野球に関する英語の名言・格言まとめ!ベーブ・ルースの名言など

このページでは、野球に関する英語の名言・格言を紹介しています。

野球はアメリカが発祥の地であり、もちろんアメリカでの人気も非常に高いスポーツです。

そのため、これまでに多くの英語の名言や格言が誕生してきました。

是非、お気に入りの名言・格言を探してみてください。

なお、以下のページも合わせてご覧ください。
>>超有名な英語の名言・格言100選一覧まとめ!
>>大坂なおみ選手の名言・発言を英語で読もう!心に響く名言集まとめ

野球に関する英語の名言・格言まとめ

それぞれ、日本語の文章と、英語を読むための簡単な解説を付けておりますので、是非英語学習にもお役立てください。

それでは、早速スタートです!


絶対に諦めない人を打ち負かすのは難しい。

⇒ It’s hard to beat a person who never gives up.

ベーブ・ルースの名言です。

「beat」は、「打つ、叩く、打ち負かす」という意味の動詞です。

野球は90%がメンタルで、残りはフィジカルだ。

⇒ Baseball is ninety percent mental and the other half is physical.

ヨギ・ベラの名言です。

「mental」は「肉体の」、「physical」は「肉体の」という意味の形容詞です。

野球においては、個人のパフォーマンスが最も重要な部分であると私は信じている。

⇒ I stand by my belief that individual performances are the most important part of baseball.

アール・ウィーバーの名言です。

「stand by」で、「守る」という意味にもなります。

また、「belief」は、「信念、確信」という意味の名詞です。

野球は教会みたいなものだ。たくさんの人が集まるけど、少しの人しか理解していない。

⇒ Baseball is like church. Many attend few understand.

レオ・ドローチャーの名言です。

「church」は、「教会」という意味の名詞です。

ちなみに、神社は「shrine」となります。

野球はポーカーみたいなものだ。負けているときは誰もやめたくない。

⇒ Baseball is like a poker game. Nobody wants to quit when he’s losing.

ジャッキー・ロビンソンの名言です。

「nobody」は、「誰も~ない」という意味の代名詞です。

野球は運転みたいなものだ。安全にホームに帰ってくることが大切なんだ。

⇒ Baseball is like driving, it’s the one who gets home safely that counts.

トミー・ラソーダの名言です。

「count」は、ここでは「大切である、重きを置く」という意味の動詞です。

野球では3,000安打に7年掛かった。ゴルフコースでは、私はそれをある日の午後だけで成し遂げた。

⇒ It took me seventeen years to get three thousand hits in baseball. I did it in one afternoon on the golf course.

ハンク・アーロンの名言です。

「It+take+人+時間」で、所要時間を表すフレーズは覚えておいた方が便利です。

ゴルフで3,000打も、なかなか凄いですね。

野球は10回中3回成功すれば良い選手とみなされる、唯一の努力のフィールドだ。

⇒ Baseball is the only field of endeavor where a man can succeed three times out of ten and be considered a good performer.

テッド・ウィリアムズの名言です。

「three times out of ten」で、「10回中3回」という意味になります。

野球は昔も今もこれからも、私にとって世界で最高のゲームだ。

⇒ Baseball was, is and always will be to me the best game in the world.

ベーブ・ルースの名言です。

「A, B and C」という形で、3つのフレーズがひと括りにされています。

この場合は、「was」と「is」と「always will be」の3つですね。

全てのストライクが私を次のホームランに近付けるんだ。

⇒ Every strike brings me closer to the next home run.

ベーブ・ルースの名言です。

「every」は、後ろに単数名詞を伴う形容詞です。

そのため、「strikes」ではなく「strike」になり、「bring」ではなく「brings」になります。

2つの季節しか存在しない。冬と野球だ。

⇒ There are only two seasons, winter and baseball.

ビル・ベックの名言です。

英語に関する説明は不要ですね。

野球が無い冬に何をするのかと、みんな私に尋ねる。教えてあげよう。私は窓を見つめながら春を待つんだ。

⇒ People ask me what I do in winter when there’s no baseball. I’ll tell you what I do. I stare out the window and wait for spring.

ロジャース・ホーンスビーの名言です。

「stare」は、「じっと見る」という意味の動詞です。

野球の問題点は、一年中プレーできないという点です。

⇒ The trouble with baseball is that it is not played the year round.

ゲイロード・ペリーの名言です。

「year round」で、「一年中」という意味になります。

もしユニフォームが汚れていなければ、私は野球の試合で何もしていない。

⇒ If my uniform doesn’t get dirty, I haven’t done anything in the baseball game.

リッキー・ヘンダーソンの名言です。

「dirty」は、「汚い、汚れた」という意味の形容詞です。

野球をするときは、あなたが望みさえすれば子供になることができる。

⇒ You could be a kid for as long as you want when you play baseball.

カル・リプケンの名言です。

「as long as」は、「さえすれば、する限り」という意味になります。

私は朝起きるとき野球のことを考えている。一日中野球のことを考えて、夜は野球の夢を見る。野球のことを考えない唯一の時間は、野球をプレーしているときだ。

⇒ I think about baseball when I wake up in the morning. I think about it all day and I dream about it at night. The only time I don’t think about it is when I’m playing it.

カール・ヤストレムスキーの名言です。

最後の文章は、少し構造が分かりにくいですね。

主語は「The only time I don’t think about it」の部分になります。

野球では3つのことができる。勝つか、負けるか、雨が降るかだ。

⇒ There are three things you can do in a baseball game. You can win, or you can lose, or it can rain.

ケーシー・ステンゲルの名言です。

天候を表す際には、主語は「it」を使います。

まとめ

以上、野球に関する英語の名言・格言を紹介してきましたが、いかがでしたか?

このページが、皆さんのお役に立てば幸いです。

以下のページにも、是非遊びに来てくださいね。
>>ポケモン英語版(ゲーム)の名言・名セリフまとめ!20年間の総集編
>>「戦争」や「平和」に関する英語の名言・格言をまとめてみた