【USCPA】インターネットでの出願申請・願書提出の方法

このページでは、USCPA試験にインターネットで出願申請・願書提出を行う方法について解説しております。

州によって、オンラインで出願する場合もあれば、紙面で出願する場合もあります。

このページを参考に、円滑に手続きを進めていただければと思います。

以下のページも合わせてご覧ください。
>>USCPA(米国公認会計士)とは

オンラインでの出願申請・願書提出の方法

早速、出願申請の操作手順を解説していきます。

このページでは、日本人受験生の中では最もポピュラーと思われる、アラスカ州へのオンライン出願を例に解説しております。


アラスカ州への出願手続きの流れ

NASBAウェブサイト(https://nasba.org/)へアクセスし、「EXAMS」タブ「CPA EXAMS」をクリックしてください。

次に、「CPA CENTRAL」のロゴをクリックしてください。

ユーザー登録を行い、画面左側からログインをしてください。

ログイン後、「Apply Online」をクリックし、個人情報、クレジットカード情報を入力してください。

その後、必要に応じて、画面の指示通りに提出書類を送付することとなります。

支払と必要書類の提出が完了した後、約2ヶ月程度NTS(受験票)を受け取ることができます。

NTSの受領までは長い時間が掛かります。

申請の遅れが受験開始の遅れに繋がりますので、急いでいる場合は早めに手続きを進めるようにしてください。

NTS(受験票)受領後に可能になること

NTSを受け取ったら、テストセンターの予約が可能になります。

特に土日の日程は人気ですぐに埋まってしまうことが多いので、出来るだけ早めに予約を行うことをおすすめします。

また、NTS受領後はリサーチ問題用のAICPAデータベースも半年間利用することができます。

リサーチ問題は基本的に捨てても問題無いかと思いますが、操作面が心配な人は一度目を通しておくと良いかと思います。

下記のAICPAウェブサイトへアクセスし、NTSに記載されているSection ID、メールアドレス等の情報を入力した上で、”subscribe”を選択します。
https://www.aicpa.org/becomeacpa/cpaexam/forcandidates/howtoprepare/literature.html

1週間程度で届くメールに記載されているURLにアクセスし、”Register as a new user”を選択の上、ユーザー名やパスワードを登録してください。

再度そのURLからログインすると、データベースを閲覧することができます。

是非、こちらも有効活用してみてください。

まとめ

以上、USCPA試験にインターネットで出願申請・願書提出を行う方法について解説してきました。

このページが皆さんのお役に立てば幸いです。

以下のページも是非ご覧ください。
>>USCPAの試験会場(テストセンター)について