USCPA資格の名刺等への記載例

このページでは、USCPA資格の名刺や履歴書への資格名称の記載例と表記ルールについて解説していきたいと思います。

USCPA試験に挑戦するひとつの理由として、名刺に資格名を記載したいからという人も少なからず存在するかと思います。

また、履歴書の資格欄にUSCPAを追加し、転職活動を有利に進めたいと思われている方も多いかと思います。

このような肩書の表記については明確な規定がありますので、しっかりと規則を守って名刺や履歴書に記載するようにしてください。

以下のページも合わせてご覧ください。
>>USCPA(米国公認会計士)とは
>>USCPA受験とライセンス登録の必要費用・必要金額はいくら?

USCPA資格の名刺等への記載例

USCPA試験に合格しただけでは「USCPA」を名乗ることはできません。

ライセンス登録を行っていないにもかかわらず「USCPA」と名乗ってしまった場合には、懲戒処分の対象にもなりますので、ご注意ください。

USCPA試験合格後のステータスは、大きく分けると、

・USCPA試験合格
・USCPAサーティフィケート(certificate)取得
・USCPAライセンス取得

の3つに分けることができます。

これらの各段階について、記載例と記載ルールを見ていきましょう。

参考までに、ワシントン州におけるルールは以下のサイトに掲載されています。
https://acb.wa.gov/use-title

USCPA試験合格

USCPA試験の4科目に合格してすぐの段階で、州の公認会計士として、登録も認可もされていない状態です。

USCPA試験のスコアレポートが合格の証明書となります。

名刺や履歴書に記入しても問題ありませんが、正式なUSCPAとしては認められていないため、「USCPA」、「米国公認会計士」、「CPA」の呼称を用いてはいけません。

もし名刺や履歴書に記載するのであれば、

・USCPA試験合格者
・USCPA試験全科目合格者
・米国公認会計士試験合格者
・米国公認会計士試験全科目合格者

のような呼称を用いて、ライセンス保有者と混同しないようにしなければなりません。

USCPAサーティフィケート(certificate)取得後

グアムの場合、サーティフィケートは取得するけれども、ライセンスを取得しないという選択肢も取ることができます。

言い換えると、州の公認会計士として登録はされるが、公認会計士としての活動の認可はされていないという状態と言えます。

あくまで会計士としての活動は認可されていないので、「USCPA」、「米国公認会計士」、「CPA」の呼称を用いることができるのは、ごく一部の州だけに限定されています。

日本人登録者の多いワシントン州の場合、このような記載は認められていません。

そのため、名刺や履歴書においてはこれらの呼称を使うことは避けた方が無難です。

名刺に記載する場合は、

・USCPA(Inactive)
・グアム州USCPA(Inactive)
・米国公認会計士(Inactive)
・グアム州米国公認会計士(Inactive)

のように、「Inactive」の語句を添えておくことで、問題無く名刺や履歴書にも記載できます。

なお、ワシントン州の場合、「Inactive」の語句と「CPA」の語句は同じフォント、同じサイズでなければならないと定められています。

紛らわしい書き方をしてはいけないということですね。

USCPAライセンス取得後

ライセンス登録をすることで、州の公認会計士として認可を受けることとなります。

ライセンス登録が完了している場合にのみ、「USCPA」、「米国公認会計士」、「CPA」という呼称を使うことができます。

名刺に記載する場合は、

・USCPA
・USCPA(米国公認会計士)
・USCPA(ワシントン州)
・ワシントン州USCPA
・U.S.CPA State of Washington
・U.S.CPA Admitted in the state of Washington
・米国公認会計士
・米国公認会計士(USCPA)
・米国公認会計士(ワシントン州)
・ワシントン州米国公認会計士

などの中から、お好きなものを選択して構わないかと思います。

特に具体的な表記方法に関しては指定されていないので、誤解を招くような書き方をしていなければ問題無いでしょう。

米国内であれば、「CPA」とだけ、記載することが多いようです。

しかし、日本国内で名刺を使用する場合は、日本の公認会計士との混同を避けるために「USCPA」や「米国公認会計士」という記載のほうが好ましいかと思います。

なお、3年ごとのライセンス更新をせずに失効(expire、lapse)している場合や、リタイア(retired)のステータスとなっている場合は、「USCPA」や「USCPA(Inactive)」と名乗ることはできません。

この場合は、ライセンスを復帰させる手続きを取った上でUSCPAを名乗る必要があります。

まとめ

以上、USCPA資格の名刺や履歴書への資格名称の記載例と表記ルールについて解説してきました。

上記ルールに従わずに名称を使用した場合は懲戒対象にもなりますので、適切な名称で記載するようにしてください。

以下のリンクも合わせてご覧ください。
>>MBAとUSCPAの違いとは?転職やキャリアアップに役立つのはどっち?