ネガティブな英語名言・格言30選!グッとくる名言まとめました

このページでは、ネガティブな名言や格言を英語で紹介しています。

是非、あなたのお気に入りの名言を探してみてくださいね。

また、以下のページも合わせてご覧ください。
>>超有名な英語の名言・格言100選一覧まとめ!
>>失恋についての英語の名言・格言まとめ!元気の出るフレーズを貴方に

ネガティブな英語名言・格言一覧まとめ

それでは、ネガティブな名言や格言を英語で紹介していきます。

日本語、英語、簡単な解説を併記していますので、是非英語学習にも活用してみてくださいね。


結婚は娯楽ではなく厳粛な行為であり、一般的には悲しい行為だ。

⇒ A marriage is no amusement but a solemn act, and generally a sad one.

イギリスのヴィクトリア女王の名言です。

「solemn」は、「厳粛な、荘厳な」という意味の形容詞です。

100万の言葉ではあなたを呼び戻せない。もう試したから知ってる。100万の涙でもあなたを呼び戻せない。もう泣いたから知ってる。

⇒ A million words would not bring you back, I know because I tried, neither would a million tears, I know because I cried.

「bring back」は、「持ち帰る、呼び返す、思い出させる」という意味です。

忠実に1日8時間働くことにより、最終的には上司になって1日12時間仕事をすることになる。

⇒ By working faithfully eight hours a day you may eventually get to be boss and work twelve hours a day.

アメリカの詩人、ロバート・フロストの名言です。

「faithfully」は、「忠実に、誠実に」という意味の副詞です。

死は人生における最大の損失ではない。最大の損失は生きている間に私たちの内部で死ぬものだ。

⇒ Death is not the greatest loss in life. The greatest loss is what dies inside us while we live.

アメリカのジャーナリスト、ノーマン・カズンズの名言です。

「inside」は、「内側、内部」という意味です。

全ての人間は、ある種の悲しみを連れ歩いている。

⇒ Every human walks around with a certain kind of sadness.

アメリカの女優、タラジ・P・ヘンソンの名言です。

「walk around」は、「歩き回る、散策する」という意味です。

私たちが生まれた瞬間から、私たちは死に始める。

⇒ From the moment we are born, we begin to die.

デンマークの作家、ヤンネ・テラーの名言です。

「moment」は、「瞬間、少しの間」という意味の名詞です。

悲しみは罪の意識ほど重くはないが、より多くのものをあなたから奪い去る。

⇒ Grief is not as heavy as guilt, but it takes more away from you.

アメリカの作家、ヴェロニカ・ロスの名言です。

「guilt」は、「有罪、罪の意識」という意味の名詞です。

私は何も食べられないし、飲むこともできない。若さと愛の楽しみはどこかへ飛んで行ってしまった。かつては良い時もあったが今や過ぎ去っていて、人生はもはや人生ではなくなっている。

⇒ I cannot eat, I cannot drink. The pleasures of youth and love are fled away. There was a good time once, but now that is gone, and life is no longer life.

ギリシャの哲学者、プラトンの名言です。

「no longer」は、「もはや~ない」という意味の熟語です。

以下のページも合わせてご覧ください。
>>哲学の英語名言・格言50選!哲学者たちの名言一覧まとめ

脳と心を持っている人は、誰も完全に元気になれるとは思わない。

⇒ I do not believe anyone can be perfectly well, who has a brain and a heart.

アメリカの詩人、ヘンリー・ワーズワース・ロングフェローの名言です。

「perfectly」は、「完全に、本当に」という意味の副詞です。

ぼくは希望を持たないから、決して失望することも無いんだ。

⇒ I never get my hopes up, so I never get let down.

くまのプーさんに登場するロバのぬいぐるみ、イーヨーの名言です。

「let down」で「失望させる」という意味になります。

以下のページも是非ご覧ください。
>>くまのプーさん英語名言集15選!ほっこり名セリフ、まとめました

誰もあなたのことを気に掛けてくれないと思うのなら、いくつかの支払いを逃してみなさい。

⇒ If you think nobody cares about you, try missing a couple of payments.

アメリカの俳優、スティーヴン・ライトの名言です。

「a couple of」は、「2個の、数個の」という意味です。

あなたの知っている誰かが、あなたが知っていた誰かに変わってしまうのは悲しい。

⇒ It’s sad when someone you know becomes someone you knew.

アメリカの音楽家、ヘンリー・ローリンズの名言です。

「know」という動詞の過去形は「knew」、過去分詞形は「known」ですね。

人生は難しい。あなたが馬鹿だと更に難しい。

⇒ Life is hard. It’s harder if you’re stupid.

アメリカの俳優、ジョン・ウェインの名言です。

「stupid」は、「愚かな、馬鹿な」という意味の形容詞です。

以下のページも合わせてご覧ください。
>>人生に関する名言・格言40選を英語で読もう!偉人たちの深い名言

永遠に続くものは何もない。星でさえ死んでしまう。

⇒ Nothing lasts forever. Even the stars die.

アメリカのコスモスという宇宙に関するドキュメンタリー番組に登場した名言です。

ここでの「last」は、「持続する、長持ちする」という意味の動詞として使われています。

あなたが隠し切ることができないのは、あなたの心が折れ曲がったときだ。

⇒ One thing you can’t hide is when you’re crippled inside.

元ビートルズのメンバー、ジョン・レノンの名言です。

「cripple」は、「不自由にする、無力にする」という意味の動詞です。

私たちの最も甘い歌は、最も悲しい思いを語るものだ。

⇒ Our sweetest songs are those that tell of saddest thought.

イギリスの詩人、パーシー・ビッシュ・シェリーの名言です。

「thought」は、「考え、思考」という意味の名詞です。

人生は続くんだからとみんなは慰め続けてくれるけれど、それが私にとって最も悲しいところだ。

⇒ People keep telling me that life goes on, but to me that’s the saddest part.

「go on」は、「続く、移る」という意味です。

涙は口では話せない、心でも抱けない言葉だ。

⇒ Tears are words the mouth can’t say nor can the heart bear.

「bear」は、「抱く、身に付ける、産む」という意味の動詞です。

涙は心からやって来るのであり、脳からやって来るのではない。

⇒ Tears come from the heart and not from the brain.

イタリアの芸術家、レオナルド・ダ・ヴィンチの名言です。

「brain」は、「脳、知力」という意味の名詞です。

今日の良き時間は、明日の悲しい思い出だ。

⇒ The good times of today, are the sad thoughts of tomorrow.

ジャマイカのミュージシャン、ボブ・マーリーの名言です。

「thought」は、名詞では「思考、意見、思案」という意味になります。

悲しみは永遠に続くだろう。

⇒ The sadness will last forever.

オランダの画家、フィンセント・ファン・ゴッホの名言です。

「last」は動詞として用いると、「続く、持続する」という意味になります。

悲しみを締め出すために私たちの周りに築いた壁は、喜びもまた締め出している。

⇒ The walls we build around us to keep sadness out also keeps out the joy.

アメリカの起業家、ジム・ローンの名言です。

「keep out」は、「中に入れない、締め出す」という意味です。

悲しみに美はない。苦しみに名誉はない。恐れに成長はない。憎しみに安堵はない。それは幸せをただ浪費するだけのものだ。

⇒ There is no beauty in sadness. No honor in suffering. No growth in fear. No relief in hate. It’s just a waste of perfectly good happiness.

「relief」は、「除去、安心、救助」という意味の名詞です。

惨めなときに私たちが幸せだった頃を思い出すことほど大きな悲しみはない。

⇒ There is no greater sorrow than to recall in misery the time when we were happy.

イタリアの詩人、ダンテ・アリギエーリの名言です。

「sorrow」は、「悲哀、不幸」という意味の名詞です。

私たちの周囲には死がある。どこにだってある。毎秒1.8人が死んでいる。私たちは本当に注意を払わない。私たちが死ぬまでは。

⇒ There’s death all around us. Everywhere we look. 1.8 people kill themselves every second. We just don’t pay attention. Until we do.

アメリカの作家、シンシア・ハンドの名言です。

「pay attention」は、「気を配る、注意を払う」という意味です。

物事は移り変わり、友人は去っていく。人生は誰も待ってくれない。

⇒ Things change. And friends leave. Life doesn’t stop for anybody.

アメリカの小説家、スティーヴン・チョボスキーの名言です。

「anybody」は、否定と共に使われると「だれも~ない」という意味になります。

悲しみは海であり、無理矢理泳がされるときには時々溺れて死ぬということを、私たちは理解しなければならない。

⇒ We must understand that sadness is an ocean, and sometimes we drown, while other days we are forced to swim.

アメリカの作家、ロバート・M・ドライクの名言です。

「drown」は、「溺れる、溺死する」という意味の動詞です。

霧の深い夕方に1人で歩いていると、雨が私の心に降り注ぎ、心が崩れ落ちて廃墟になるようだ。

⇒ When it is misty, in the evenings, and I am out walking by myself, it seems to me that the rain is falling through my heart and causing it to crumble into ruins.

フランスの小説家、ギュスターヴ・フローベールの名言です。

「crumble into」で、「崩れ落ちて~になる」という意味となります。

見たくないものには目を閉じられるが、感じたくないものに心を閉じることはできない。

⇒ You can close your eyes to things you don’t want to see, but you can’t close your heart to things you don’t want to feel.

アメリカの俳優、ジョニー・デップの名言です。

「heart」は、「心、心臓、胸、気持ち」という意味の名詞です。

愛をお金で買うことはできないが、それに対して大金を支払うことはできる。

⇒ You can’t buy love, but you can pay heavily for it.

イギリスのコメディアン、ヘニー・ヤングマンの名言です。

「heavily」は、「重く、重苦しく、大量に」という意味の副詞です。

まとめ

以上、ネガティブな名言や格言を英語で紹介してきましたが、いかがでしたか?

このページが皆さんのお役に立てば幸いです。

また、以下のページも合わせてご覧ください。
>>英語のいい言葉・名言30選!短い単語や英文を厳選まとめ
>>ひとこと英語名言・格言150選!たった一言、3単語の名言だけ厳選