ポケモン英語版(ゲーム)の名言・名セリフまとめ!20年間の総集編

このページでは、ポケモン(ゲーム)の英語版の名言・名セリフを紹介していきます。

是非、お気に入りの名言・名セリフを探してみてくださいね。

以下の関連ページも是非ご覧ください。
>>超有名な英語の名言・格言100選一覧まとめ!
>>ロケット団の口上・決め台詞は英語版でどう言う?「なんだかんだと」

ポケモン(ゲーム)の英語名言・名セリフ

英文を読み解くための簡単な解説も付けておりますので、英語学習にもお役立てください。

それでは、スタートです!

かがくのちからってすげー!

⇒ Technology is incredible! / The power of science is staggering!

ポケットモンスターシリーズから、主人公の町にいる太ったおじさんのセリフです。

ポケモン赤緑から現在に至るまで皆勤賞の名言です。

もちろん英語版でも皆勤賞なのですが、上記の通り2つのパターンが存在します。

「incredible」は「信じられない」、「staggering」は「驚異的な」という意味です。

おーす!未来のチャンピオン!

⇒ Yo! Champ in the making!

ポケットモンスターシリーズから、ポケモンジムの入り口にいるアドバイザーのセリフです。

こちらもポケモン赤緑から皆勤賞でしたが、ポケモンサンムーンではポケモンジムが無くなってしまいました。

「in the making」は「修行中の」という意味になります。

こんにちは!ぼくポケモン!…ちゃうわい!

⇒ Hiya! I’m a Pokemon… No I’m not!

ポケットモンスター赤緑から、マサキのセリフです。

実験に失敗しポケモンにくっついてしまったマサキですが、英語版でもノリツッコミは健在のようですね。

「hiya」は、「やあ、こんにちは」という意味の口語表現です。

この俺様が!世界で一番!強いってことなんだよ!

⇒ I am the most powerful trainer in the world!

ポケットモンスター赤緑から、チャンピオンになったライバルのセリフです。

初代は四天王狩りくらいしかまともな経験値を稼ぐ方法が無かったので、何度もこのセリフを聞いた人も多いのではないでしょうか。

「the most ~」で、「最も~」という最上級の表現となります。

にひひ!このジムはええ!女の子ばっかしじゃ!

⇒ Heheh! This gym is great! It’s full of women!

ポケットモンスター赤緑から、タマムシジムを覗いているおじいちゃんのセリフです。

やはり自然を愛するお嬢様、エリカの人気は絶大ですね。

「woman」の複数形は「women」となります。

しまった!10000光年は時間じゃない…距離だ!

⇒ Lightyears isn’t time… It measures distance.

ポケットモンスター赤緑から、ニビジムの短パン小僧のセリフです。

子供の頃は、このセリフの意味が分からないプレイヤーも多かったはずです。

光年は、英語ではそのまま「lightyear」と言うんですね。

あのな…わしのお気に入りのギャロップがな…でな…が…可愛くてな…たまらん…くう…さらに… もう…凄すぎ…で…そう思うか…どうして…好き…はー!抱きしめて…寝るときも…じゃろ…素晴らし…!美し…ありゃ!もうこんな時間か!ちょっと喋りすぎたわい。

⇒ My favorite Rapidash… It… cute… lovely… smart…plus…amazing…you think so?… Oh yes… it…stunning…kindly…love it! Hug it …when… sleeping…warm and cuddly…spectacular…ravishing… Oops! Look at the time! I kept you too long!

ポケットモンスター赤緑から、ポケモンだいすきクラブ会長のセリフです。

英語版でもなかなか忠実に再現されていますね。

少し難しい単語が多いですが、「Rapidash」は「ギャロップ」、「stunning」は「素晴らしい」、「cuddly」は「可愛い」、「ravishing」は「魅惑的な」という意味です。

それはおじさんのきんのたま!おじさんのきんのたまだからね!

⇒ That’s a nugget. I can’t give you any nuggets of wisdom, so that’ll have to do!

ポケットモンスターシリーズから、きんのたまおじさんのセリフです。

ポケモン金銀で初登場し、それ以降コンスタントに登場してプレイヤーにきんのたまを贈り続けています。

残念ながら、英語版では下ネタ要素は完全に消し去られており、ニュアンスも大きく変わっています。

「nugget」は「金塊」、「nuggets of wisdom」は「価値ある知識」という意味で、「おじさんは知識(nuggets of wisdom)は何もあげられないから、きんのたま(nugget)をあげるよ。」というニュアンスになります。

強いポケモン、弱いポケモン、そんなの人の勝手。本当に強いトレーナーなら、好きなポケモンで勝てるように頑張るべき。

⇒ Strong Pokemon. Weak Pokemon. That is only the selfish perception of people. Truly skilled trainers should try to win with all their favorites.

ポケットモンスター金銀から、四天王カリンのセリフです。

ポケモンバトルの神髄を突いた、とても有名な名言ですね。

「selfish perception」で「利己的な物の見方」という意味になります。

きみは今!カントー地方への一歩を踏み出した!

⇒ You’ve taken your first step into Kanto.

ポケットモンスター金銀から、26番道路の太ったおじさんのセリフです。

最初に金銀をプレーしたときは、まさかカントー地方に来れるとは思っていなかったので、すごく衝撃を受けた記憶があります。

この名言だけでなく、26番道路のBGMも非常に人気が高いですね。

「you’ve」は「you have」の短縮形で、現在完了の用法が使われています。

カイリュー、破壊光線。

⇒ Dragonite, hyper beam.

ポケットモンスター金銀から、ドラゴン使いのワタルのセリフです。

ロケット団アジトで見張りをしている下っ端に対して、破壊光線を放つ名シーンですね。

やはり、人間に破壊光線を撃つくらいの度胸が無いとチャンピオンまで登り詰めることは難しいのでしょう。

結局ぼくが一番強くて凄いんだよね。

⇒ When it comes down to it, I’m just the strongest there is right now.

ポケットモンスタールビーサファイアから、ダイゴのポケナビでの自己紹介文です。

色々と残念なダイゴさんですが、ルビーサファイアでは一番の名言と言っても過言では無いでしょう。

「When it comes down to it」で、「結局」という意味になります。

世界中の人が口にして、それでも語り尽せない言葉、それが「愛」と「幸せ」。

⇒ There are still words that not everyone can describe…The words are “love” and “joy”.

ポケットモンスターダイヤモンドパールより、ヨスガシティの教会にいる女性のセリフです。

よく聞いてみると、なかなか深いものがありますね。

「describe」は、「描写する、説明する」という意味です。

世界は君が生まれるのを待っていた。君と一緒にいるポケモンも、君の親しい人たちも、更に繋がる人も、ポケモンも、みんな世界に望まれて生まれてきたとあたしは思う。

⇒ The world awaited your birth. Not only yours, either. The Pokemon with you. The people close to you. All the Pokemon and people were born because they have a part in the world. I’m convinced of that.

ポケットモンスタープラチナより、シロナのセリフです。

やぶれたせかいで、ギラティナに会いに行く前のセリフですね。

「be convinced」で、「確信を抱いている」という意味になります。

大切なのは命の長さではなく…生きている時に何が出来るかなのだと思う。

⇒ The important thing is not how long you live… It’s what you accomplish with your life.

ポケモン不思議のダンジョン空の探検隊から、盗賊ジュプトルのセリフです。

自分が消えてしまうのにそれでも頑張るんだという、男気あふれる名言ですね。

「what」は関係代名詞として使われており、人生であなたが成し遂げる「こと」という意味になります。

この世には確かに、お尋ね者もいっぱいいるし…それを懲らしめたりもするけれど…でも…本当に悪いポケモンなんて…実はどこにもいないんだ。

⇒ There are plenty of criminals out there… they are caught and punished, but… but… truly bad Pokemon… don’t really exist anywhere.

ポケモン不思議のダンジョン空の探検隊から、プクリンのセリフです。

ポケモンは周りの環境次第で良くも悪くもなる、という名言ですね。

「criminals」は、「罪人」という意味です。

人生は与えられたカードでの真剣勝負。配られたカードに文句を言うよりもどう使いこなすかが大事なのさ。

⇒ Life is a serious battle, and you have to use the tools you’re given. It’s more important to master the cards you’re holding than to complain about the ones your opponents were dealt.

ポケットモンスターブラックホワイトから、四天王ギーマのセリフです。

ギャンブラーが本業なだけあって、独自の勝負論を持っていますね。

「complain about」で、「~について不平を言う」という意味になります。

世の中には悪い勝ち方…良い負け方もあってね、そう簡単に割り切れないのが面白く悩ましいところさ。

⇒ There are bad ways to win and good ways to lose. What’s interesting and troubling, is that it’s not always clear which is which.

ポケットモンスターブラックホワイトから、同じく四天王ギーマのセリフです。

子供向けのゲームにしては、非常にメッセージ性の高い名言ですね。

「which is which」は、「どっちがどっちか、肝心なものはどちらか」というニュアンスになります。

お互い理解し合えなくとも否定する理由にはならん! そもそも争った人間のどちらだけが正しいのではない。

⇒ Even if we don’t understand each other, that’s not a reason to reject each other. There are two sides to any argument. Is there one point of view that has all the answers?

ポケットモンスターブラックホワイトから、チャンピオンのアデクのセリフです。

ストーリー内で、Nに対して投げかけた名言です。

「argument」は、「議論、論争」という意味です。

あなたがこれからも周りを輝かせる人でありますように。

⇒ May you always continue to be a person who brightens your surroundings.

ポケットモンスターブラックホワイトから、ライモンジムリーダーのカミツレの名言です。

ライモンバッジ取得後にトレーナーカードを開くと、このメッセージを読むことができます。

「May you ~」で、「幸運を祈ります」というニュアンスになります。

今よりも強くなるために必要なこと?それはずっとずっとポケモンを好きでいることかな。

⇒ What’s necessary to become stronger? I think it’s important to never lose your love of pokemon.

ポケットモンスターブラックホワイトから、シロナのセリフです。

心を強く打つ名言ですね。

「never」は「決して~ない」という意味の副詞です。

相手がトレーナーなら、勝負すればどんな人か分かる。どんなポケモンに、どんな技を覚えさせているのか、道具は何を持たせているのか。その時、言葉は要らないの。

⇒ When you meet trainers, battle them to learn about the kind of people they are. Observe the pokemon they choose, which moves they taught them, and which items the pokemon hold. You don’t need words at such times…

ポケットモンスターブラックホワイトから、同じくシロナのセリフです。

シロナのセリフは名言が多く、人気の高さにも頷けますね。

ポケモンの「技」のことは、英語では「moves」という表現になります。

ぼくは観覧車が大好きなんだ。あの円運動…力学…美しい数式の集まり…。

⇒ I love Ferris wheels. The circular motion…The mechanics…They’re like collections of elegant formulas.

ポケットモンスターブラックホワイトから、Nのセリフです。

Nとの観覧車デートでの、有名な名言ですね。

「ferris wheels」は「観覧車」という意味です。

水着って魅せるものなの?それとも隠すものなの?

⇒ When it comes to swimsuits… You’re either about self-composure or you’re about self-exposure!

ポケットモンスターブラックホワイトから、フキヨセジムリーダーのフウロのセリフです。

シロナの別荘にて、シロナと水着について議論しているシーンの名言です。

「composure」は「落ち着くこと」、「exposure」は「露出すること」を表す名詞です。

言ってしまえば水着なんてただの布でしょ?

⇒ Put bluntly, swimsuits are nothing but cloth, right?

ポケットモンスターブラックホワイトから、ライモンジムリーダーのカミツレのセリフです。

水着について議論しているフウロやシロナと違って彼女だけ興味が無さそうなのは、胸が無いからでしょうか。

「put bluntly」で、「率直に言えば」という意味になります。

ビキニの私がどこにモンスターボールをしまうのか?フフフ…女の秘密よ。

⇒ If I’m wearing a bikini… where do I put my pokeballs? Teehee…woman’s secret!

ポケットモンスターブラックホワイトから、17番水道のビキニのおねえさん、レイカのセリフです。

是非、答えを教えて欲しいものですね。

「ビキニ」は、英語でもそのまま「bikini」となります。

ところでだ…少年…恋人とかいないのか?

⇒ By the way…boy…you ever had a lover?

ポケットモンスターブラックホワイトから、やまおとこのナツミと一緒に観覧車に乗ったときのセリフです。

この観覧車イベントは季節ごとに一緒に乗るトレーナーが変わる仕組みですが、男主人公の場合、夏だけは何故かやまおとこのナツミが一緒に乗ってきます。

「by the way」は、「ところで」という意味になります。

知り合いに観覧車好きやまおとこがいるんだが…恋が成就したらしい…。

⇒ So, I know this hiker who really likes ferris wheels. It looks like he finally found love…

ポケットモンスターXYから、シャラシティの男性のセリフです。

無事、恋が結ばれたようで何よりですね。

「やまおとこ」は、英語版では「hiker」という表現になっています。

やがて薄れ消えゆくものを記憶に刻みこむため、全身全霊を打ちこむ!それが人生です。

⇒ Devote yourself entirely, so even that which will fade and disappear is ingrained forever upon your heart and mind! That is the only fate for any human.

ポケットモンスターXYから、四天王ズミのセリフです。

バトルに勝利したときに聞ける名言ですね。

「ingrain」は、「深く浸み込む」という意味の動詞です。

ポケモン勝負において弱いポケモンなどいません。弱いトレーナーがいるのみです。ポケモンの良さを見極め、こだわり、強さを引き出しなさい。

⇒ There are no weak pokemon in a pokemon battle. There are only weak trainers. Find the good in every one of your pokemon. Draw out the unique strengths they possess.

ポケットモンスターXYから、同じく四天王ズミのセリフです。

金銀のカリンの名言とも似ていますね。

「draw out」で、「引き出す、引き伸ばす」という意味になります。

勝たなきゃいけないバトルは楽しくないなぁ。

⇒ Battles you can’t afford to lose aren’t any fun…

ポケットモンスターサンムーンより、ハウのセリフです。

いつもバトルを楽しんでいる、ハウらしい名言ですね。

「can’t afford to ~」で、「~する余裕がない、~できない」という意味になります。

使えないポケモンは好き勝手にパーティから外すでしょう?

⇒ What do you do with a pokemon you can’t use? You remove it from your party, as you please.

ポケットモンスターサンムーンより、ルザミーネのセリフです。

自分の好きなものだけがあふれる世界で生きたいと言ったルザミーネは、リーリエから非難されましたが、それに対してポケモントレーナーだって同じであると反論した名言です。

「as you please」は、「あなたの好きなように」という意味になります。

活きの良い海パン野郎が溺れている可能性もあります。

⇒ We’ll be lucky enough to find a spry young swimmer floundering in the water and in need of saving!

ポケットモンスターサンムーンより、スイレンのセリフです。

何故か、スイレンは海パン野郎のことがお気に入りのようです。

「spry」は、「活発な、元気な」という意味の形容詞です。

おお!がんばるリーリエ。言わば、がんばリーリエじゃのう!

⇒ Ho! Then you do your best, Lillie. No one could call you lily-livered!

ポケットモンスターサンムーンから、ハプウのセリフです。

ゼンリョクの姿となったリーリエを見て、頑張っていることを聞いたハプウが発した名言ですね。

「lily-livered」は「臆病な」という意味で、「No one could call you lily-livered!」は「誰も臆病者とは呼べないだろうな。」となります。

英語版では、「がんばリーリエ」とはちょっと違うニュアンスになってしまい、残念ですね。

子供は…親のモノではありません!

⇒ Children are not just things that belong to their parents!

ポケットモンスターサンムーンから、リーリエのセリフです。

ルザミーネに対して放った、勇気ある一言ですね。

「belong to」で、「属している、所有物である」という意味になります。

まとめ

以上、ポケモン(ゲーム)の英語版の名言・名セリフを紹介してきましたが、いかがでしたか。

是非、以下のページにも遊びに来てくださいね。
>>英語のディズニー恋愛名言フレーズ集30選!ディズニー映画から厳選
>>くまのプーさん英語名言集15選!ほっこり名セリフ、まとめました