6文字の難しい英語・英単語一覧まとめ30選!

このページでは、6文字の難しい英語・英単語をまとめて紹介しています。

難しいけれど覚えておくと役に立つ英語・英単語を集めましたので、是非お気に入りの英単語を探してみてください。

メールアドレスやID、ハンドルネームなどに使ってみても良いかもしれませんね。

また、以下のページも合わせてご覧ください。
>>最高に難しい英語・英単語一覧まとめ50選!

>>3文字の難しい英語
>>4文字の難しい英語
>>5文字の難しい英語
>>7文字の難しい英語
>>8文字の難しい英語

6文字の難しい英語・英単語一覧まとめ

それでは、早速6文字の難しい英語・英単語を紹介していきます。

英語、日本語、簡単な解説を併記していますので、英語学習にも利用してみてくださいね。


amulet

⇒ お守り、魔除け

主に首に付ける、宝石の付いたお守りのことを言います。

ゲームのアイテムとしてもよく登場しますね。

antler

⇒ 鹿の枝角

シカ科の動物に生えているような、抜け落ちて生え変わるタイプの角のことです。

「鹿島アントラーズ」というサッカーチーム名にも使われていますね。

barley

⇒ 大麦

ビールなどの原料になる麦のことですね。

ちなみに、「小麦」は「wheat」です。

binary

⇒ 二進法の、二項の

0と1の二文字で数値を表す二進法ですね。

ちなみに、「十進法の」は「decimal」となります。

bypass

⇒ 迂回路、側路

速い道というイメージがあるかも知れませんが、「迂回路」という意味です。

「bypath」と書かれることもあります。

catnap

⇒ うたた寝、仮眠

ベッドに入らずに短時間寝ることを言います。

可愛い語感の英単語ですね。

cocoon

⇒ 繭

蚕の「まゆ」のことです。

ポケモンにも「コクーン」というさなぎのポケモンがいますね。

cosmos

⇒ 宇宙、秩序、コスモス

「宇宙」という意味や花の「コスモス」という意味があります。

なお、「カオス(chaos)」の対義語も「cosmos」で、この場合は「秩序」という意味です。

cuckoo

⇒ カッコウ

鳥の「カッコウ」の鳴き声に由来しています。

そのまま日本語読みしても意味が伝わりそうな気がしてしまいますね。

daemon

⇒ 守護神

ギリシャ神話における半人半神の霊、「ダイモン」がその名の由来です。

メールアドレスを間違って送信してしまったときには、「mailer daemon」というプログラムからメールが自動的に送り返されてきますね。

debris

⇒ 破片、がれき

主に、破壊された物体の破片に対して使われる英単語です。

宇宙空間に漂う「宇宙ゴミ」のことは「スペースデブリ(space debris)」と言いますね。

donkey

⇒ ロバ

「ドンキーコング」のイメージが強いですが、猿ではありません。

スラングとして「愚か者」という意味で使われることもあります。

dynamo

⇒ 発電機

「generator」と同じような意味ですね。

なお、ここから転じて「元気いっぱいの人」という意味でも用いられます。

elixir

⇒ 万能薬、不老不死薬

アラビア語に由来する英単語と言われています。

「エリクサー」はゲームにおける回復アイテムとしても度々登場しますね。

enigma

⇒ 謎、不可解なもの

説明できない物事や難しい問題のことを指します。

戦争における暗号の名前に使われたこともあります。

falcon

⇒ ハヤブサ

飛行速度の非常に速い猛禽類ですね。

ちなみに「タカ」は「hawk」、「ワシ」は「eagle」です。

fatcat

⇒ 大金持ちの

スラングとして使われる表現です。

その他、普通に「太った猫」という意味でも使われます。

fiesta

⇒ 祝祭、パーティー

主に宗教上の祝祭日に対して使われます。

スペイン語に由来する単語で、英語での「feast」にあたる言葉です。

fumble

⇒ 手探りする、しくじる

野球において「ボールを掴み損なう」ことを「ファンブル」と言いますね。

アメフトにおいては「ボールを落とす」ことを言います。

gateau

⇒ デコレーションケーキ

フランス語に由来する言葉です。

「ガトーショコラ(gateau chocolat)」は、英語では「チョコレートのデコレーションケーキ」という意味なんですね。

gemini

⇒ 双子座

星座や星占いで使われる用語ですね。

「ジェミニ計画」というアメリカの宇宙計画の名前にも使われました。

ghetto

⇒ スラム街

ヨーロッパにおいて、ユダヤ人を隔離していた地域「ゲットー」のことも指します。

元々は「鋳造所」という意味のイタリア語に由来しています。

hybrid

⇒ 異種混合、掛け合わせ

「ハイブリッドカー」の「hybrid」ですね。

電気とガソリンの力を組み合わせて使うことから、このように呼ばれています。

lagoon

⇒ 潟湖、礁湖

海に繋がっている小さな潟湖や、サンゴ礁で囲まれた水面のことを言います。

ディズニーシーの中には、「マーメイドラグーン(mermaid lagoon)」というエリアがありますね。

marble

⇒ 大理石

「マーブル模様(marble pattern)」は「大理石の模様」という意味です。

よく耳にする英単語ですが、これまであまり気にしたことが無かった人も多いかもしれませんね。

matrix

⇒ 行列、母体、土台

アメリカ映画のタイトルにもなっており、そのイメージが強いかもしれませんね。

ここでの「行列」とは数学用語で、変数が縦と横に並んだもののことです。

meteor

⇒ 隕石、流星

日本語では「メテオ」や「ミーティア」と言いますね。

ちなみに「彗星」は英語では「comet」です。

mirage

⇒ 蜃気楼

海の上に物体があるように見える現象のことですね。

ちなみに、道路に水があるように見える「逃げ水」は「road mirage」と言います。

nectar

⇒ 花の蜜、霊酒、ジュース

元々は神話に登場する神々の霊酒のことです。

私たちにとっては不二家のジュースのイメージが強いかもしれませんね。

osprey

⇒ ミサゴ

タカ科の猛禽類のことです。

「オスプレイ」はアメリカの軍用機の名前にもなっていますね。

papaya

⇒ パパイヤ

南国のフルーツです。

「パパヤ」のように見えるので、初めてこのスペルを目にする人はちょっと戸惑ってしまうかもしれませんね。

quartz

⇒ 石英

二酸化ケイ素の鉱物で、水晶やオパールがこれに含まれます。

世の中で一般的な、水晶が振動子に使われている時計のことを「クォーツ時計」と言います。

まとめ

以上、6文字の難しい英語・英単語を紹介してきましたが、いかがでしたか?

このページが皆さんのお役に立てば幸いです。

以下のページにも、是非遊びに来てくださいね!
>>ひとこと英語名言・格言150選!たった一言、3単語の名言だけ厳選