ロケット団の口上・決め台詞は英語版でどう言う?「なんだかんだと」

このページでは、「なんだかんだと聞かれたら・・・」というロケット団の口上・決め台詞について、英語版ではどのように表現されているかをご紹介します。

なお、以下のページも合わせてご覧ください。
>>ポケモン英語版(ゲーム)の名言・名セリフまとめ!20年間の総集編
>>くまのプーさん英語名言集15選!ほっこり名セリフ、まとめました

それでは、早速スタートです。

ロケット団の口上・決め台詞(日本語版・日本語版英語訳・英語版)

「日本語版のセリフ」、「日本語版をそのまま英語に直訳したセリフ」、「英語版のセリフ」の順で紹介していきます。

日本語版:
日本語版直訳:
英語版:

ムサシ:なんだかんだと聞かれたら
Musashi: If you ask us this or that…
Jessie: Prepare for trouble!

コジロウ:答えてあげるのが世の情け
Kojiro: The pity of the world is what responds!
James: Make it double!

ムサシ:世界の破壊を防ぐため
Musashi: To prevent the destruction of the world!
Jessie: To protect the world from devastation!

コジロウ:世界の平和を守るため
Kojiro: To protect the peace of the world!
James: To unite all peoples within our nation!

ムサシ:愛と真実の悪を貫く
Musashi: To stand by the evils of love and truth!
Jessie: To denounce the evils of truth and love!

コジロウ:ラブリーチャーミーな敵役
Kojiro: The lovely, charmy villains!
James: To extend our reach to the stars above!

ムサシ:ムサシ!
Musashi: Musashi!
Jessie: Jessie!

コジロウ:コジロウ!
Kojiro: Kojiro!
James: James!

ムサシ:銀河をかけるロケット団の二人には
Musashi: The pair from Team Rocket soars through the galaxy!
Jessie: Team Rocket, blast off at the speed of light!

コジロウ:ホワイトホール、白い明日が待ってるぜ
Kojiro: A white hole, a white tomorrow awaits us!
James: Surrender now, or prepare to fight!

ニャース:ニャーんてニャ!
Nyasu: Something like that!
Meowth: Meowth! That’s right!

いかがでしょうか。

ムサシは「Jessie」、コジロウは「James」と言う名前になっているんです。

日本語版を直訳したセリフは何となく意味が分かるかと思いますが、英語版のセリフは難しい部分も多いですね。

韻を重視して、意味も結構変わってしまっているようです。

英語版については、次のセクションで1文ずつ詳しく解説していきますので、じっくりと読み解いていきましょう。

英語版ロケット団の口上・決め台詞の解説

それでは、英語版の口上について、セリフの意味を詳しく見ていきましょう。


なんだかんだと聞かれたら

⇒ Prepare for trouble!

直訳すると、「トラブルに備えなさい」ですね。

日本語的に言えば、「覚悟しなさい」といったところでしょうか。

答えてあげるのが世の情け

⇒ Make it double!

直訳すると「それを2倍にしなさい」です。

「2倍覚悟しておいたほうがいいぞ」というニュアンスですね。

世界の破壊を防ぐため

⇒ To protect the world from devastation!

ここは同じような意味です。

「devastation」は「荒廃、惨状」という意味の名詞ですので、「世界が荒れ果てることを防ぐため」という意味になります。

世界の平和を守るため

⇒ To unite all peoples within our nation!

「全ての人々を私たちの傘下に集めるため」という意味です。

「unite」は「一体にする、合体させる」という意味の動詞です。

愛と真実の悪を貫く

⇒ To denounce the evils of truth and love!

大体同じような意味で、「真実と愛の悪を非難するため」となります。

「denounce」は少し難しい単語ですが、「弾劾する、非難する」という意味の動詞です。

ラブリーチャーミーな敵役

⇒ To extend our reach to the stars above!

「我らの勢力を星々にも拡大するため」という意味です。

「reach」とは「届く範囲」という意味で、ここでは名詞として使われています。

例えば日本語でも、腕の長いボクサーは「リーチが長い」と言われますね。

ムサシ!コジロウ!

⇒ Jessie! James!

「ジェシー!」「ジェームズ!」となります。

銀河をかけるロケット団の二人には

⇒ Team Rocket, blast off at the speed of light!

「ロケット団は光の速さで発射する」という意味です。

「blast off」はミサイルやロケットが発射するときによく使われる表現ですね。

ホワイトホール、白い明日が待ってるぜ

⇒ Surrender now, or prepare to fight!

「すぐ降伏しろ、もしくは戦う準備をしろ」という意味です。

「surrender」には、「降伏する、屈服する」という意味があります。

ニャーんてニャ!

⇒ Meowth! That’s right!

「ニャース!その通り!」という意味です。

ちなみに英語版のニャースは、残念ながら語尾に「ニャ」や「meow」は付きません。

まとめ

以上、ロケット団の口上・決め台詞を紹介してきましたが、いかがでしたか?

インターネット上に動画もアップロードされているようですので、是非英語版も見てみてはいかがでしょうか。

是非、以下のページにも遊びに来てくださいね。
>>ポケモン英語版(ゲーム)の名言・名セリフまとめ!20年間の総集編
>>塔の上のラプンツェルの名言・名セリフを英語で読もう!