の家庭で育った。私の父も母も一般市民だった。

⇒ I was brought up in a very ordinary family, in fact, a worker’s family. Both my father and mother were ordinary citizens.

「bring up」で、「育てる、連れてくる」という意味になります。

また、「ordinary」は「普通の、平凡な」という意味の形容詞です。

政治はスポーツに干渉すべきではない。そして、スポーツは政治に影響を与えるべきだ。

⇒ Politics should not interfere with sports. And sports should impact politics.

政治とスポーツに関するプーチンの名言です。

「interfere」は、「干渉する、妨害する」という意味の動詞です。

私はほとんど毎日、1,000メートル泳ぐ。

⇒ I swim almost everyday, a thousand meters.

「almost」は、「ほとんど、もう少しで」という意味の副詞です。

どうやって体重をコントロールするのか?それは食べ過ぎないことだ。どうやって体型を保つのか?運動をすることだ。ここに魔法の薬は存在しない。

⇒ How does one control weight? By not overeating. How does one stay in shape? One plays sports. There are no magic pills here.

健康に関するプーチンの名言です。

「overeat」は、「食べ過ぎる」という意味の動詞です。

また、「pill」は「錠剤、苦しいこと、銃弾」という意味の名詞です。

全ての人が心の中に何らかの信念を持つべきだと思う。大切なのは、この信念をさらけ出すことではなく、心の内部の状態だ。

⇒ I think every person should have some faith inside him, in his heart. What matters is not an external display of this faith, but the inner state of the soul.

「faith」は、「信頼、信念、信仰」という意味の名詞です。

また、「state」を名詞として使うと「状態、国家、威厳」という意味を持ちます。

政治家にとって最悪なのは、あらゆる手段によって権力にしがみ付こうとして、それだけに集中してしまうことだ。

⇒ The worst thing for a politician is to try and cling to power by every possible means, and focus only on that.

「politician」は「政治家」という意味の名詞です。

また、「cling to ~」は「~にくっつく、~にしがみ付く」という意味です。

私は運命と、私にロシア政府のトップを任せてくれたロシアの国民にいつまでも感謝している。

⇒ I’m eternally grateful to fate and the citizens of Russia that they’ve trusted me to be the head of the Russian government.

「grateful」は、「感謝して、ありがたく思って」という意味の形容詞です。

また、「trust」は「信用する」という意味の他に、「預ける、任せる」という意味も持っています。

まとめ

以上、ロシアの最高指導者、ウラジーミル・プーチンの名言・発言を紹介してきましたが、いかがでしたか?

このページが皆さんのお役に立てば幸いです。

以下のページにも是非遊びに来てください。
>>ジョージ・ワシントンの名言を英語で読もう!偉大な名言・発言まとめ
>>英語での発音を間違えやすい都市名・地名をまとめてみた