USCPA試験に挑戦するためにはどれくらいの英語力が必要?

このページでは、USCPA試験に挑戦するにあたって英語力がどの程度必要となるのか、という点について解説しております。

USCPAに興味を持った上でこのページを読んでくださっているということは、ある程度の英語力をお持ちの方が多いと推察します。

しかし、実際どのくらい英語ができればUSCPA試験に太刀打ちできるのでしょうか。

以下のページも是非どうぞ!
>>英語力と年収の関係まとめ!自分の適正年収を知ろう!

USCPA試験にはどれくらいの英語力が必要?

結論から先に言いますと、おおむね以下の通りになるかと思います。

TOEIC 500点 ⇒ 合格は困難
TOEIC 600点 ⇒ 合格は少し難しい
TOEIC 700点 ⇒ 合格は可能だが時間が掛かるかも
TOEIC 800点 ⇒ 短期間で問題無く合格可能

いかがでしょうか。

案外、これくらいのスコアで合格できちゃいます。

ちなみに、TOEICスコアについては以下のページも合わせてご覧ください。
>>TOEICの年齢別・国別平均スコアは?公式試験データをまとめてみた

USCPA試験は会計学、監査論、税法、ビジネス知識という特定の領域に関する試験ですので、問題文に登場する英単語の種類もかなり限られてきます。

また、日常会話で出てくるようなややこしい慣用表現は使われず、文法的にも分かりやすい整った文章で出題されるので、ある程度の英語力があればサクサク読める問題文がほとんどです。

とは言うものの、試験時間に対して読みこなさなければならない文章量は多いので、アメリカ人受験生に比べると、非ネイティブの日本人はその点がディスアドバンテージとなります。

USCPA試験にはどのような英語力が求められる?

USCPA試験の問題を解答していく上で必要となる英語スキルは、リーディングスキルとライティングスキルの2つです。

概ね、リーディングスキルが9割、ライティングスキルが1割の比率と考えてください。

現行の試験制度では、リスニングスキルは必要となりません。


リーディングスキルについて

当然ではありますが、USCPA試験は全て英語で出題されます。

問題文も選択肢も与えられる図表も全て英語で、これらの膨大な英語を試験時間内に読み解く必要がありますので、リーディングの力が最も重要な要素となります。

特にAUDのような時間的な余裕が少ない科目の場合は、英文を読むスピードと正確性が大きく得点に影響してくることとなります。

ライティングスキルについて

わずかな比率ではありますが、USCPA試験ではライティングの技術も必要となってきます。

BECの科目だけではありますが、WC問題(Written Communication)という英作文形式の出題があるためです。

クライアントからの依頼の悩み事や質問に対して、会計士として専門的見地から返答を行うといった形式の設問が多く出題されます。

WC問題は4つの試験科目のうちBECの1科目しか出題されず、配点についてもBEC科目全体のうち15%にとどまりますので、リーディングの技術に比べるとライティングの技術の必要性は低くなります。

しかし、絶対にこれを甘く見てはいけません。

USCPA公式の受験結果データを見ると、このWC問題が日本人とアメリカ人との間で一番大きな差が付くセクションになってしまっています。

このWC問題に関しては、アメリカ人受験生の得点率は70%が平均です。USCPA試験は75点で合格ですから、まあこんなもんでしょう。

一方、日本人受験生の平均はどうでしょうか。

驚くべきことに、アメリカ人受験生に圧倒的な差をつけられており、日本人受験生の平均得点率は10%以下という無残な結果になっています。

つまり、日本人受験生はWC問題の15点の配点のうち1点前後しか取れていないという計算になります。

ほとんどの日本人受験生は、ライティングが満足に解答できていないために、およそ14点もの点数を失ってしまっているのです。

USCPA試験の合格ラインは75点ですので、これを逆に考えると、25点しか失点することができません。

そのうち、ほとんどの日本人受験生は14点をWC問題で落としてしまうので、合格するためにはWC問題以外で失点できるのは11点だけ、という計算になります。

WC問題以外の85点のうち11点しか落とせないわけですから、どう考えても非常に厳しい状況になってしまいますね。

そのため、配点は低いものの、ライティングの力を磨いておくことも、USCPA試験に合格するためには必須となってきます。

リスニングスキルについて

現行の試験制度では、USCPA試験にリスニング問題は出題されませんので、リスニングの技術は全く必要ありません。

しかし、将来的にはビデオや音声を使ったリスニングが必要となる出題形式の導入も検討されているようなので、いずれはリスニング技術も磨いていかなければならなくなるかもしれません。

リスニング問題の導入がいつになるのかは分かりませんが、本当にリスニング問題が導入されてしまった場合、日本人受験生の合格率が大きく下がってしまうことは容易に予想できます。

現在の試験形式が変更されてしまう前に、早めに試験勉強を進め、早期のうちに合格してしまうことを強くおすすめします。

一方でMBA取得に挑戦する場合は、リスニングスキルが非常に大きな比重を占めることとなります。

興味のある人は、こちらもご覧ください。
>>MBA?それともUSCPA?転職やキャリアアップに役立つのはどっち?

USCPA試験にはリーディングのスキルが最も重要

上で書いた通り、とにかくリーディングのスキルが、USCPA試験に合格するためには最も重要となります。

TOEICスコアが700点あれば問題無いと冒頭では記載しましたが、USCPA試験にリスニングスキルは必要ありません。

正確にはTOEICのリーディングスコアをだけを見て判断するべきです。

リーディングスコアが400点台の場合

リーディングセクションの点数が400点以上であれば、まず心配しなくても問題ありません。

真面目に勉強していれば、短期間で合格が可能です。

私自身、リーディングスコアが400点以上の時点でUSCPAの勉強を始めましたが、英語が分からなかったせいで失点してしまう問題は、そこまで多くありませんでした。

勉強期間も比較的短く、8ヶ月の学習で合格することができました。
英語が分からないと言うよりも、読解スピードを上げることの方が課題だと感じましたね。

リーディングスコアが300点台の場合

リーディングスコアが300点台というのが、USCPAの日本人受験生の中ではボリューム層になってくるかと思います。

300点台後半であれば、ちょっと苦労するかもしれませんが、特に支障無くUSCPA試験に合格することは可能です。

ただ、合格までに時間が掛かってしまう可能性がありますので、科目合格が失効してしまわないように注意してください。

300点台前半であれば、現時点の英語力では少し合格が厳しいかもしれません。

相当力を入れてUSCPA試験の勉強をするか、USCPAの勉強を始める前に英文法をしっかり補強しておかなければ、合格は難しいでしょう。

リーディングスコアが200点台の場合

リーディングスコアが200点台のスコア帯の場合は、USCPA試験の合格は不可能かと思います。

USCPA試験の受験勉強を始めたとしても、科目合格できないか、一部科目合格したとしても他の科目で足踏みしてしまい、科目合格が失効してしまう可能性が非常に高いです。

このまま受験しても受験料や時間が無駄になってしまいますので、まずは英語の勉強をすることをおすすめします。

そこまで過剰に心配しなくても大丈夫

以上、各スコア別に分けてUSCPA試験を受験した場合の感覚を紹介してきましたが、百聞は一見にしかずです。

USCPA試験の実施母体であるAICPAや、各専門学校のサイトで試験の例題が掲載されていますので、一度これらの問題に目を通してみてください。

もちろん、現時点で問題を解くことは難しいかと思いますが、問題文や選択肢の内容をなんとなく理解できれば大丈夫です。

もし、文書の意味がほとんど分からないのであれば、USCPA試験の勉強を開始せず、まずは地盤固めとして英語の勉強をすることを強くおすすめします。

少し脅すような書き方もしてしまいましたが、試験に登場する文章は、文法的にも正確で読みやすい文章ですので、そこまで難解なものではありません。

専門用語も多く登場しますが、専門用語が出てきたらその都度覚えてしまえば大丈夫です。

スラングでいっぱいの日常会話の方がまだ難しいくらいですので、英文法の基礎がしっかり出来ている人であれば、そこまで怯える必要はありません。

ちなみに、スラングとはこのようなフレーズです。
>>学校では習わない!英会話スラングを110フレーズまとめてみた

アメリカの公認会計士試験ということで、やはり日本人にとっては英語がネックになるのではないかと思いつつ、USCPA試験に挑戦してきましたが、想像していたものほど大きな障害ではありませんでした。

まとめ

以上、USCPA試験に挑戦するにあたって、必要となる英語スキルについて紹介してきました。

現時点の試験制度ではリーディングスキルが重要ではありますが、ライティングスキルも合否に大きな影響を与えます。

また、将来的にはリスニングスキルも必要となる可能性がありますので、試験制度が改正されないうちに早めに合格してしまいましょう。

以下のページも合わせてご覧ください。
>>USCPA挑戦のススメ!英語を学びつつ米国公認会計士資格も取得しよう
>>アメリカの公認会計士試験、USCPAの難易度ってどれくらいなの?