personal(パーソナル)とpersonnel(パーソネル)の意味の違い

このページでは、「personal」「personnel」という2つの単語の意味の違いと、適切な使い方を紹介していきます。

日本語では「パーソナル」と「パーソネル」という形で表記され、そこそこ使用頻度の高い言葉ですね。

これら2つの単語は、どちらも「person」という文字が含まれているので、「人」に関する単語だということは想像が付くかと思いますが、その意味の違いについてしっかりと理解できている人は少ないように思います。

「personal」と「personnel」という2つの単語の示す意味はそれぞれ異なりますので、しっかりと違いを押さえておきましょう。

なお、その他の間違えやすい単語については、以下のページをご覧ください。
>>「banish」と「vanish」の意味の違いとおすすめの覚え方
>>dad, daddy, mom, mum, mammy, mommy, mummyの違いと使い分け

「personal」と「personnel」の意味と使い方の違い

「personal」と「personnel」の英単語が持つ意味の違いを簡単にまとめると、以下の通りです。

「personal」 ⇒ 個人の、自分の
「personnel」 ⇒ 職員、隊員、人事

例えば、パソコンは「個人の」コンピューターですので、「personnal computer」と言いますね。

また、会社の「人事」部については「personnal department」と言ったりします。

それでは、それぞれの単語について詳しく見ていきましょう。


「personal」という単語の意味と使い方

「personal」とは、個人の、自分の、身体の、というような意味を持っており、「individual」に近い意味の単語です。

「personal data」のように、基本的には形容詞として使われる単語です。

「person」に接尾語の「al」が付いて、形容詞になったものですね。

接尾語について、詳しくは以下のページをご覧ください。
>>「接尾語」を覚えて楽に英単語を暗記しちゃおう!主な接尾語まとめ

ちなみに「personal」という単語を英英辞典で調べると、以下のような意味になっています。

“belonging or relating to one particular person, rather than to other people or to people in general”

“relating to the private areas of your life”

「他の人々や一般の人々というよりも、ある特定の人に属しているか関連していること」や「生活のプライベートな領域に関連していること」という意味ですね。

なお、「personal」は「pˈɚːs(ə)nəl」と発音します。

日本語での「パーソナル」と同じように読んでしまっても問題ありません。

しかし、下で紹介する「personnel」については、発音要注意ですので、違いを押さえておいてください。

参考までに、短い例文をご覧ください。

Don’t put personal belongings.
私物を置かないでください。

「personnel」という単語の意味と使い方

「personnel」という単語は、職員、隊員、人事というような意味があります。

人事という意味に関しては、「human resources」に近い単語ですね。

「personnel」は形容詞というよりも、基本的には名詞として使われることが多いです。

「personal」とは異なって「n」を2個重ねますので、スペルミスに注意してください。

英英辞典では以下のような意味になっています。

“the people who work in a company, organization, or military force”

“the department in a company that chooses people for jobs and deals with their complaints, problems etc”

つまり、「会社や組織、軍隊で働く人のこと」や「会社内で人を仕事に割り当てたり、社員の諸問題に対処する部署のこと」という意味です。

なお、「personnel」については発音は要注意です。

日本語の「パーソネル」のように読んでしまうとなかなか通じません。

「personnel」は「p`ɚːsənél」と発音し、アクセントは「ネ」の位置に来ますので、充分に気を付けてくださいね。

参考までに、簡単な例文を付けておきます。

All the personnel were fired.
全ての従業員は解雇された。

まとめ

以上、「personal」と「personnel」の意味の違い、使い方の注意点について紹介してきましたが、いかがでしたか?

なんとなく混同してしまいがちな2つの単語ですが、これらの意味の違いをしっかりと理解しておけば、いざという時にも役に立つかと思います。

是非、しっかりと覚えておいていただければ幸いです。

また、以下のページも合わせて見ていってくださいね。
>>cooperationとcorporationの違いって?スペル記憶法、発音方法を伝授
>>スペルが似ていて間違えやすい・紛らわしい英単語50組を一覧で紹介